特集 PR

シシド・カフカと新宿ゴールデン街を歩く

シシド・カフカと新宿ゴールデン街を歩く

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:田中一人

配信デビューシングル『デイドリームライダー』のリリースからおよそ1年にして、いよいよシシド・カフカが全国的なブレイクのきざしを見せ始めている。ドラムボーカルによるライブパフォーマンスへの反響が大きくなっているのはもちろん、「プリプリプップ♪」というフレーズが思わず頭から離れなくなるテレビCMを目にして、初めて彼女の存在が気にかかったという方もきっと多いのではないか。さらにはテレビ番組『新堂本兄弟』へのレギュラー出演が決まり、ラジオ番組や雑誌などの連載も抱えるなど、もはや彼女の存在はいわゆる音楽ファンだけに留まらない範囲で浸透しつつある。

そして、そんな勢いに拍車をかけるようなニューシングル『キケンなふたり』が届いた。連続ドラマ『ダブルス〜二人の刑事』のオープニングテーマに起用されている表題曲を筆頭に、ミディアムテンポでじっくりと歌い上げるナンバー“月の輝きかた”など、これまでは見せなかった側面が楽しめる4曲入りで、タイアップが付いたことの影響もあったのか、彼女による歌詞からも、より明確なテーマ性が感じられる。そこで今回はドラマの舞台でもある新宿にシシド・カフカをお招きし、ゴールデン街のとある店先で話してみることにした。ゴールデン街の街並みにシシドが見事に溶け込んだ美しい写真と共に楽しんでいただけたら幸いだ。

飲みに行く時間があまりないのもあって、寝る前に1杯だけ飲むようになっちゃったんですよね(笑)。

―今までにゴールデン街で飲んだことってありますか?

シシド:ありますよ。以前、よくこのあたりに連れてってくれる方がいたので、それこそ明るくなるまで飲むこともありました(笑)。

―シシドさんってすごくお酒が強そうなイメージあります(笑)。

シシド:弱いと言っても信じてくれる人はなかなかいませんね(笑)。でも私が飲むのって梅酒とかワインとかだし、まだかわいいもんですよ!

シシド・カフカ
シシド・カフカ

―でも、最近はテレビの出演も増えてきているし、飲む場所も選ぶようになってきたんじゃないですか? ただでさえシシドさんは街にいたら目立つでしょうし。

シシド:どうなのかなぁ……。ありがたいことに最近は忙しくて飲みに行く時間があまりないのもあって、寝る前に家で1杯だけ飲むようになっちゃったんですよね(笑)。

―本当にタイトなスケジュールで動いているみたいですね。それこそ今回のシングルは表題曲“キケンなふたり”が新宿を舞台にしたドラマの主題歌で、まさにドラマの内容に合わせた歌になっているようですが。

シシド:今回はあらすじをいただいてから楽曲制作にとりかかりました。歌詞はもちろん、音もそこから作り始めて。

シシド・カフカ

―具体的に先方からはどんな依頼があったのですか?

シシド:まず、疾走感のある楽曲であること。あとは主人公である二人の刑事の姿をイメージできるものにしてほしい、ということでした。でも、最終的には最初にいただいた設定から少し変わったんです。主人公が二人とも自分なりの正義に忠実なところは変わっていないのですが、初めはそれぞれの正義が対立するものだったのでもう少し仲が悪い感じだったというか。それが、最終的には同じ信念のもとにそれぞれの方法で突っ走っていく設定になったので、そこは考慮しましたね。

―なにかしらの題材があって、そこに合わせて歌詞を書くという試みは今回の制作が初めてですか?

シシド:今回ほど明確なあらすじをいただいたのは初めてですし、そもそもテーマを設けた上で作詞に臨んだこともなかったですね。今までは、もっとぼやっとしたところから1本の道筋を通していって、徐々に肉付けするような感じだったんですけど、今回は描く対象がはっきりしていたから、その対象のまわりをぐるぐる回るようにして考えていったんです。楽曲も“キケンなふたり”に決まるまで6曲くらいの候補があったんですけど、すべての曲にさまざまな視点の歌詞を乗せていて。

―ちなみにこうして発表されたもの以外では、どんな視点から歌詞を書いたんですか?

シシド:私が男性側の視点に立って相方を見たものもあったし、まっすぐ過ぎる男性の帰りを待つ女性の視点から書いてみたのもあったし……。最終的にはその男二人のケツを叩くような感じに落ち着きました(笑)。

―発注を受けて作詞する作業を実際にやってみて、どんな手ごたえを感じましたか?

シシド:すごく面白かったです。今回は自分の中から何かを切り取る作業から始めたわけではないので、とりかかりやすかったかもしれないですね。「この楽曲に対してどういう思いを抱いて、どう言葉を乗せるか?」という書き方よりも、最初からクリアな気持ちで臨んでいたかもしれない。デッドラインが近かったからというのもありますけど、歌詞はものすごい勢いで書きました。

―じゃあ、いつものように自分の内面を切り取っていくような作業よりは、比較的楽な気持ちで臨めたんですね。

シシド:でも、次に同じことをやってそうなるかはわからない(笑)。ビギナーズラックじゃないといいんですけど。

シシド・カフカ

―一方で表題曲に続いて収録されている2曲“月の輝きかた”“ワンダーガール”は、それぞれ内容は違うけれど、女性同士の関係性を描いたものになっていますね。しかもちょっとエグみのある愛憎劇というか。

シシド:確かにそんな感じですね(笑)。

―つまり、今回のシングルは同性同士の関係性を描いた楽曲で貫かれていると感じたのですが。

シシド:そこは特に意識してなかったかな。“月の輝きかた”に関しては、楽曲を作曲した平出さんから「ドロドロでよろしく!」と言われて、メモ書きの中からヒントを探したんです。そしたら「太陽がいるから輝ける月の恋」というメモを見つけたので、そのイメージに当てはめて書きました。メモを書いてる場所も、手帳からケータイ、歌詞ノートまでバラバラなんですけど、言葉の断片でも文章でも、とにかく思いついたものをその場ですぐに残すようにしてるんです。

Page 1
次へ

リリース情報

シシド・カフカ
『キケンなふたり』(CD+DVD)
シシド・カフカ 『キケンなふたり』(CD+DVD)

2013年5月22日発売
価格:1,500円(税込)

1. キケンなふたり
2. 月の輝きかた
3. ワンダーガール
4. Hnger×Anger
[DVD収録内容]
・“キケンなふたり”MV

シシド・カフカ<br>
『キケンなふたり』(CD)
シシド・カフカ
『キケンなふたり』(CD)

2013年5月22日発売
価格:1,200円(税込)

1. キケンなふたり
2. 月の輝きかた
3. ワンダーガール
4. Hnger×Anger
5. キケンなふたり〜ROUDOKU〜(ボーナストラック)

プロフィール

シシド・カフカ

ドラムボーカル。6月23日生まれ、175cm。メキシコで生まれ、アルゼンチンで中学時代を過ごし、14歳のときにドラムを叩き始め、18歳でプロミュージシャンに。数々のバンドでドラマーとして活動後、ドラムボーカルとしての才能を開花させ、2012年5月16日「デイドリームライダー」で配信デビュー。以降、様々なメディアで取り上げられ大きな話題を呼び、2012年9月19日『愛する覚悟』でCDデビュー。2013年2月20日にシングル『music』を発売。江崎グリコ「PRETZ」のCMでも話題に。4月からはフジテレビ系『新堂本兄弟」にドラマーとしてレギュラー出演。2013年5月22日テレビ朝日系 木曜ドラマ『ダブルス〜二人の刑事」のオープニング曲『キケンなふたり』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年