特集 PR

ビジネスより大切なこと Hostess代表インタビュー

ビジネスより大切なこと Hostess代表インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2013/08/29

『HCW』は『サマーソニック』のような大きなイベントではないですけど、自分にとっては同じくらい大きな愛の塊で、時間と労力と信頼関係の結晶なんです。

―次回の『HCW』は11月30日と12月1日に開催されます。プラグさんから見た見どころを教えてください。

プラグ:どれもこれも観たいバンドばっかりです(笑)。もちろん、NEUTRAL MILK HOTELが再結成して、地元でライブをやってから、台北と東京の『HCW』でライブをするっていうのは目玉のひとつなんですけど、追加で発表されたOKKERVIL RIVERは、個人的に長年好きなアーティストなんです。中心人物のウィル・シェフはシンガーソングライターとして特別な存在で、彼らのセカンドは自分にとってオールタイムフェイバリットのアルバムなので、やっと日本に紹介できることが本当に嬉しいです。もちろん、オマー・スリマンも絶対とんでもないことになると思いますよ。

―シリアのスーパースターですよね。個人的にも、オマーはとても楽しみです。

プラグ:彼のアルバムをプロデュースしてるFOUR TETも同じ日に出演するので、その二組が一緒に観れるっていうのもスペシャルだと思います。

―さきほど「台北の『HCW』」という話がありましたが、今Hostessは日本だけでなく、アジアの各国に展開しているんですよね?

プラグ:はい、中国、台湾、シンガポール、インドなど、アジアの各国に関わっています。日本も含め、それぞれの国で音楽に対する捉え方が違うので、それぞれの国の慣習を覚えて、まずはそれに従うことが大事で、その中で足りない部分を見つけて、変えていくことに興味がありますね。

―日本の慣習という意味では、日本では「洋楽・邦楽」という分け方があって、「邦楽だけを聴く」という人たちもいるし、邦楽だけでもマーケットとして成立している部分がありますよね。そこに対してどのようにアプローチするか、どうお考えですか?

プラグ:確かに2つに分けられている部分はあって、極端な話、OKKERVIL RIVERのファンと、アキモトフランチャイズのファンは、全く相容れないかもしれませんね(笑)。ただ、その下にはどちらでもない層、クロスオーバーしている層があると思うので、自分はそこに興味があります。それに日本のインディーには素晴らしいポップなバンドもいるので、そこにアプローチすることは、未来のあることだと思いますね。

―では最後に改めて、今後の『HCW』の展望を話していただけますか?

プラグ(アンドリュー・レイゾンビー) photo:古溪一道(コケイ カズミチ)
photo:古溪一道(コケイ カズミチ)

プラグ:もちろん、頭の中にはいろんなアイデアが浮かんでいますし、ビジネス本なんかには「きっかけがあったら、早く次の手を打て」って書いてあるかもしれないですけど、自分がやっていることは、とても長いゲームだと思ってるんです。長い時間をかけて、アイデアを試して、信頼関係を築いて、ようやく達成できるものがあると思うし、そうやって初めていい環境も生まれるんだと思います。『HCW』は『サマーソニック』のような大きなイベントではないですけど、自分にとっては同じくらい大きな愛の塊で、時間と労力と信頼関係の結晶なんです。なので、これからも一つひとつ時間をかけて、着実に進んで行ければと思っています。

Page 3
前へ

イベント情報

『Hostess Club Weekender』

2013年11月30日(土)OPEN 13:00 / START 14:00
2013年12月1日(日)OPEN 12:00 / START 13:00
会場:東京都 恵比寿ガーデンホール
11月30日出演:
Neutral Milk Hotel
Okkervil River
Sebadoh
Delorean
Temples
12月1日出演:
Deerhunter
Four Tet
Omar Souleyman
Austra
and more
料金:前売 1日券7,900円 2日間通し券13,900円(共にドリンク別)

プロフィール

ホステス・エンタテインメント

日本市場での独自のアイデンティティ確立を目指す厳選された海外アーティストやレーベルの、パッケージ及びデジタル商品全般の国内マネージメント、プロモーション、営業、マーケティング・サービスを展開。2000年の設立以来、最も斬新かつ刺激的な独立系音楽会社として、その存在感を高めている。これまでにアークティック・モンキーズ、レディオへッド、アデル、フランツ・フェルディナンドといったアーティストの作品をリリースしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど