特集 PR

俺たちはキャラクター化している 三木聡×宇野常寛『俺俺』対談

俺たちはキャラクター化している 三木聡×宇野常寛『俺俺』対談

構成
木俣冬
撮影:三野新

ある日、突然「俺」が増幅し殺し合いをはじめるという『大江健三郎賞』受賞作である星野智幸の文学世界を、オフビートで乾いたセンスで映画化した『俺俺』。「俺」役の亀梨和也をCGを使って大量に画面に配置し共演させた映像の奇妙さ、加瀬亮や内田有紀、ふせえりなど、「俺」たちに負けず劣らずユニークな俳優たちの演技、隅々まで遊び心満載の画面など、奇才・三木聡監督の独特の感性が発揮されている。

三木監督はこれまでも、映画『インスタント沼』『転々』やドラマ『時効警察』『熱海の捜査官』などシュールな作品を作り続けてきた。そんな三木の作品が今、転換点を迎えていると、『ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』『原子爆弾とジョーカーなき世界』などの著書で世間を挑発する気鋭の評論家・宇野常寛が指摘する。三木と宇野に、『俺俺』に描かれたこれからの時代の新たな人間の有り様を堀り下げてもらった。

人間には出会わなくて、キャラクターにしか出会わないというような、今の世の中の空気みたいなものをどう面白がるか。(宇野)

宇野:どうですか、『俺俺』の反響は?

三木:夢オチだと言っている人がいるんですけれど、夢オチじゃないってことだけは言っておきたいですね(笑)。

宇野:あれが夢オチに見えちゃうんですね、なるほど。

三木:ああいう作品をどういうふうに捉えたらいいのか、その免疫力みたいなものが今の若者は弱いのかなと思います。1980年代の若者のほうがもう少し対応力があった気がしますね。

三木聡
三木聡

宇野:三木さんの作品の中でも、『俺俺』ほど現実に寄り添った作品はこれまでなかったと思いますけどね。現代の風景に意図的に肉薄しているというサインを、すごくわかりやすく出していると思うんです。

三木:そういう印象ってあります?

宇野:舞台となる郊外の風景もそうですし、家電量販店で派遣社員として働いている主人公の設定もそうですし、原作の言ってみれば現代社会批評的なモチーフを三木さんなりに、しかしわりと正面から扱ったな、とは思いましたね。

三木:もともと僕は、作品を作るとき、テーマありきではないんです。脚本があがってから、たまたまウィリアム・エグルストンのいわゆるアメリカの郊外とニューカラーの人々の写真集を手にして、じゃあ郊外を見てみようと思ってロケハンしていたら、あの印象的な給水塔に出くわしたんですよ。CGに見えるんですけど本物です(笑)。

©2012 JStorm Inc.
©2012 JStorm Inc.

宇野:三木さんは、1980年代から2000年までコントユニット・シティボーイズのライブの脚本と演出を担当していましたが、そのときからコンセプトは意識していなかったんですか?

三木:そうですね。公演はだいたい4月の終わりから5月にあったのですが、前年の12月くらいにタイトルを決めて、それに合わせていろいろ打ち合わせしながらコントを作っていって、最後のコントを書く4月の上旬頃になってようやく、ああ多分こういうことか……という、作品全体を貫く1つの線を帯びてくるみたいな、そういう作り方をずっとしているんです。


宇野:なるほど。ところで、三木さんの前作、テレビドラマ『熱海の捜査官』は、2010年ですよね? 『俺俺』までけっこう間が空いていますね。

三木:そうなんです。ちょうど震災があって、進んでいた企画が1回止まったことも1つの要因ですし、『熱海』の反動が大きかったこともあって。

宇野:『熱海』を見たとき、三木さん、こんなに自己批評的なものを作ってしまうと、この次作れるのかな? という心配と、作るとしたらいったい何を作るんだろう? という怖いもの見たさのような興味が湧いたんです。

三木:ハハハハハハ。

宇野:『熱海』の最終回は、登場人物がもしかして既に死んでいるんじゃないか? と思わせたり、現実とは別の次元が存在しているのではないかと匂わせたりして物議を醸しました。あれって今まで三木さんがやってきたことや、三木さんがバックボーンにしてきたカルチャーに対する自己批評だったと思うんですよ。だからこそ、その後、新たなものを作るためには3年間必要だったのかなと。

宇野常寛
宇野常寛

三木:『俺俺』のプロデューサーは『熱海』を見ながら『俺俺』の原作を読んでいて、僕に映画化打診の電話をくれたんですよ。以前、宇野さんは『熱海』の中で僕が「人間」ではなく「キャラクター」を描いてきたのだという自己言及をしたと思う、とおっしゃった。つまり、「キャラクターというものは生きていないものだから、要は死んでいるってことではないか」と指摘したんですね。

宇野:もちろん俳優が演じているという意味では、生きている人間です。でも、これまでの映画に映る「役者」が近代的な自我を持った人間を象徴していたのに対して、「生きているものと死んでいるものの中間のようなキャラクターとしての人間とは、どういうものか?」について自己言及したのが『熱海』だと思うんですよ。そして、それをさらに押し進めた作品が『俺俺』。社会生活の中で人間には出会わなくて、キャラクターにしか出会わないというような、今の世の中の空気みたいなものをどう面白がるかということを三木さんは『俺俺』でやったという印象です。

三木:確かに、『俺俺』の主人公は、生きている世界と死んでいる世界の間にいる、まさに宇野さんがおっしゃったキャラクターのようなものですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

宇野常寛 10°CAFE×PLANETSイベント
連続講義『プレ・母性のディストピア』

「テーマ:高橋留美子」
2013年7月11日(木)20:30〜22:00
「テーマ:宮崎駿」
2013年8月1日(木)20:30〜22:00
「テーマ:富野由悠季」
2013年9月5日(木)20:30〜22:00
会場:東京都 10°CAFE
料金:3,000円(1回券・1ドリンク付)

作品情報

『俺俺』

全国公開中
監督・脚本:三木聡
原作:星野智幸『俺俺』(新潮文庫刊)
出演:
亀梨和也
内田有紀
加瀬亮
キムラ緑子
高橋惠子
ふせえり
岩松了
配給:ジェイ・ストーム
配給協力:ギャガ

書籍情報

『原子爆弾とジョーカーなき世界』
『原子爆弾とジョーカーなき世界』

2013年6月21日発売
著者:宇野常寛
価格:1,260円(税込)
発行:メディアファクトリー

プロフィール

三木聡(みき さとし)

1961年神奈川県生まれ。80年代から『タモリ倶楽部』『ダウンタウンのごっつええ感じ』『トリビアの泉』などのテレビ番組に放送作家として関わり、2000年までシティボーイズのライブの作・演出を手がける。05年『イン・ザ・プール』で長編映画デビューを果たす。監督策に『亀は意外と速く泳ぐ』『図鑑に載ってない虫』『インスタント沼』、テレビドラマ作品に『時効警察』『熱海の捜査官』など。

宇野常寛(うの つねひろ)

{評論家。1978年生。批評誌『PLANETS』編集長。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)。『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)。共著に濱野智史との対談『希望論』(NHK出版)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)。企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像