特集 PR

恋愛よりも強い関係を求めて 美波×ジュリー・ドレフュス×小島聖

恋愛よりも強い関係を求めて 美波×ジュリー・ドレフュス×小島聖

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:西田香織

パルコ劇場の40周年を記念した舞台『iSAMU〜20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語〜』が、8月より、横浜、渋谷、高松で上演される。彫刻家・インテリアデザイナー、造園家として活躍した20世紀を代表する芸術家、イサム・ノグチの葛藤をモチーフにしたこの舞台。演出にはブロードウェイミュージカルをはじめ、数々の舞台作品を手掛ける宮本亜門、主演には数々の映画はもちろん、蜷川幸雄演出の舞台でも高い演技力を見せつける窪塚洋介が起用され、高い注目を集めている。

『iSAMU』の中で、窪塚洋介演じるイサム・ノグチに負けず劣らず重要な役割を担っているのが、イサムを取り巻く三人の女性たち。イサム・ノグチの母、レオニーをジュリー・ドレフュスが、イサムと結婚生活を送った山口淑子(李香蘭)を美波が、そして、イサム亡き現代に生活し、イサムの遺した作品に強い影響を受けるビジネスパーソンを小島聖が演じている。はたして、不世出の芸術家に対して、女性たちはどのような視線を送っているのだろうか? 本番まで残り2週間を切り、稽古も佳境に入った三人が、「女性から見た『iSAMU』」を語った。

イサム・ノグチの作品は、あまり説明的だったり押し付けがましくないのに、とても印象に残っていた。(美波)

―まず、みなさんとイサム・ノグチとの関わりから伺いたいと思います。この舞台に参加する前から、イサム・ノグチの作品に触れた経験はありましたか?

『iSAMU〜20世紀を生きた芸術家 イサム・ノグチをめぐる3つの物語〜』ポスター
『iSAMU〜20世紀を生きた芸術家
イサム・ノグチをめぐる3つの物語〜』ポスター

小島:もともとミッドセンチュリーの家具が好きで、イサムの作品に出会いました。そこから高松やニューヨークにある「イサム・ノグチ庭園美術館」をはじめとして、北海道のモエレ沼公園や大通公園の「ブラック・スライド・マントラ」など、各地のイサム・ノグチ作品を観に行くようになりました。光の加減や天気によっても印象が異なるので、訪れたらずっと見続けてしまうほどに気持ちがいいんです。展示されている空間全体が作品だと思います。


―作品が単体で完結せずに、外とのつながりを保っているんですね。ジュリーさんはいかがですか?

ジュリー:フランスの実家に父が買ってきたイサム・ノグチのコーヒーテーブルがあったんです。今となってはテレビ番組やCMで使われるぐらい当たり前のものですが、当時は1970年代後半で、イサムが手がけたインテリアは、とても珍しいものだったんです。あと、ミッドセンチュリーの家具ギャラリーを手がけている友達が、「AKARIシリーズ」(イサム・ノグチの代表的なデザイン照明)のとても巨大なオリジナルを持っていました。「AKARIシリーズ」は60年代頭にパリで発表されていたんですよ。

左から:窪塚洋介、ジュリー・ドレフュス、美波、小島聖 撮影:尾嶝太
左から:窪塚洋介、ジュリー・ドレフュス、美波、小島聖 撮影:尾嶝太

―ジュリーさん自身も「AKARIシリーズ」を使用したことはあるんでしょうか?

ジュリー:20年ほど前、初めて日本に住んだときに買いました。フランスでは、スーパーや工場以外には蛍光灯はつけないので、日本の家の中に蛍光灯の照明があったことがすごくショックだったんです。それで、お風呂場とキッチン以外の照明器具を外してAKARIシリーズを取り付けました。今はhhstyleなど、おしゃれな照明を取り扱うお店が増えていますけど、当時はヤマギワでしか売っていなかったんですよね。

美波:ヤマギワって?

小島:秋葉原に本店があった照明器具の老舗。デザインショップの走りみたいなお店だったよね。

ジュリー:今大きな家具屋さんで売っているような類似品は、真っ白で和紙じゃないことも多いですよね。オリジナルと雰囲気が全然違うんです!

―美波さんは写真集を入り口に、イサムの作品に触れたそうですね。

美波:そうですね。でも、正直「わからない」っていう印象が強くて、自分とはちょっと遠い存在だったんです。素材やコンセプトの知識があって、初めて価値を感じられる作品なのかなと思っていて。でも、あまり説明的だったり押し付けがましくないのに、とても印象に残っていたんですね。この舞台のためにイサムの書いた本を読んだり、稽古で台本を読み込んでいくにつれて、どうしてこういった作品が生まれてきたのかということもわかるようになってきました。

Page 1
次へ

イベント情報

パルコ劇場40周年記念 パルコ・プロデュース公演
『iSAMU〜20世紀を生きた芸術家 イサム・ノグチをめぐる3つの物語〜』

原案・演出:宮本亜門
脚本:鈴木哲也、宮本亜門
出演:
窪塚洋介
美波
ジュリー・ドレフュス
小島聖
大森博史
ボブ・ワ―リー
犬飼若博
神農直隆
植田真介
天正彩
池袋遥輝
ほか

東京公演
2013年8月21日(水)〜8月27日(火)全9公演
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場(渋谷パルコパート1 9F)
料金:一般7,800円 U-25チケット4,000円(25歳以下対象)

神奈川公演
2013年8月15日(木)〜8月18日(日)全4公演
会場:神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール
料金:S席6,800円 A席4,500円 高校生以下割引1,000円(枚数限定) U24チケット
3,400円 (24歳以下、枚数制限、S席のみ) シルバー割引6,300円(65歳以上、枚数限定)

高松公演
2013年8月30日(金)19:00開演(18:30開場)
会場:香川県 サンポートホール高松 3階 大ホール
料金:一般6,000円 会員5,500円

プロフィール

美波(みなみ)

1986年、東京都出身。2000年、深作欣二監督作映画『バトル・ロワイアル』への出演で注目を集め、その後も映画やドラマ、CMで活躍。また2005年には舞台『贋作・罪と罰』(演出:野田秀樹)や『エレンディラ』(演出:蜷川幸雄)にも出演する。

ジュリー・ドレフュス

パリ出身。大阪外国語大学に留学し、NHK教育テレビ『フランス語講座』に出演。日本でモデルやタレントの活動を始める。女優として、『キル・ビル』『イングロリアス・バスターズ』などの映画に出演する。

小島聖(こじま ひじり)

1976年、東京都出身。89年、『春日局』(NHK)でデビュー。99年に、映画『あつもの』で第54回毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。以降、数多くの映画、TVドラマに出演。情感溢れる演技力と存在感には定評があり、09年には、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイトディレクターを務める英国人演出家ジョン・ケアード演出の舞台『錦繍』に出演し話題となった。近年の主な出演作品に、舞台『かもめ』(赤坂ACTシアター)、『温室』(新国立劇場)、『ハーベスト』(世田谷パブリックシアター)、『テイキングサイド』(天王洲 銀河劇場 他)、映画『シーサイドモーテル』、『劇場版タイムスクープハンター』、TVドラマ『ラブシャッフル』(TBS)、『トッカン 特別国税徴収官』(NTV)、『熱海の捜査官』(EX)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業