特集 PR

表現する者・布袋寅泰と、演出する者・四尾龍郎

表現する者・布袋寅泰と、演出する者・四尾龍郎

インタビュー・テキスト
金子厚武

スペースシャワーTVのプレミアムライブ特番『LIVE with YOU』。「あなたの側で、生きてる音楽」をコンセプトに、日本のトップアーティストが毎回さまざまな趣向を凝らしたステージを披露するこの番組の第4回に、日本を代表するギタリスト・布袋寅泰が登場する。昨年から活動の拠点をロンドンに移し、ますますワールドワイドな活躍を続ける布袋と、新進気鋭の映像クリエイターたちとの一夜限りのコラボレーションにより、見たこともないような驚きの空間で、白熱のライブが展開された。

そして、今回の映像演出を担当し、SHIBUYA-AXのステージに巨大な箱型のスクリーンを登場させた仕掛け人が、「RGBcreation」のプロデューサー・四尾龍郎。パーティーのデコレーションから、巨大フェスの作成、さらには都市計画までを幅広く手がける四尾は、常に「誰とやるか」「どこでやるか」といった要素を「引きで見る」ことによって、その条件下でのポテンシャルを最大限に引き出すことに長けた人物である。

表現する者・布袋寅泰と、演出する者・四尾龍郎の邂逅から生まれた素晴らしい一夜は、アーティスト、クリエイター、番組制作、オーディエンスをつなぎ、新たな価値を創造するための「場を作る」という『LIVE with YOU』の本質を、見事に具現化していたとも言えるだろう。名前のつけられない自らのクリエイティブと、今回の挑戦について語ってもらった四尾のインタビューに加え、ライブ後に行った布袋のメールインタビューも合わせてお届けする。

金沢から東京までハイエース1台で行くので、物理的に車に入るサイズにしなきゃならなかった。

―パーティーやフェスなどの空間演出の仕事はいつ頃から始められたのですか?

四尾:僕は出身が石川県の金沢市で、大学のときに建築を学びながら、東京にきてパーティーのデコレーションをずっとやってました。

―じゃあ、大学を卒業してすぐに今のような仕事に就いたんですか?

四尾:いや、大学を卒業してからは、照明メーカーで働いてたんです。というのも、空間演出のために大量のLEDが欲しかったんですけど、ある程度の数を揃えるためには結構なお金も必要だったので、「じゃあ、社割で買える会社で働こう」と思って(笑)。そういうわけで、1年間だけ照明メーカーで働いてました。

―最初からLED目当てで会社に入ったわけですね(笑)。そもそもどうして、建築や空間演出に興味を持ったんですか?

四尾:もともと大きいものが好きだったんです。「大きい」って、それだけでヤバいと感じます。だからそもそもは、そういう「ヤバいもの」を作ることに面白味を感じていました。それも、時間もお金もかけずに作るのがすごい面白かったんです。

―AXのステージにも一夜限りのライブのために、ヤバいものができてましたもんね(笑)。

『SPACE SHOWER TV「LIVE with YOU」 〜布袋寅泰〜』より

四尾:そうですね。大学時代は金沢から東京までハイエース1台で行くので、大きなものを作るのに、物理的に車に入るサイズにしなきゃならないっていう。もちろん材料費とかもそんなにもらえないし、時間もないことが多いから、コストを抑えつつ、なるべく大きいものを作るっていうのを、昔からずっとやってますね(笑)。だから、組み立て式のセットを組むことも多かったりします。

―そもそもLEDを使った演出を手がけるようになったのはいつからだったんですか?

四尾:両国国技館で『Connect』っていうイベントがあって、土俵の周りに提灯を大量にぶら下げて、その中にLEDライトを入れて、制御して、文字を出したりしたのがきっかけですね。


『Connect』の現場映像

四尾:そこから、LEDを使った演出をいろいろ手がけていくんですけど、そうするとまず照明さんとぶつかるんです。「お前のLEDが眩しくて俺の照明が死んじゃうよ」っていう。だから、「一緒にいい空間作ろう」って協力することが大事になるんです。そうやって照明さんとの問題が解決したら、次は映像さん、ステージ施工さん、会場全体の制作さん、運営さんっていう風に、どんどん全体に関わってくるようになっていったんです。だから、きっかけはLEDだったんですけど、引きで引きで見て行くうちに、今では会場全体を見るっていう仕事になりつつありますね。

―最初は「自分がこれをやりたい」っていうのがきっかけだったけど、それをよりよいものにするためには、引きで見る作業が必要だったと。

四尾:アート作品とかは1人の世界観が大事かもしれないけど、僕がやってることは1人ではできないし、大きいものを作るためにはなおさらそうなんですよね。

―そうやって人を味方にするだけではなく、四尾さんは「サイトスペシフィック(=特定の場所や時間を対象にした作品制作)」という言葉、つまり「場所」も大切にしていますよね。

四尾:やっぱりその場所にはその場所にふさわしいものがあると思うんです。例えば、絵の展示方法って、美術館によって変わると思うんですけど、「こういう形の美術館だから、ここに絵が来ていて、じゃあ次の絵はどこに来る」って決まってくると思うんです。場所に合わせないと、ただ置いただけになっちゃう。だから、「こういう会場で、こういう人たちが来て、こういうアーティストさんがやる」っていう情報が多ければ多いほど、全体を見れば見るほど、精度が上がってくると思います。

Page 1
次へ
『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”〜布袋寅泰〜』

2013年6月1日(土)21:00〜22:00にスペースシャワーTVで放送
※リピート放送6月10日(月)23:00〜、6月16日(日)20:00〜、6月20日(木)20:00〜、7月予定

「あなたの側で、生きてる音楽。」をコンセプトに、スペースシャワーTVがトップミュージシャンと送るプレミアムライブ番組『SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU"』。第四弾出演アーティストとして登場するのは、昨年ロンドンへ移住し、世界へ向けて更なる活動の場を広げるギタリスト、布袋寅泰! 今回は、ニューアルバムツアーで帰国中の彼に、スペースシャワーTVがプッシュする新進気鋭の映像クリエイター集団が挑む、一夜限りの音楽と映像のバトル! 世界照準のギタリストと映像クリエイター、そしてファンの熱気が産んだ、超刺激的な60分のライブ特番をお見逃しなく!

プロフィール

布袋寅泰

日本を代表するギタリスト。伝説的ロックバンドBOØWY解散後、アルバム『GUITARHYTHM』でソロデビューを果たす。その後、吉川晃司とCOMPLEX結成・活動休止を経て、本格的にソロ活動を再開。「POISON」「スリル」「バンビーナ」など数多くのヒット曲を世に放ち、ロック・ギタリスト&シンガーとして独自のスタイルを確立。プロデューサー、作詞・作曲家としてもミリオンヒットを記録。50歳を迎えた現在も常にロックシーンのフロンティアとして走り続けている。

四尾龍郎

サイト・スペシフィックな美術作品という考え方で空間をデザインする空間演出チーム「RGBcreation」のプロデューサー。独自の観点で新しい価値観の提案を表現し、様々なイベントや野外フェスティバルの演出、プランニングを展開する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年