特集 PR

規制も監視もぶっ飛ばす! ギターウルフインタビュー

規制も監視もぶっ飛ばす! ギターウルフインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:三野新

最近になってちょっと落ち着いては来たものの、ここ数年の日本ではひさびさにロックンロールが大きな盛り上がりを見せていた。これは2000年代の初頭に海外で起こったロックンロール・リバイバルの流入を契機としつつ、THE BAWDIESのROYや、毛皮のマリーズの志磨遼平(現ドレスコーズ)といった若きスターの登場が大きな要因としてあったと思う。しかし、その中に「ギターウルフに比肩しうる可能性を感じさせるぐらい、強烈なインパクトを与えた存在がいたか?」と聞かれれば、それは答えに窮してしまう。ロックンロールのかっこ良さを、アホさを、危うさを、ロマンを、こんなにも感じさせてくれるバンドというのは、やはりギターウルフ以外には思いつかない。しかも、それを結成から25年間、世界を股にかけてやり続けているのだから、若手がちょっとやそっとでたどり着ける領域にはいないのも当然である。通算11作目となる新作のタイトルは『野獣バイブレーター』。錆びることのないフレッシュな感性で規制も監視もぶっ飛ばす、極上の一枚だ。

いかれた変なやつはいつの時代でもいるんじゃないですか?(トオル)

―2012年は結成25周年、デビュー15周年というメモリアルイヤーでしたが、一つ区切りがついて、『野獣バイブレーター』が新たな一歩というような意識はありますか?

セイジ(Gt,Vo):いや、区切りっていう感じはないですね。25周年っていうのは周りに言われて気付いたことで、あっという間の1年でした。

トオル(Dr):区切りっていう感じはなかったけど、自分はこのアルバムが今までの1つの完成形みたいな感じはしてます。まだまだ途中ではあるんだけど、現時点での完成形というか。

セイジ:アルバム出る度に「完成形」って言うよね(笑)。

トオル:あれ、この前も言ってた? そうか、毎回思ってるのか。

―それだけ満足のいく作品が毎回作れてるということでしょうね。「昨年はあっという間」とのことでしたが、確かに海外ツアーやジョンスペ(THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION)とのひさびさの共演など、例年以上に濃密な1年だったかと思います。矢沢永吉さんのデビュー40周年記念ライブへの出演もありましたよね。

セイジ:永ちゃんとのライブは俺2回目で、1回目はトリビュートのときに“アイ・ラヴ・ユー,OK”を歌ったんですけど……。やっぱり矢沢はビッグだったね(笑)。

―矢沢さんは60歳を過ぎても第一線で活躍をされていますが、セイジさんも今年で50歳ですよね? 自分の年齢のことって考えますか?

セイジ:いやいや、まだ人生3分の1ですからね。

―3分の1!

セイジ:まだまだですね。年齢のことはあんまり考えないかな。中学生とか高校生がついこの間のような気がする。

―U.Gさんからすると、セイジさんやトオルさんはバンドメンバーであり、かっこいい大人でもありますか?

U.G(Ba):あんまり年とか気にしたことないですね。

セイジ:大人じゃないしね(笑)。高校卒業したのついこの間だから。

―(笑)。トオルさんも年齢のことはあまり考えないですか?

トオル:どうでしょうね……。でも今日ピストルズを聴いて来たんですけど、昔と同じように「かっこいいなあ」と思うんで、あんまり気持ちは変わってないんでしょうね、きっと。

―じゃあ、20代のU.Gさんのことはどう見てますか?

トオル:「肌がきれいだなあ」とか(笑)。

セイジ:でも、20代って老けてるというか、上に見られたい年齢だよね。俺もそんな感じで、21のときに30ぐらいに見られたかった。

トオル:(セイジと)初めて会ったときは20代だったけど、「怪しいおっさんだなあ」って思いましたからね(笑)。今の方が若いくらいですよ、ホントに。

左から:U.G(ベースウルフ)、トオル(ドラムウルフ)、セイジ(ギターウルフ)
左から:U.G(ベースウルフ)、トオル(ドラムウルフ)、セイジ(ギターウルフ)

―今の若いバンドマンのことはどんな風に見ていますか?

セイジ:ライバルかな。別にどうしろとかは思わない。好き嫌いはあるけど、その音楽に注文つける気はない。

―ここ数年って若いロックンロールバンドがたくさん出てきましたよね。THE BAWDIES、毛皮のマリーズ……。志磨くんは今ドレスコーズですけど、もっと若いとOKAMOTO’Sとか、黒猫チェルシーとか。

セイジ:でも、もっといっぱい出てくるといいのにって思う。「強烈なバンド」っていう意味では、ちょっと物足りないかな。まあ、ロック人口が少なくなってるんじゃない? だから、強烈なバンドが出にくいというか……。でもね、ライブハウスとかには結構いる。強烈すぎる人って、あんまり有名にはならないけど。

トオル:いかれた変なやつはいつの時代でもいるんじゃないですか? エルヴィス(・プレスリー)、ジョン・レノン、シド・ヴィシャス、ジミヘンとかはロックを選んだけど、違うところにもきっといると思うんです。自分らが知らないだけで、いかれた感受性を持ってる人間が少ないわけではないと思うんですよね。

セイジ:ヒップホップとかね。

トオル:うん、そっちの方をやってたりとか。

セイジ:でも、大阪の下山ってバンドはYouTubeで見てすごかったけどね。あれは素晴らしい。その前に、女王蜂もYouTubeで見せてもらって、「すげえ、遂に出てきた!」って思ったし。実際のライブはまだ見たことがないんで、機会があれば見たいですね。

Page 1
次へ

リリース情報

ギターウルフ『野獣バイブレーター』初回限定盤(CD+DVD)
ギターウルフ
『野獣バイブレーター』初回限定盤(CD+DVD)

2013年3月6日発売
価格:3,000円(税込)
KSCL2203-4

1. 野獣バイブレーター
2. メソポタミアロンリー
3. ガソリン子守歌
4. 幽霊ユー
5. ロボットマリア
6. バッティングセンター
7. サファイヤCITY
8. マグマ信長
9. ゲロナイト
10. 地球VSエイリアン
11. 女マシンガン
[DVD収録内容]
・LIVE BOOTLEG ARCHIVE
・野獣バイブレーター
・オールナイトでぶっ飛ばせ!!!
・ケンカロック
・ガソリン子守歌
・ワイルドゼロ
・火星ツイスト
・ジェット サティスファクション(MUSIC CLIP)
・フーチークーチースペースマン(MUSIC CLIP)

ギターウルフ『野獣バイブレーター』通常盤(CD)
ギターウルフ
『野獣バイブレーター』通常盤(CD)

2013年3月6日発売
価格:2,700円(税込)
KSCL2205

1. 野獣バイブレーター
2. メソポタミアロンリー
3. ガソリン子守歌
4. 幽霊ユー
5. ロボットマリア
6. バッティングセンター
7. サファイヤCITY
8. マグマ信長
9. ゲロナイト
10. 地球VSエイリアン
11. 女マシンガン

イベント情報

『ギターウルフ ツアーマグマ2013』

2013年3月8日(金)
会場:島根県 松江AZTiC canova

2013年3月9日(土)
会場:岡山県 岡山DESPERADO

2013年3月10日(日)
会場:愛媛県 松山星空JETT

2013年3月12日(火)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2013年3月14日(木)
会場:鹿児島県 鹿児島SR HALL

2013年3月15日(金)
会場:熊本県 熊本 Django

2013年3月16日(土)
会場:福岡県 福岡 BEAT STATION

2013年3月19日(火)
会場:福島県 郡山 PEAK ACTION

2013年3月20日(水)
会場:新潟県 新潟 WOODY

2013年3月23日(土)
会場:大阪府 難波 ROCKETS

2013年3月29日(金)
会場:長野県 長野 LIVE HOUSE J

2013年3月30日(土)
会場:山梨県 甲府 KAZOO HALL

2013年4月6日(土)
会場:宮城県 仙台 PARK SQUARE

2013年4月11日(木)
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO

2013年4月14日(日)
会場:北海道 札幌 BESSIE HALL

2013年4月18日(木)
会場:東京都 代官山UNIT

プロフィール

ギターウルフ

1987年に東京原宿にてギターウルフ結成。1991年ドラマーがトオルにチェンジし、現在のメンバーになる。革ジャン、革パン、サングラスを常に着用する日本が世界に誇るジェットロックンロールバンド。2005年3月にベースウルフことビリーが急逝。新メンバーにU.G(ユージ)を迎え入れ、更にロックへのアティチュードを尖らせて、ライブを中心に活動再開。全宇宙の民必見のカオスなライブは、更に加速度を増し向かうところ敵なし。ツアーは世界規模で北はスウェーデン、南はアルゼンチンまでまわる。昨年で結成25周年、デビュー15周年を迎えた。今年3月6日に2年4か月振りのニューアルバム『野獣バイブレーター』をリリース。3月8日からは全国ツアーも予定されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信