特集 PR

チェンバーポップの未来のセンター YeYeインタビュー

チェンバーポップの未来のセンター YeYeインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望
2013/09/17

中国語で「おじいちゃん」を意味する、ちょっと変わった名前を持つ女性アーティスト、YeYeの新作『HUE CIRCLE』は、海外のチェンバーポップから受けた影響を独自に消化した、ファンタスティックな飛躍作である。京都を拠点に活動する彼女は、まだ大学在学中の2011年に発表したデビュー作『朝を開けだして、夜をとじるまで』で、作詞作曲から、すべての楽器演奏までを自ら行っていたが、その後は本来やりたかったというバンドスタイルへと移行。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文のソロをはじめとしたゲストボーカルでの参加や、CMへの楽曲提供及び出演など、瞬く間に知る人ぞ知る存在となり、その濃密な2年間の経験が『HUE CIRCLE』にはぎっしりと凝縮されているのだ。

さて、インタビューの途中では、彼女が映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』への愛情を延々と語る場面があったのだが、かつて三人の兄の影響で音楽を始め、現在では三人のバンドメンバーに支えられていることなど、YeYeを取り巻く過去と現在のシンクロニシティーは、さながら『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のようである。映画の中で主人公のマーティが未来を自ら切り開いていったように、レーベルを移籍し、自らをミュージシャンとして自覚するようになったと語る彼女もまた、この作品で自ら明るい未来を切り開き始めたのだ。

小学校のときに、弾いたことないのに「お前これ聴いて、ベース耳コピしてこい」って言われたり(笑)。

―YeYeさんが音楽を始めたのは、お兄さんの影響が大きかったそうですね。

YeYe:兄が三人いて、みんな楽器をやっていたので、それを貸してもらって音楽を始めました。四人でスタジオに入ってバンドをやったりしたこともあったんですけど、すごいストイックだったんですよ。まだ小学校高学年とか中学校入りたてぐらいのときに、ANATAKIKOUの曲をコピーすることになって、弾いたことないのに「お前これを聴いて、ベース耳コピしてこい」って言われたり(笑)。

YeYe
YeYe

―最初は「ベース? どの音?」って感じですよね(笑)。

YeYe:一時期はスタジオに行くのが嫌過ぎて、こたつに隠れてました……子どものころは毎日戦争やった記憶があります(笑)。

―でも、ANATAKIKOUの他にも邦楽だと空気公団やBOaT、洋楽だったらKINGS OF CONVENIENCEやFeistがお好きとのことですが、そういった音楽はお兄さんから教わったわけですよね?

YeYe:そうですね。特に2番目の兄から一番影響を受けていて、その兄が大学の頃にいわゆる渋谷系を聴いてたんですけど、小さい頃は兄のCD棚がすべてでした。

―YeYeさんが自分で曲を作るようになったのはいつ頃からなんですか?

YeYe:高校生のときにバンドをやって、そのときに初めてオリジナルを作りました。でも曲は作れても、「歌詞を書く」っていう概念がなかったんですよ。たまたまドラムの子が「35」って書いたTシャツを着てたので、「1か月が35日あればいいのに」っていう歌詞を書きました(笑)。

―歌詞を書き始めたときって日記みたいな感じで、「普段人に言えないことを歌詞にする」っていう人も多いけど、YeYeさんの場合はまず曲を作ることが第一だったんですね。

YeYe:自分の気持ちを切り取った歌詞を書くようになったのは、YeYeとして活動を始めてからですね。それまでは本当に「歌詞を書く」っていう概念がなくて、何の意味もない歌詞を書いてたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

rallye label presents
『ソコカシコ』

2013年10月6日(日)OPEN 12:00 / START 13:00
会場:東京都 shibuya duo MUSIC EXCHANGE、渋谷 O-nest、渋谷 7th floor

出演:
Chocolat & Akito(バンド編成)
清水ひろたか
Itoken
宮内優里
One Day Diary
number0
milk(バンド編成)
sugar me
CONCERT
sphontik
Organic Stereo
YeYe(バンド編成)
SOARING
circe
水中図鑑
lillte moa
LLama
4 Bonjour Parties
Wallflower
ヤンカノイ
出店:
恵文社(京都)
Sunday Bake Shop
Sunshine to you!
東ちなつ
高橋咲詠
YOSHIKO
itos
惣田紗希
ViOLET AND CLAiRE
料金:前売4,000円 当日4,500円
※来場者には非売品コンピレーションCD『Rallye Cloak 03』をプレゼント
※YeYeは『HUE CIRCLE』発売後、初のライブ(バンド編成)

YeYe
『HUE CIRCLE』全国ツアー

2013年10月12日(土)OPEN 14:30 / START 15:00
会場:石川県 金沢 コトノエ
定員:30名
料金:予約2,500円 当日3,000円

2013年10月13日(日)
会場:富山県 BEATRAM

2013年10月14日(月・祝)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:新潟県 LIFE
定員:40名
料金:3,500円(夜ご飯プレート付き、ドリンクは別料金)

2013年10月18日(金)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:岐阜県 Ginga
料金:予約2,500円 当日3,000円

2013年10月19日(土)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:愛知県 名古屋 聖マルコ教会
共演:ゆーきゃん、tigerMos
DJ:I-NiO、Ogu(Ripple)
FOOD:Relier
料金:2,800円 当日3,300円

2013年10月20日(日)
会場:長野県

2013年10月27日(日)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:宮城県 仙台 SENDAI KOFFEE
料金:予約2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

2013年11月9日(土)
会場:東京都

2013年11月10日(日)
会場:福岡県

2013年11月16日(土)
会場:岡山県

2013年11月17日(日)
会場:広島県

2013年11月23日(土・祝)
会場:徳島県

2013年11月24日(日)
会場:香川県

2013年11月30日(土)
会場:山口県

2013年12月1日(日)
会場:長崎県 佐世保

2013年12月7日(土)
会場:宮崎県

2013年12月14日(土)
会場:北海道 札幌

2014年1月12日(日)
会場:京都府

リリース情報

YeYe<br>
『HUE CIRCLE』(CD)
YeYe
『HUE CIRCLE』(CD)

2013年9月18日発売
価格:2,500円(税込)
Rallye Label / RYECD-190

1. パレード
2. おいで
3. Do We We a
4. 明日は来ないか
5. TAO
6. プログレ
7. あるある言いたい
8. ハイ、ディア、ペネロピ
9. fangjia
10. Miserable

V.A.<br>
『ソコカシコ』(CD)
{タイトル}

2013年8月7日発売
価格:1,000円(税込)

1. The recipe song(feat. Sally Seltmann) / milk
2. プログレ(CONCERT version) / YeYe
3. One / ショコラ&アキト
4. 読書(feat.星野源) / 宮内優里
5. Spot an Error / Itoken
6. Let Go / organic stereo
7. 飛び込め!! / 水中図鑑
8. round round(live version) / number0
9. とある街のとあるパレード / CONCERT
10. Je pris la lune 〜月面難着陸のテーマ〜 / 清水ひろたか
11. Take Off Your T-Shirts(It's a Musical cover) / sugar me
12. pelan pelan / sphontik
13. When the wind blows again / little moa
14. Night Parade / SOARING
15. C'est La Vie, Ob-La-Da / One Day Diary

CINRA.STOREで取扱中の商品

YeYe<br>
『ハウスウォーミング』 [iPhone5ケース]
YeYe
『ハウスウォーミング』 [iPhone5ケース]

価格:3,675円(税込)
限定販売されたアルバム『ハウスウォーミング』のカバーイラストがiPhoneケースに

CINRA.STOREで取扱中の商品

YeYe<br>
『YeYeロゴ』 [iPhone5ケース]
YeYe
『YeYeロゴ』 [iPhone5ケース]

価格:3,675円(税込)
アルバム『HUE CIRCLE』のジャケットロゴがiPhoneケースに

CINRA.STOREで取扱中の商品

YeYe<br>
『ソコカシコ』 [iPhone5ケース]
YeYe
『ソコカシコ』 [iPhone5ケース]

価格:3,675円(税込)
『rallye label』11周年記念イベント「ソコカシコ」のiPhoneケース

プロフィール

YeYe(ぃえぃえ)

1989年生まれ。2011年に発売されたデビューアルバム『朝を開けだして、夜をとじるまで』は作詞作曲はもちろん、すべての楽器の演奏までをセルフ・プロデュースで行う。デビューアルバムに収録されている「morning」が、α-STATIONをはじめ、ラジオ関西、鹿児島フレンズFM、FM徳島、FM三重の各局パワープレイに選ばれる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も 1

    土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

  2. 「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も 2

    「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も

  3. 二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も 3

    二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も

  4. 石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役 4

    石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役

  5. 三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開 5

    三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開

  6. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 6

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  7. サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ 7

    サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ

  8. 『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加 8

    『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加

  9. 銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材 9

    銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材

  10. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 10

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真