特集 PR

現代舞踊界を牽引する異端児 勅使川原三郎インタビュー

現代舞踊界を牽引する異端児 勅使川原三郎インタビュー

インタビュー・テキスト
浦野芳子
撮影:菱沼勇夫

勅使川原三郎が独自の創作活動を開始したのは1981年。85年には自身のダンスカンパニー「KARAS」を結成、振付にとどまらず、演出・美術・照明・衣裳・音楽構成も自ら手掛ける独創的な舞台空間は、新しい身体表現として、ダンス界はもちろん、国内外の幅広いアートシーンに衝撃をもたらした。30年以上にもわたるキャリアの中で、時代の風や要望に一切なびくことはなかった勅使川原。チケット売りたさに観客に媚びることはせず、自分の心の真ん中にあるものに誠実に向かい合い、自分のやり方で、創作活動を通し世の中にさまざまな問いを投げかけてきた。

そんな勅使川原が、この9月に東京芸術劇場で新作『第2の秋』を発表する。今年に入ってから立て続けに、ブルーノ・シュルツの短編小説を原作に作品を発表し続けている理由について、今夏荻窪にオープンしたばかりの新スタジオ&スペースに伺い、勅使川原本人にインタビューする機会を得た。

人間は誰しも、風景や環境として周りにある現実の季節の向こう側に、想像の中でもう1つの季節を感じながら生きているかもしれないと思うんです。

―今年は『春、一夜にして』『ドドと気違いたち』と、すでにブルーノ・シュルツの短編小説をもとにした作品を2作発表されており、9月に東京芸術劇場で公演される『第2の秋』は、シリーズとして3作目になります。勅使川原さんが今これほどまでに、ブルーノ・シュルツに着目している理由、またその魅力とは、何でしょうか。

勅使川原:彼の作品に共感するところがあるからです。でも、単なる文学的な興味という意味ではなく、その内容にダンスになり得る面白いものを発見できるからですね。

―短編小説の中にある言葉に身体を触発する何かがある、ということですか?

『第2の秋 Second Fall』
『第2の秋 Second Fall』

勅使川原:シュルツの作品が示すイメージは豊かですが、直接的に言葉からというより、ものの見方や「世界観」に共感しました。この小説の中で「第2の秋」とは、嘘の季節、人工的な空想の季節を意味しています。人間は誰しも、風景や環境として周りにある現実の季節の向こう側に、想像の中でもう1つの季節を感じながら生きているかもしれないと思うんです。そして、劇場の中で起こることはすべて作り物=人工ですよね。たとえ季節を描き出していたとしてもそこにあるのは本当の季節ではなく嘘の季節。それが、「第2の季節」の意味なんです。「創作」という世界が、そこにある。

―人間の想像が作りだした季節の中で、どんな物語が繰り広げられるのでしょうか。

勅使川原:物語を表わそうとは思っていません。これは演劇ではなく、あくまでダンスです。言葉以上に重要なのは、想像させることです。シュルツは第二次世界大戦前の時代を生きたポーランドの作家で、ユダヤ人でもあります。政治・宗教の枠の中に閉じ込められ、身動きが取れない社会状況の中で生きた彼は、その閉塞感の中で自分の内面世界に向かうしかなく、繊細な感情の機微を短編小説の中に描き出しました。どんなに人工的な環境にあっても人間の身体というものは、有機的な生命体、つまり自然そのものだと思うのですが、シュルツはその人間をあえて人形のように物質として捉え、物質こそ命があるものと描いたんです。

勅使川原三郎
勅使川原三郎

相手を傷つけてふざけることは、同時に自分を傷つけることでもある。精神の解放のためのアイロニーとして表現が作用すればいいけれど、そう上手くは行かない。

―閉塞感の中に押し込められ、自由な生命の謳歌を規制されたシュルツが、「人形=命の無いように見えるものにこそ生命がある」と逆説的に言っているのは、ある種の自己肯定なのかも知れませんね。

勅使川原:はい、自己のみならず、広い意味での「愛情」と言えるかもしれない。誰かが誰かを愛しているということだけではない「愛」。それなしで物事がありえない「愛」の葛藤。行き詰った状況から抜け出そうとする人間の葛藤だと思います。そして、似たようなことが時代や国を超え、現代にも起こっています。豊かな自然があるにも関わらず、情報化社会や科学の進歩に左右されてしまう未来など、新しい世界にいろんな可能性を求めた結果、その中に押し込められている現代人の世界観にも、同じ閉塞感を感じるからです。存在しようとする愛の葛藤のあがきと言えるかもしれません。

―はい。

勅使川原:そして現代の特徴として感じるのは、抜け出せないことへの葛藤が自虐的な表現として伝わってくることです。ネットや会社でのいじめなどがその代表的なもの。現代人は閉塞感からの開放を決して諦めているわけではないのだけれども、それをネガティブで屈折した、皮肉的な表現でしか表わせない。ちょっと前の「お笑いブーム」などは、自虐や加虐により、難しい人間関係を緩めるやり方だったと思うんです。でも相手を傷つけてふざけることは、同時に自分を傷つけることでもある。精神解放のためのアイロニーとして表現が作用すればいいけれど、そう上手くは行かない。

―想像や思考を深める「精神的体力」が弱い人が、増えているような気もします。

勅使川原:そりゃそうでしょう。マスメディアなんかが、考えさせないようにしているんですから。「これを買え、あれを買え」「考え込んで遅れると損をするよ」と15秒おきに叫んで、忙しくて考える暇が無いようにしている。危ないからこうしなさい、こういうリスクがあるから注意しなさい、と山のようにアナウンスして、本来なら自分で備えているはずの自己防衛能力まで奪っている。

―感じる力、感じることから思考を深める力を養うという意味で、観る人それぞれのイマジネーションをくすぐるのがダンスだとするならば、こういう時代だからこそ多くの人に接して欲しいですね。

勅使川原:はい。僕がなぜ、小説から作品を作り始めたかと言うと、そこから読み取れるメッセージを、ダンスという手法を通して、現代社会や世界との関わりかたを考えさせるものにできたらいいと思うからです。そして、ダンスとは空間の芸術であると同時に時間の芸術でもあります。内面的な時間を生きるための活動でもあるわけです。

Page 1
次へ

イベント情報

芸劇dance
『第2の秋 Second Fall』

2013年9月6日(金)〜9月8日(日)16:00開演(6日は20:00開演)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場プレイハウス

演出・振付・美術・照明:勅使川原三郎
出演:
勅使川原三郎
佐東利穂子
ジーフ

料金:
一般前売 S席5,500円 A席4,000円
一般当日 S席6,000円 A席4,500円
65歳以上割引4,500円 25歳以下割引3,000円 高校生割引1,000円
※65歳以上割引、25歳以下割引、高校生割引はS席を割引価格にてご購入いただけます

プロフィール

勅使川原三郎(てしがわら さぶろう)

バレエを学んだ後、1981年より独自の創作を開始。1985年、KARASを結成。既存のダンスの枠組みではとらえられない新しい表現を追及。舞台作品では振付・演出のみならず美術、照明デザイン、衣装、音楽構成も自ら手掛け、独創的な作品を創造。国内外で数多くの公演を行う傍ら、パリ・オペラ座バレエ団など欧米のカンパニーに作品を提供。近年はオペラの演出、インスタレーションや映像作品などにも創作の世界を広げ、また若手の育成にも精力的に取り組んでいる。朝日舞台芸術賞(01年、03年)、ダンツァ&ダンツァ・アワード年間最優秀賞(01年 / イタリア)、芸術選奨文部科学大臣賞(07年)、ベッシー賞(07年 / アメリカ)、紫綬褒章(09年)などなど、国内外で多くの賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー