特集 PR

束縛したらうまくいかない 中村恩恵&内橋和久インタビュー

束縛したらうまくいかない 中村恩恵&内橋和久インタビュー

インタビュー・テキスト
乗越たかお
撮影:田中慎一郎

自分の世界を表現し続けるアーティストにとって、コラボレーションとは自分の表現の領域を大きく広げる可能性を持つ一方、お互いの個性を打ち消し合ってしまう危険性も併せ持った、「諸刃の剣」といえる。この3月、青山円形劇場で行われる『ASLEEP TO THE WORLD』は、そういった意味で刺激的なコラボレーションが見られる注目の作品だといえるだろう。振付は世界的コンテンポラリーダンサー中村恩恵。ダンサーには舞踏からキャリアをスタートさせ、日本のダンスシーンを牽引している鈴木ユキオと、世界的に活躍しコンドルズでの活躍もめざましい平原慎太郎。さらになんといってもその音楽を、即興音楽家でギタリスト、劇団維新派の音楽監督、さらに日本唯一のダクソフォン演奏家としても知られ、UA、細野晴臣、くるりのプロデュースや客演なども務める内橋和久が担当する作品というのは、一体どういうものだろう? そんな疑問を胸に、稽古直後の中村とベルリンから帰国直後の内橋に、青山円形劇場の舞台上でインタビューする機会を得た。アーティストとして正直に表現することのやりがい、そんなアーティストが他者とコラボレーションするときの心構え。そこにはとてもシンプルで、誰にも通じるコミュニケーションのヒントがあった。

当時の維新派の音楽は段取りも決めず、役者が暗黒舞踏スタイルで踊っていて、こっちも好きに即興で演奏するという感じでした(笑)。(内橋)

―僕、内橋さんが長年音楽監督を担当されている劇団維新派の舞台を20年以上前に初めて観て衝撃を受けて以来、ずーっと毎年観ているんですよ。

内橋:素晴らしいですね(笑)。ありがとうございます。

―劇団員が自ら、何もない屋外に巨大な舞台と客席を作って、公演が終わったら全部解体して撤収するとか、台風の突風の中で役者もお客さんもびしょびしょに濡れながら演っていたり、言葉遊びのようなセリフまわしとか、こんな世界があるのか!? と、本当に驚きました。

内橋:僕は濡れたら感電死してしまうので、台風のときは雨の当たらないところで演奏していますけどね(笑)。維新派は、もう30年近くやっています。僕も20代の頃、一緒に即興演奏をやっていた山本公成さん(音楽家)に「今日、ライブあるから一緒に演ろう」って誘われて連れて行かれたのが初めで、行ったら屋外劇場のステージの上で「何これ!?」みたいな。まだ「日本維新派」と名乗っていた頃で、当時は完全に暗黒舞踏のスタイルでしたね。

内橋和久
内橋和久

―役者が舞台上でウンコとかしていた頃ですね。

中村:ええーっ!?(笑)

内橋:当時は無茶苦茶してたんですよ(笑)。

―いまはそんなことないので、誤解のないように(笑)。ただ、いま思えば、暗黒舞踏がアンダーグラウンドだった最後の時代でしょうね。内橋さんはミュージシャンでありながら、今回の中村恩恵さんのようなダンサーや劇団とのコラボレーションを数多くされていますが、そういったご活動のきっかけは、維新派が初めてだったんですか?

内橋:そうですね。当時の維新派の音楽は段取りも決めず、暗黒舞踏のスタイルで 踊っている役者に対して、こっちも好きに即興で演奏する、という感じでした(笑)。それまで舞台作品を観たこともなかったし、初めての劇場体験が維新派だったので、あれが僕の中で基本になってしまったんです(笑)。だからいまでも普通の基準がよくわからないんですけど、それがかえって良かったのかなと。

Page 1
次へ

イベント情報

『「ASLEEP TO THE WORLD」TOKYO DANCE TODAY #8』

2013年3月7日(木)〜3月10日(日)
会場:東京都 こどもの城 青山円形劇場
時間:3月7日、8日(19:30開演)、3月9日、10日(15:00開演)
※開場は開演の30分前を予定

振付:中村恩恵
共同振付・出演:鈴木ユキオ、平原慎太郎
音楽・演奏:内橋和久
ドラマトゥルク:廣田あつ子
衣裳:堂本教子
美術:長田佳代子
照明:三浦あさ子
音響:牛川紀政
舞台監督:原口佳子

料金:前売3,700円 当日4,200円(全席自由)
※3才未満は入場不可
※3月9日15:00開演の回にのみ3才以上高校生まで2,000円(前売のみ取扱い)

プロフィール

中村恩恵

振付家イリ・キリアン率いるNDTにて活躍。2000年オランダGolden Theater Prize受賞。01年彩の国さいたま芸術劇場主催キリアン振付『ブラックバード』に主演、ニムラ舞踊賞受賞。07年活動拠点を日本に移し「Dance Sanga」を設立。Noism07『Waltz』(舞踊批評家協会新人賞受賞)、ダンストリエンナーレトーキョー2009にて自作自演ソロ『ROSE WINDOW』、Kバレエにて『黒い花』などを上演する。11年Dance Sanga主催にて『Songs of Innocence and of Experience』を上演、好評を博す。11年文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、および江口隆哉賞受賞。

内橋和久

ロック、ジャズ、現代音楽、ポップミュージック、あらゆる音楽シーンを無尽に横断、即興演奏とコンポジションの融合を図るギタリスト、作・編曲家、プロデューサー、日本唯一のダクソフォン演奏家。舞台芸術では1980年代から維新派の音楽監督を務めるほか、アンサンブル・ゾネ、東野祥子、鈴木ユキオ、宮本亜門、河原雅彦、Lukas Hemlebらとの共同作業で知られる。また、共演歴も世界各国の即興演奏家はもとより、高橋悠治、UA、細野晴臣、くるり等、現代音楽家からポップミュージシャンまで幅広く、ヨーロッパと日本のみならず、アジア諸国での演奏活動など、活動は多岐にわたる。ベルリン在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)