特集 PR

玄人の評価よりも大切なこと Rails-Tereoインタビュー

玄人の評価よりも大切なこと Rails-Tereoインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:田中慎一郎
2013/03/27

ピアノの上で踊るメロディーとポジティブな言葉、人柄が滲み出た優しい歌声。高度な音楽性が脚光を浴びる近年のピアノソロシーンにおいて、あえて「難しいことはやらない」と言ってのけるのが、モリカワヒロシによるソロユニット「Rails-Tereo」(レイルステレオ)だ。前作『Pop Sings Pop Things』では全9曲中5曲にCMタイアップがつくなど、誰の耳にも心地よく響くメロディーと歌声が高い評価を受ける中、満を持してセカンドアルバム『Piano Pop Life』をリリースする。仕事と音楽を両立しながらも、常に希望を持って音楽を作り続けてきたモリカワに、自身の音楽性や、ポジティブの源までを語ってもらった。

高校時代は家に帰ったら1曲作るのが日課でしたね。

―モリカワさん、背高いですよねぇ。何cmあるんですか?

モリカワ:187cmあります。

―握手したときにビックリしましたけど、手も大きいですよね。ピアノ弾きやすそうだなと思いました(笑)。昔は野球少年だったらしいですけど、ピアノは何才から始めたんですか?

モリカワ:姉がやっていた影響もあって、3才からやってました。それと、母が琴の先生をやってるんです。だから、琴とか三味線とかは毎日家に流れていて。

―ちゃんと音楽をやろうと思ったのはどんな流れで?

モリカワ:中学1年のときに布袋(寅泰)さんの音楽を聴いて、「コレや!」と思って。そこから自分で曲を作り始めたんです。

―そうなんですか!? 布袋さんはRails-Tereoほどポップスなイメージはないですけど……。

モリカワ:中学までは野球も一生懸命やりながらだったんですけど、高校に入ってからは音楽のほうが楽しくなってきて。高校時代は家に帰ったら1曲作るのが日課でしたね。いまは恥ずかしくて聴けないような駄作ばっかりですけど(笑)。そのあと音大に入学して、作曲の勉強をして。


―バンドとかはやってなかったんですか?

モリカワ:中2で始めました。とにかく布袋さんみたいなことをしたくて。だからギタリストになりたかったんですけど、バンドのメンバーを集めたら、みんなギタリストになりたい人たちで(笑)。ドラムが1人だけいて、あとはギタリスト3人。そのうちの1人がポンとうまくなっちゃったので、その次にうまい子がベースをやることになって、残った僕は「お前歌ったら?」って言われてボーカルになったんです……(笑)。

Rails-Tereo
Rails-Tereo

―ボーカルが残るって珍しいですね(笑)。いまRails-Tereoでやっている曲を聴くと、布袋さんというよりもジャズっぽい要素が強いですよね。

モリカワ:もともと洋楽も大好きで、初めて買ったCDはPrinceとかスティービー・ワンダーとか。大学のときはジャズファンクのバンドをやったりもしましたし。ジャズはウィントン・ケリーとか、ホレス・シルバーとか、ちょっとファンキーなピアニストが好きでしたね。

―その中で一番影響を受けたのは誰なんでしょう?

モリカワ:やっぱり布袋さんですね。わかりやすさというか、鼻歌で歌えるキャッチーな要素にはすごく影響を受けてるんです。布袋さんのギターソロって歌えるじゃないですか? どちらかというと速弾きよりもメロディアスなソロが多かったりして。

―洋楽好きの布袋さんファンが音大で勉強すると……。

モリカワ:こういう感じになるんですかね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

Rails-Tereo 『Piano Pop Life』
Rails-Tereo
『Piano Pop Life』

2013年4月3日からiTunes Storeで先行配信
価格:1,200円(税込)

1. 走り出す
2. Walkin'
3. 冷たい雨
4. Dancin' in the darkness
5. Say Hello Say Goodbye
6. Precious
7. Listen to myself 〜心の扉〜
8. Singin' about you
9. 春色模様
10. 走り出す -GIRA MUNDO MIX-

Rails-Tereo『Piano Pop Life』(CD)
Rails-Tereo
『Piano Pop Life』(CD)

2013年4月24日発売
価格:2,000円(税込)
SSCX-10491

1. 走り出す
2. Walkin'
3. 冷たい雨
4. Dancin' in the darkness
5. Say Hello Say Goodbye
6. Precious
7. Listen to myself 〜心の扉〜
8. Singin' about you
9. 春色模様
10. 走り出す -GIRA MUNDO MIX-

イベント情報

CINRA presents
『exPoP!!!!! volume71』

2013年5月30日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
Rails-Tereo
henrytennis
and more
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

Rails-Tereo

大阪在住のシンガーソングライターモリカワヒロシ(Vo.&Key.)によるソロユニット。「Z会」「イオンバイク」など、5曲ものTVCM曲が誕生した前作『Pop Sings Pop Things』から約1年、ピアノの音色の素晴らしさを再確認できる極上のピアノポップスがぎっしり詰まった2ndフルアルバム『Piano Pop Life』をリリース。リードトラック“走り出す”が関西テレビ“ハピくるっ!”エンディングに決定するなど、類稀なメロディーセンスが注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場