特集 PR

ウォーリー木下×ホナガヨウコ×環ROY×ニシハラ☆ノリオ座談会

ウォーリー木下×ホナガヨウコ×環ROY×ニシハラ☆ノリオ座談会

インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:豊島望

音楽フェス真っ盛りの夏休みを過ぎて、秋に差し掛かろうという頃、多摩センターにある劇場・パルテノン多摩を中心とした1キロ圏内の街中で『多摩1キロフェス2013 PLAY The Town!!』という、パフォーマンスを中心としたフェスが今年から開催される。「なぜ多摩?」というギモンは本文中で説明させていただくとして、このイベント、多摩センター周辺の屋外を巻き込んだ、かなり大規模で異例なものになりそうだ。パルテノン多摩という、ギリシャ・パルテノン神殿を模した劇場の存在感もさることながら、水上ステージでは演劇が上演され、80段という屋外大階段上では、珍しいキノコ舞踊団のダンスやDE DE MOUSEのライブが堪能出来る。劇場内では、ホナガヨウコ×環ROYや明和電機によるパフォーマンス、さらには、かぶりものアーティスト、ニシハラ☆ノリオによるワークショップや体験型展覧会も。自然に恵まれた多摩のロケーションを活かした今回のフェス。その来たるべき展望について、脚本家 / 演出家で今回のフェスティバルディレクターを務めるウォーリー木下を中心に、出演者から、ホナガヨウコ、環ROY、ニシハラ☆ノリオに語ってもらった。

野外だと、変な置物があるからこそ作れる作品とか、邪魔な柵があるからこそ逆に成り立つ作品があるんですよね。なので、そういう作品ばかりを集めたイベントをしたいなと。(ウォーリー)

―まず、『多摩1キロフェス2013 PLAY The Town!!』について、ウォーリー木下さんがフェスティバルディレクターを担当することになった経緯から教えてください。

ウォーリー:主催の劇場、パルテノン多摩では、ずっと続いていた若手劇団の登竜門的なフェスティバルが以前あったんですよ。そこで僕の主宰する劇団が10年前に優勝して、その流れで公演をさせてもらっていたんです。それ以来、パル多摩さんとはずっと交流があって。

環ROY:パル多摩?

ウォーリー:地元の人はみんな、パルテノン多摩は「パル多摩」、最寄り駅の多摩センターは「多摩セン」って言うんです(笑)。去年パル多摩さんで開館25周年のお祭りみたいなことがあって、僕らの劇団も参加させてもらったんですけど、そのときに野外フェス的なことを毎年ずっとされていたことを伺ったんです。水上ステージで狂言や能を上演したり、稲川淳二さんが怪談をされたり、映画を上映していたそうなんですね。僕も野外フェスには海外で何度か出たことがあったので、「それ面白いですね!」って話をしてたら、「実は来年からイベントをリニューアルするので、いいアイデアがあったらぜひお願いします」って言われて。その場でこれまで貯めていたアイデアをばーっと2時間ぐらい話したところ、「ちょっと上司にかけあってみます」って言ってくれて。

ウォーリー木下
ウォーリー木下

―それで実現したと。その、貯めていたアイデアっていうのは?

ウォーリー:いわゆるサイトスペシフィックと呼ばれる、その場所でしか出来ない作品をたくさん集めるっていうことですね。劇場だとサイズも決まっていて照明もあるので、出来ることが限られてくる。でも、野外だと、変な置物があるからこそ作れる作品とか、邪魔な柵があるからこそ逆に成り立つ作品があるんですよね。なので、そういう作品ばかりを集めたイベントをしたいなと。

ホナガ:私もカフェとか、劇場じゃないところで踊ることがあるので、その感覚は分かります。たとえば、ステージに柱があったら邪魔になるけど、外だったら隠れるために使ったり、置いてある椅子を使って踊ったり出来る。なんなら、その場にいるお客さんも共演者的な感じで巻き込めるじゃないですか。

ホナガヨウコ
ホナガヨウコ

ウォーリー:そういうことですよね。あとは、野外でやっていると、普段演劇やダンスとかに興味のない人たちでも「こんな面白い人たちがいるんだ!?」って、作品に入っていきやすいんですよ。

―入場無料のプログラムもあるので、通りすがりの人が突然出くわすっていうこともありそうですよね。

ウォーリー:そうなんです。だから外でやるっていうのはお客さんにとっても、アーティストやパフォーマーにとっても、新しい発見や出会いをしてもらうことが出来て、ちょうどいいんじゃないかなって思っていて。

Page 1
次へ

イベント情報

『多摩1キロフェス2013 PLAY The Town!!  多摩のまちなかで起こるパフォーマンスの祭典』

2013年9月21日(土)〜9月28日(土)(9月21日はプレオープン)
会場:東京都 多摩(以下同)
きらめきの池特設水上ステージ、パルテノン多摩大ホール、パルテノン多摩大階段、パルテノン大通り・十字路、多摩中央公園など

『PLAY on the waterシリーズ「フール・オン・ザ・ヒル」(ギリシャ悲劇「ヒッポリュトス=パイドラーの恋」参照)』
2013年9月27(金)、9月28(土)各日18:00開演
会場:東京都 多摩 きらめきの池特設水上ステージ
作:ごまのはえ(ニットキャップシアター)
演出:ウォーリー木下
出演:
茂山童司
及川健(studio life)
長野海(青年団)
市民アンサンブル
ほか
演奏:キッシュロレーヌ(スティーヴ エトウ+トンチ+トヨタナチホ)
アートディレクション:黒田武志
舞台美術:友井隆之
映像:吉光清隆
仮面製作:ニシハラ☆ノリオ
料金:一般3,500円 パルテノン多摩友の会(アテナクラブ)3,000円 大学生2,500円 小・中・高校生1,500円(当日券は500円増し)
※未就学児入場不可
※小雨決行、荒天中止

『ショーケース・パフォーマンス「No border!!〜ワクを超える表現者たち〜」』
2013年9月28日(土)14:00開演
会場:東京都 多摩 パルテノン多摩 大ホールステージ
出演:
明和電機
WRECKING CREW ORCHESTRA EL SQUAD
オリジナルテンポ
ホナガヨウコ×環ROY
料金:一般3,500円 パルテノン多摩友の会(アテナクラブ)3,000円 大学生2,500円 小・中・高校生1,500円(当日券は500円増し)
※4歳以上有料(3歳以下膝上鑑賞無料)

『ダンス×サイトスペシフィック「階段で踊る。踊り場で踊る。」』
2013年9月27日(金)17:00開演
会場:東京都 多摩 パルテノン多摩 大階段ステージ
出演:珍しいキノコ舞踊団
2013年9月28日(土)20:00開演
会場:東京都 多摩 パルテノン多摩 大階段ステージ
出演:DE DE MOUSE
料金:各公演 無料

『パフォーマンス「セントラル・プレイ・マーケット」』
2013年9月27日(金)、9月28日(土) 各日11:00〜18:00まで1時間ごとに開演予定
会場:東京都 多摩 パルテノン多摩 十字路上ステージ
上演団体:公募によって募集
料金:無料

※以上4つのステージのほか、6つのプログラム『しでかすおともだちと謎の人たちのパレード』『遊ぶワークショップ・セレクト3』『体験する展覧会』『3つのプレイルーム』『水上ブランコで遊ぼう!』『インタラクティブ大階段』を予定、詳細は『多摩1キロフェス2013』オフィシャルサイト参照

プロフィール

ウォーリー木下(うぉーりー きのした)

1993年、神戸大学在学中に「劇団☆世界一団」を結成。現在は「sunday」(劇団☆世界一団を改称)の代表で、全作品の作・演出を担当。戯曲家・演出家として、外部公演も数多く手がける。並行してノンバーバルパフォーマンス集団、「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースを行い、エジンバラ演劇祭にて5つ星を獲得。その後、スロベニアや韓国、ドイツなどと国際共同製作を行い、海外からも高い評価を得ている。また、2011年に『PLAY PARK―日本短編舞台フェス―』を立ち上げるなど、さまざまな演劇祭でディレクターを務めている。最近では新生・東京パフォーマンスドールPLAY×LIVE『1×0』の演出も行う。

ホナガヨウコ

ダンスパフォーマー/振付家/モデル。『ホナガヨウコ企画』代表。実験的でありつつポップな振付と、相反する様に荒々しく激しい自由なソロダンスに定評がある。2001年頃から音楽と身体をセッションさせて情景を描き出す『音体パフォーマンス』という、楽器の生演奏を多く取り入れたライブ感のある舞台作品を発表。その他、カフェで注文を受けて踊る『カフェでダンスがオーダーできます』や、ショートムービー『dancing彼女』など、ユニークな発想でパフォーミングアートの新たな可能性を追求している。

環ROY(たまき ろい)

MC / ラッパー。宮城県出身。東京都在住。これまでに音楽作品として、最新作『ラッキー』を含む4枚のフルアルバムを発表する。第15回文化庁メディア芸術祭大賞受賞作品『スペースバルーンプロジェクト』へ参加、楽曲提供を行う。FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする様々な大型音楽イベントへ出演する。その他、全国各地、様々な場所にてパフォーマンスを行う。蓮沼執太フィルへの加入でも話題を呼ぶ。

ニシハラ☆ノリオ(にしはら のりお)

1971年福岡生まれ。1995年よりかぶり物をメインに造形の制作に携わり始め、数々のテレビ番組、イベントなどのかぶり物、舞台オブジェを世に送り出す。2003年に写実の世界での勉強を経験した後、2004年より個人での作家活動を中心に行なう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く