特集 PR

老若男女を巻き込むダンスカンパニー コンドルズインタビュー

老若男女を巻き込むダンスカンパニー コンドルズインタビュー

インタビュー・テキスト
前田愛実
撮影:西田香織
2013/06/10

日本のコンテンポラリーダンス界の中で圧倒的な人気を誇るダンスカンパニー・コンドルズ。驚くべきは20〜30代の若者をはじめ、上は年配の方から、下は小学生以下の子どもまでというファン層の幅広さ。小難しいというイメージが付きがちなコンテンポラリーダンス界の中で、現在コンドルズが手にしている立ち位置は、本当に奇跡的だと言える。

そんなコンドルズが毎年夏、東京都豊島区が運営する劇場「あうるすぽっと」と共に池袋西口公園で数千人規模の『にゅ〜盆踊り』大会を催している。2008年にあうるすぽっと劇場内で始まった『にゅ〜盆踊り』は2009年から池袋西口公園に会場を移し、参加者は年々増加。2012年にはなんと3,800人以上を動員したという。

もはや、コンテンポラリーダンスという狭い枠組みには入りきらないコンドルズの活動。今回は主宰の近藤良平に加え、メンバーの中では新世代となる平原慎太郎を迎え、カンパニーや『にゅ〜盆踊り』の魅力について、あらためて振り返ってもらった。

コンドルズは、かっこ良すぎることをあえてやらないのが、魅力ですよね。かっこいいものを目指すほうが安心できると思うんですけど。(平原)

―今日は最初に、比較的新しいメンバーである平原さんの視点から、コンドルズについてのお話をお伺いしたいと思うのですが、そもそも平原さんはプロのダンサーとしてNoismで活動されていたり、その後はソロで、振付家としても精力的に作品を発表されていますよね。現在も6月の新作ソロ公演『NOCON ボレリッシュ』を準備中だとか。それが、どういうきっかけでコンドルズに加入されることになったんですか?

平原:2010年に新国立劇場で上演した近藤さん振付の『トリプルビル』でデュオ作品に出演させていただいたんですけど、その打ち上げにコンドルズのメンバーも来ていて……。勝山さん、山本さん、石渕さん、藤田さんたち皆に、1回一緒にやらないかって言われたんですよ。

―それって完全に詰め寄られた感じじゃないですか?

平原:そう、怖いお兄さんたちに囲まれた感じで(笑)。

近藤:怖いお兄さんたちはそんなつもりはなかったと思いますけどね(笑)。

平原:それまで、近藤さんのソロ作品は色々観ていたんですが、Noismで長く新潟にいたので、コンドルズの本舞台は1回も観たことがなかったんですね。とにかく1回舞台を観に来てくれと言われて行ったら、そこで俄然衝撃を受けまして。

―それはどういう意味で?

平原:コントとか歌とか、ダンス以外のシーンが凄く面白くて。でも、これ俺も一緒にできるのかな……と。そのときは特に小林顕作さんの脚本のキレっぷりが怖くて。

近藤:ああ、『狼たちの午後〜Hungry Like a Wolf〜』(2010年 / 世田谷パブリックシアター)のときね。あの作品はなんだろ……ミュージカルみたいなところがあったんだけど、もう歌い方とかが完全に狂ってる(笑)。

平原:ほんとに。鬼気迫る凄い形相で歌ってましたよね(笑)。でも、みんな自分にはないものをやっていたから、凄く一緒にやってみたいなと思ったんです。とりあえず1回だけでいいって言うし、それもダンスシーンだけでいいって言われてOKしたんです。ま、結局コントもしっかり出たんですけど(笑)。

近藤:まんまとね(笑)。


写真左から:平原慎太郎、近藤良平

―実際に出演されてみていかがでしたか?

平原:最高でした。コントとかそれまでやってきたダンス以外の面白さに触れた1回でしたね。

―平原さんから見て、コンドルズの魅力ってどういうところにあると思われますか?

平原:やることにラインを引かないとこがいいですよね。ダンスはこうじゃないと、っていうのがコンドルズにはないですから。近藤さんの人柄というのもあると思います。あと、かっこ良すぎることをあえてやらないのが、逆に魅力ですよね。かっこいいものを目指すほうが安心できると思うんですけど。

Page 1
次へ

イベント情報

『にゅ〜盆踊り大会 2013』

2013年7月15日(月・祝)17:00頃〜
会場:東京都 池袋 池袋西口公園(東京芸術劇場前)
出演:
コンドルズ
プロジェクト大山
ほか
料金:無料
※雨天時はあうるすぽっとまで要問合せ、小雨決行

盆踊りリーダー(しゃ〜隊)210名大募集
会場:東京都 豊島区内7会場
講師:
近藤良平
コンドルズ
※各会場で日時、講師は異なります
参加資格:ワークショップと7月15日の両日参加できる方
定員:各会場30名(合計210名)
※応募者多数の場合は抽選
料金:一般1,000円 豊島区民割引(在住・在学・在勤)500円(要証明書提示)
※豊島区内在住65歳以上の方は参加費無料
※詳細はオフィシャルサイトにて

平原慎太郎ソロダンス公演『NOCON ボレリッシュ』

2013年6月29日(土)OPEN 13:30 / START 14:00、OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 東池袋 あうるすぽっと
構成・振付・出演:平原慎太郎
テキスト:前川知大
料金:
前売 一般3,000円 当日3,500円 大学生2,000円 小学生〜高校生1,500円 豊島区民割引(在住・在学・在勤)2,700円(要証明書提示)

コンドルズ日本縦断超時空ツアー2013
『TIME IS ON MY SIDE(タイム イズ オン マイ サイド)』

第1弾
2013年8月10日(土)18:30
会場:静岡県 焼津文化会館

2013年8月17日(土)18:30
会場:岩手県 さくらホール

2013年8月20日(火)19:00
会場:宮城県 仙台 電力ホール

2013年8月24日(土)14:00 / 19:00
会場:大阪府 京橋 松下IMPホール

2013年8月30日(金)19:30
2013年8月30日(土)14:00 / 19:00
2013年9月1日(日)15:00
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場

2013年9月3日(火)19:00
会場:愛媛県 松山 松山コミュニティセンター

2013年9月5日(木)19:30
会場:広島県 アステールプラザ

2013年9月7日(土)14:00 / 19:00
2013年9月8日(日)15:00
会場:福岡県 天神 イムズホール

プロフィール

近藤良平

振付家、ダンサー。ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。20ヶ国以上で公演、ニューヨークタイムズ紙絶賛、渋谷公会堂公演も即完満員にした男性学ランダンスカンパニー・コンドルズ主宰。第四回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。NHK連続TV小説『てっぱん』オープニング振付、NHK総合『サラリーマンNEO』内「サラリーマン体操」、NHK教育『からだであそぼ』内「こんどうさんちのたいそう」、「かもしれないたいそう」に振付出演。三池崇史監督映画『YATTAMAN』振付。TBS系列『情熱大陸』出演。NODA・MAPの『THE BEE』で鮮烈役者デビュー。今秋には、『第68回東京国体』式典演技総演出を担当する。

平原慎太郎

小樽にてクラシックバレエを学び始め、Hip Hopやコンテンポラリーダンスに出会う。04年から07年まで金森穣率いるNoismに所属。その後、『瞬project』、『C/Ompany』に参加し、他のダンサーとの共同制作を行う。2010年に即戦力ダンサーFAとして近藤良平率いる『コンドルズ』に参加。現在『OrganWorks』名義で、自身の創作活動も行う。また、ワークショップや作品提供を通して、世界各地で活動を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く