特集 PR

蜜とやついいちろうの「タガが外れた」対談

蜜とやついいちろうの「タガが外れた」対談

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:西田香織

2枚目のアルバム『HeとSheでShow』を完成させた男女二人組唄合戦ユニット・蜜。洗練されたメロディー、心地良く溶け合うハーモニーが何よりの魅力のデュオなのだけれど、新作はそれだけにとどまらないワクワク感に満ちた1枚になっている。ソウルフルなグルーヴの上でファニーな掛け合いが展開する“特別な人”を筆頭に、自由でユーモラスなポップセンスもいよいよ花開いてきている。木村ウニの奔放なキュートさ、橋詰遼の「草食系」な繊細さと、二人のキャラクターも歌の中で徐々にあらわになってきている。

これまでもCINRAでは蜜のユーモラスで自由なライブパフォーマンスにスポットをあてて紹介してきたが、今回は、エレキコミック・やついいちろうとの対談を企画。DJとしても活躍し『YATSUI FESTIVAL』を主催するなど音楽とお笑いの枠を越えて活躍する彼と、ステージの上に生まれる「楽しさ」の源について、語り合ってもらった。

ライブが面白くても、そのまま帰っちゃうでしょ? そこで帰らなければミュージシャンと友達になれるんです。(やつい)

―やついさんと蜜のお二人は、今回が初対面ですよね。

やつい:はい。CD聴きましたよ。いい曲を、いい声で歌ってるなって思いました。

木村橋詰:ありがとうございます。

―これまでCINRAでは何度か蜜を取り上げていて、音楽だけじゃなくパフォーマンスにも注目した切り口で紹介していて……。

やつい:でも、笑わせるような感じじゃないですよね?

木村:うん。コミックバンド的な感じではないです。

やつい:すごくいい感じの歌ですもんね。だから、そういう意味では勘違いしてたのかもしれない。曲を聴いて、誠実なグループだなって思いました。

―やついさんはお笑い芸人としてではなく、DJをやったり、音楽のフィールドでも活躍されていますよね。先日もご自身が主催する『YATSUI FESTIVAL! 2013』を終えたばかりですが、あのフェスはどうやって始まったんでしょうか。

やつい:あれは曽我部恵一さんがきっかけで始まったんですよ。曽我部さんがあるとき、 「やつい君、今すごいキテるよ」って言ってくれて。「フェスとかやったらいいよ」ってアドバイスされたんです。もともと新宿LOFTで自分のイベントをやったりはしてて、そこに曽我部さんも出てくれてて。でもフェスとなるといろいろ面倒くさいしイヤだなって思ってたんですけど、曽我部さんが「キテる」って言うもんだから、やろうかなって(笑)。だからまずは曽我部さんに出てもらって、他はGOING UNDER GROUNDとか、NONA REEVES、堂島孝平、レキシみたいな、友達のミュージシャンを誘っていったのが始まりです。

やついいちろう
やついいちろう

―やついさんにはミュージシャンの友達がたくさんいますけど、どんな風にしてそうなったんですか?

やつい:作為的なことは何にもないんですよ。ただただ、サニーデイ・サービスのファンだっただけです。ホフディランのデビューライブを観た後に、近くに曽我部さんがいたので話しかけてサインをもらって。その何日か後に、当時渋谷にあったHMVの辺りに曽我部さんがいたので、また話しかけたんですよ。そこで電話番号を聞きました。

橋詰:ええ!? その場で聞いたんですか?

やつい:しかも教えてくれたんですよ。それが仲良くなったきっかけですね。その後、僕も芸人をやり始めて、テレビにも出るようになったから、曽我部さんも「君も頑張ってんだ」みたいな感じで安心してくれて。それから曽我部さんに下北沢のお花見に誘われて行ってみると、ミュージシャンも来てるんですよね。GOING UNDER GROUNDとか、フジファブリックの志村君も来てたな。それで、みんなで飲むから仲良くなるんですよ。

―飲んだり遊んだりしているうちに、自然といろんな人と仲良くなっていったんですね。

やつい:レキシの池ちゃん(池田貴史)とも何かのタイミングで仲良くなって、池ちゃんからいとうせいこうさんの家に呼ばれて行ったら、そこにもミュージシャンがいっぱいいて。そこでまた、かせきさん(かせきさいだぁ)とかEGO-WRAPPIN'の森さん(森雅樹)と仲良くなって。それと、ライブに行ったら、関係者が集まって打ち上げでロビー乾杯してたりするじゃないですか? ああいうところでミュージシャンの人と話したりしてましたね。だから本当に、ファンになった人と話してるだけっていう(笑)。

―蜜のお二人もそういうことはあるんですか?

木村:同級生がお笑い芸人をやってるので、観に行ったりはしますね。

やつい:誰ですか?

木村:サンドロップっていう二人組なんですけど。そこに一緒に出てたコーンスターチっていう二人組がめちゃめちゃ面白かったです。

やつい:そういうとき、面白くても、そのまま帰っちゃうでしょ?

木村:はい。帰ります。

やつい:そこで帰らなければ友達になれるんですよ。たとえば、ライブに招待されたら挨拶に行くじゃないですか? それを何回も繰り返してるうちに覚えられていくみたいな感じでしたね。それから10年ぐらい経ってますから、そりゃ友達も増えるわっていう。

Page 1
次へ

イベント情報

 2ndアルバム発売記念コンサート『HeとSheでShow』

2013年7月19日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
出演:蜜
ゲスト:
エマーソン北村(Key)
ASA-CHANG(Per)
料金:3,200円(ドリンク別)

蜜プレゼンツライブ『voice dinner』(昼夜2公演)

2013年9月23日(月・祝)OPEN 13:00 / START 14:00
会場:東京都 渋谷 7th FLOOR
2013年9月23日(月・祝)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 7th FLOOR

蜜プレゼンツ『voice dinner EXTRA』vol.2

2013年9月27日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋ell SIZE

蜜プレゼンツライブ『voice dinner』(昼夜2公演)

2013年9月29日(日)OPEN 12:30 / START 13:30
会場:大阪府 心斎橋 Janus dining
2013年9月29日(日)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:大阪府 心斎橋 Janus dining

やついいちろう(エレキコミック)
遊園地再生事業団 #19『夏の終わりの妹』(仮)リーディング公演

2013年7月19日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
2013年7月20日(土)OPEN 14:30 / START 15:00、OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 SARAVAH東京
作・演出:宮沢章夫
出演:
小浜正寛
松村翔子
やついいちろう
上村聡(遊園地再生事業団)
牛尾千聖(遊園地再生事業団)
料金:2,500円(1ドリンク付)

『やつい孔明のヴィレ蛮征伐 〜サインお渡し会ツアー〜』

2013年7月22日(月)16:00〜
会場:東京都 マルイシティ上野

2013年7月22日(月)19:00〜
会場:東京都 お茶の水

2013年7月23日(火)16:00〜
会場:埼玉県 new styleイオンレイクタウンkaze

2013年7月23日(火)19:00〜
会場:埼玉県 浦和パルコ

2013年7月25日(木)17:00〜
会場:神奈川県 本厚木ミロード

2013年7月25日(木)19:30〜
会場:東京都 町田路面

2013年7月26日(金)15:30〜
会場:東京都 ららぽーと豊洲

2013年7月26日(金)18:00〜
会場:東京都 渋谷宇田川

2013年7月27日(土)12:00〜
会場:福岡県 小倉駅前

2013年7月27日(土)17:00〜
会場:熊本県 熊本パルコ

2013年7月28日(日)15:00〜
会場:福岡県 福岡パルコ

2013年7月28日(日)18:00〜
会場:福岡県 福岡大名

2013年7月29日(月)15:00〜
会場:神奈川県 アピタ長津田

2013年7月29日(月)18:00〜
会場:神奈川県 横浜ワールドポーターズ

2013年7月30日(火)15:00〜
会場:埼玉県 イオンモール北戸田

2013年7月30日(火)18:00〜
会場:東京都 池袋サンシャインシティアルタ

2013年8月2日(金)12:00〜
会場:愛知県 イオンモールmozoワンダーシティ

リリース情報

蜜<br>
『HeとSheでShow』(CD)

『HeとSheでShow』(CD)

2013年7月17日発売
価格:2,500円(税込)
TOCT-29166

1. ハズミだした小さなエンジン
2. ひとりぼっちのレース
3. 特別な人
4. ふたりの公園
5. まじない
6. CHAMBARA
7. 蝸牛
8. シュガーハニー

プロフィール

蜜(みつ)

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂、二人の出会いが生んだ、奇跡の「唄合戦ユニット」。木村のパワフルでソウルフルな声と、橋詰の伸びのある透き通った声が創り出す蕩けるハーモニーは、観る者の右脳を揺さぶる。ロック、ポップ、ソウル、昭和歌謡と、あらゆるジャンルにアクセスし、もはや何が起こるかわからないエネルギッシュなパフォーマンスが話題になり、デビュー1か月にして『FUJIROCK FESTIVAL'12』に出演。2012年ファーストフルアルバム『eAt me!』をリリース。2013年『HeとSheでShow』をリリース。

やついいちろう

1997年にエレキコミック結成。お笑いと並行して、DJとしても活動し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL!」や「SWEET LOVE SHOWER」など、全国の野外フェスに出演。またアーティスト、アイドル、文化人、芸人などが混合するエンターテイメントフェス「YATSUI FESTIVAL! 2013」を自ら企画し、7月20日(土)24:10〜25:09にはNHK BSプレミアムにて、当日の模様が放送決定。TBSラジオ「エレ片のコント太郎」、J−WAVE「SUMMER TIME SPLASH」、NOTTV「#エンダン」、NHK「シャキーン!」が放送中。5枚目MIX-CD「YATSUI FESTIVAL!」がビクターエンタテイメントより発売中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開