特集 PR

「伝えたいことがあるんだ」ねごとインタビュー

「伝えたいことがあるんだ」ねごとインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:菱沼勇夫
2013/02/04

「四人とも同じことを考えているんだな」って。(幸子)

―さっき手応えがなかったと言ってましたけど、傍から見てるとライブはいつも盛り上がってるし、会場もどんどん大きくなっていきましたよね。それでも手応えがなかった?

幸子:例えば、MCで「こういう想いでいるんです」って語るのが恥ずかしかったんです。それは「四人で同じことを思ってる」って言える自信がなかったからで、それがライブに出ていたんですね。

―今は自信を持って言えるようになった。

幸子:そうですね。最初の頃はMCで全然しゃべらなかったけど、今は佑が中心になって全員でしゃべります。それって伝えたいことがあるからだと思うんです。

―はじめの頃に取材したときは、四人とも全然しゃべらなかったですからね(笑)。ライブでいろんなバンドと対バンすることも多かったと思うんですけど、そういうところからの影響もありました?

:そうですね。『ex Negoto』のツアーの後にやった学園祭ライブで、迷いが始まったんです。お客さんが同世代ということもあったし、対バンも今までの蓄積があるバンドさんで、お客さんと一緒に楽しもうという姿勢を見て「私たちは、こんなに楽しんでるお客さんをさらに楽しませることができるのかな?」と不安になって。あと、チャットモンチーさんが二人体制になったときに、対バンする機会があって。その時、お二人の音楽に対しての想いがすごく伝わってきて「なんで二人なのに、こんなに強いんだろう? 私たち負けてるな、四人もいるのに」って衝撃を受けました。

藤咲佑
藤咲佑

幸子:ライブって、バンドが持つ精神力の強さというか、どれだけその人たちが強い気持ちで生きてきたかってことが出るじゃないですか? それがねごとはまだまだ浅いなってすごく感じたんです。私たちは人生経験では先輩方にもちろん勝てないですけど、音楽に向かう気持ちの強さは年齢と関係ないし、もっと強くならなくちゃいけないなって。

―実際に歌詞を見ても、「伝えたいことがあるんだ」という強い想いを感じるんですけど、歌詞に対する考えも変わりました?

幸子:クレジットを「ねごと」に統一したこともあって、今回は他のメンバーが歌詞を書いてる曲も入ってるんです。“潜在証明”と“メイドミー…”は小夜子が中心に書いてて。

左から:藤咲佑、蒼山幸子

―“潜在証明”の「△」っていう不思議な言葉遣いとか、小夜子さんらしいですよね。

幸子:“そして、夜明け”はメロディーを瑞紀が作って、歌詞を佑が書いてるし、“flower”は瑞紀が歌詞を書いてます。そういう方法の中で私も「今までのねごとの世界観ってどういうものだったかな?」って考えるきっかけになりました。他のメンバーが歌詞を書いてくれたときに、表現の仕方はそれぞれ違うけど、夜明けに向かっていたり、明日を見ていたりするような気持ちが共通していて、「四人とも同じこと考えているんだな」って。

―確かに、「もう一歩前へ」とか「先へ」とか「遠くへ」みたいな歌詞が多いですよね。前進していく決意みたいなものを感じました。

幸子:最初からそういう歌詞にしようと思っていたわけではないんですけど、やっぱり前に進みたいっていう気持ちをみんな持っていたんだと思いますね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

>ねごと『5』完全生産限定盤(CD)
>ねごと
『5』完全生産限定盤(CD)

2013年2月6日発売
価格:3,500円(税込)
KSCL-2197

1. greatwall
2. トレモロ
3. sharp ♯
4. nameless
5. たしかなうた
6. 街
7. 潜在証明
8. メイドミー…
9. Re:myend!
10. そして、夜明け
11. Lightdentity
12. flower
13. SEED with groove
14. nameless -instrumental-
15. greatwall -instrumental-
16. たしかなうた -instrumental-

ねごと『5』(CD)
ねごと
『5』(CD)

2013年2月6日発売
価格:3,059円(税込)
KSCL-2198

1. greatwall
2. トレモロ
3. sharp ♯
4. nameless
5. たしかなうた
6. 街
7. 潜在証明
8. メイドミー…
9. Re:myend!
10. そして、夜明け
11. Lightdentity
12. flower
13. SEED with groove

プロフィール

ねごと

蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(G)、藤咲佑(Ba)、澤村小夜子(Dr)による千葉県出身、全員平成生まれの4ピースバンド。さわやかでポップな要素と、オルタナティブなロックエッセンスを盛り込んだ、一見アンバランスなバランス感で新世代のガールズロックを奏でる。「閃光ライオット2008」審査員特別賞受賞。2010年、初音源となるミニアルバム『Hello!”Z”』をリリース。12年11月のシングル『nameless』から13年2月の2ndフルアルバム『5』まで、4か月連続リリースを展開。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」