特集 PR

椎名桔平が若者に告ぐ 「3年で諦めるのはまだ早い」

椎名桔平が若者に告ぐ 「3年で諦めるのはまだ早い」

インタビュー・テキスト
CINRA編集部
撮影:田中由起子
2013/04/04

当時はあまり人と会いたくなかった。

―椎名さんにとって、ターニングポイントとなった出演作品は何だったのでしょうか?

椎名:石井隆監督の映画『ヌードの夜』(1993)が俳優としての起点になっていて、その後に『金融腐蝕列島 呪縛』、最近では北野武監督の『アウトレイジ』。この3つの作品が、その後の俳優人生を見つめる機会になっています。特に『ヌードの夜』は無名に近い存在だった僕が、映画関係者に認識してもらえるようになった作品で、竹中直人さん、余貴美子さん、根津甚八さんともがっぷり組んでやらせてもらえました。初めての大きなチャンスだったので、「これで上手くいかなければ、この先の俳優人生は期待できないぞ」というような、伸るか反るか? の気持ちでしたね。

―『ヌードの夜』は28歳の頃に巡ってきたチャンスですが、30代に近付けば近付くほど、夢をとるか現実をとるかの分岐点に差し掛かりませんでしたか?

椎名:そうですね。やはり20代後半のときは焦りがありました。就職している友人たちは仕事にも慣れて、部下もできている頃じゃないですか? そんな姿を見てしまうと、自分は一体何をしているんだろう? と考えてしまうこともありました。だから当時はあまり人と会いたくなかったですね。

―そういった状況の中でも「役者になる」という夢を諦めなかったのは、どこかに自信のようなものがあったからでしょうか?

椎名:役者というのは不思議なもので、才能の有無の判断が難しい職業だと思うんです。顔が整っていなくても素晴らしい俳優になる人もいるし、声が悪くてもそれが個性として活きる人もいる。一概には良し悪しの判断基準が明確なわけでもない。

―確かにそうですね。

椎名桔平

椎名:それに若手時代に芝居の仕事をいただいたとしても、短時間の出演で終わってしまう場合が多く、演じる時間が少ない。役柄を掘り下げたり、キャラクターを演じ分けたりすることが物理的に難しいんですよね。役柄をきちんと演じさせてもらって初めて、自分自身が役者に向いているのか否かを理解することができると思っていたんです。だから、いつかそんな機会を与えてくれる人が現われるのだろうと信じながら、今年がダメなら来年、それでもダメなら再来年と考えながら過ごしていました。でも月日はどんどん流れていき……(笑)。そんな中で、自分自身に10年という期限を与えることにしたんです。

―10年という期限にはどんなルールを設けていたのでしょう?

椎名:21歳から俳優を始めたので、とりあえず31歳までは余計なことを考えず、必要以上に焦らず、人と自分を比べず、生活に必要なお金が稼げないとかも考えないことに決めたんです。

―とにかく、10年間を一所懸命に頑張ろうという心境だったんですね。

椎名:28歳で『ヌードの夜』が公開されてから、ちょこちょこと役者の仕事が来るようになって、29歳でアルバイトを辞めました。ちょうど10年目となる31歳のときに、トレンディードラマの名残が残っていた頃の月9ドラマ『いつかまた逢える』に出演することができたんです。ラッキーだと思ったし、なにより間に合ったという気持ちが強かったですね(笑)。

―ちなみに、下積み時代はどんなアルバイトしていたのでしょうか?

椎名:当時は人と会いたくないという気持ちが強かったので、トラック運転手のアルバイトが多かったですね。それに、客商売のアルバイトをしない方がいいという考えを持っていました。

―それはなぜでしょう?

椎名:客商売はお客さんが第一で、自分の感情よりもお客さんに合わせてサービスを提供するもの。もちろん俳優の仕事も最終的にはお客さんに見てもらうのですが、客商売では自分の考えや感情を他人に合わせないといけないですよね。それは役者を目指す上で、良い作用を与えるとは思えなかったんです。

Page 2
前へ 次へ

作品情報

『RETURN』

監督・脚本:原田眞人
主題歌:m-flo“CHANCE”
出演:
椎名桔平
水川あさみ
山本裕典
キムラ緑子
山路和弘
田中泯
高島政宏
土屋アンナ

製品情報

『UULA』

60,000コンテンツ以上の映画・音楽が全て見放題の総合エンタメアプリ、iTunes App Store、Google Playで販売中
価格:無料
※コンテンツ視聴には定額料金490円が別途必要
まずはオフィシャルウェブサイト、またはソフトバンク店頭で会員登録

プロフィール

椎名桔平

1964年7月14日、三重県出身。石井隆監督による1993年の映画『ヌードの夜』で注目を集め、『夜がまた来る』『GONIN』『黒の天使 Vol.1』など石井監督作品に続けて出演。原田眞人監督の映画『金融腐食列島 呪縛』では、日本映画アカデミー賞助演男優賞など、数多くの賞を受賞し、実力派俳優としての地位を確立する。テレビドラマ「Age35、恋しくて」「スウィートシーズン」「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜」「警官の血」「銭ゲバ」などに出演、舞台俳優としても活躍中。フジテレビ系ドラマ「謎解きはディナーのあとで」ではコミカルな演技で新境地を開拓し、2013年8月3日には劇場版が公開される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」