特集 PR

『攻殻機動隊ARISE O.S.T.』 CORNELIUSインタビュー

『攻殻機動隊ARISE O.S.T.』 CORNELIUSインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也
2013/11/27

コーネリアスが音楽を担当する『攻殻機動隊』の新シリーズ『攻殻機動隊ARISE』。6月に公開された『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』に続き、『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』の全国劇場上映が11月30日よりスタート、これに合わせてオリジナルサウンドトラックも発売される。『攻殻機動隊』とコーネリアスといえば、アニメと音楽というポップカルチャーにおいて、それぞれが日本を代表する存在であり、その相性は抜群。ミニマルやドローンを基調とした音楽性に加え、エンディングテーマにはsalyu × salyuや青葉市子といった馴染の面々を迎えるなど、コーネリアスワールドが全面に展開されている。さらに、サラウンドシステムが完備された映画館というのは、音の立体的な配置が特色のコーネリアスサウンドを楽しむには、これ以上ない環境と言ってもいいだろう。そこで今回の取材では、『攻殻機動隊ARISE』の音楽制作秘話はもちろん、多様化する再生環境についての見解も含め、小山田圭吾に話を訊いた。

CINRA.NET > 冲方丁が『攻殻機動隊ARISE』で描いた情報化社会の一歩先

物語の世界観に合わせて、空気のように存在する音楽にしたかった。

―これまでの『攻殻機動隊』シリーズはご覧になられてましたか?

小山田:実は、名前しか知りませんでした。僕アニメ自体をそんなに見てなくて、『銀河鉄道999』ぐらいで止まっちゃってるんですよね。って言うのも、『機動戦士ガンダム』のブームに乗り切れなかったところがあって……。それ以前の特撮やアニメはすごく好きだったんだけど。

CORNELIUS
CORNELIUS

―そんな中、今回『攻殻機動隊ARISE』の音楽を手掛けるにあたって、何か監督から要望のようなものはあったのでしょうか?

小山田:監督からは特に何もなくて、最初に会ったときに「自由にやってください」って言われて以来、ほぼ会ってないような感じです。ただ音響監督さんがいて、「このシーンにこんな音楽が欲しい」っていうシートのようなものを用意していたので、それに基づいて曲を作るという作業でした。

―小山田さんの中ではどんなイメージを持って曲作りを進めていったんですか?

小山田:近未来の話なので、「電子音が合うかなあ」みたいなことだったり、あと世界観がちょっと暗めなので、ストリングスのメロディーで情景を煽ったりするよりも、空気のように存在する音楽にしようと思ってましたね。

CORNELIUSと『攻殻機動隊ARISE』がコラボしたドローン再生機「ブッダマシーン」
CORNELIUSと『攻殻機動隊ARISE』がコラボしたドローン再生機「ブッダマシーン」

―CINRAでは『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』のタイミングでシリーズ構成・脚本を担当されている冲方丁さんに取材させていただいたんですけど、そのとき冲方さんは「50分という長いようで短い尺の中で、静かなシーンと激しいシーンがちゃんと入れ子になっているのは、監督・演出の力です」ということをおっしゃっていて。小山田さんの音楽もこのメリハリに大きく貢献しているように感じたのですが、そういった部分は意識されていましたか?

小山田:メリハリっていうのは特に意識してなかったかなあ。ただ、物語によってだいぶ音楽の感じが変わってきますよね。前回はミステリーっぽい話だったから、あんまりビートがないものを作ったし、今回はバトルシーンがよく出てくるので、「動」の音楽を多めにしています。まず映画があって僕はそれに合わせて音楽を作ってるわけだから、静と動は音楽が発注される時点で決まってるのかなって。

Page 1
次へ

リリース情報

CORNELIUS<br>
『攻殻機動隊ARISE O.S.T.』(CD)
CORNELIUS
『攻殻機動隊ARISE O.S.T.』(CD)

2013年11月27日発売
価格:3,000円(税込)
VTCL-60357

1. Opening Title
2. GHOST IN THE SHELL ARISE
3. Surfin' on Mind Waves
4. Breaking Point
5. Instability Mobility
6. Highway Friendly
7. じぶんがいない
8. Confusion Diffusion
9. Self Running Landmine
10. Logicoma Beat
11. Mystic Past in the Mist
12. Encounter An Enemy
13. Action Woman
14. ToughDAF
15. Solid Iced Air
16. 外は戦場だよ
17. In The Shell
18. Star Cluster Collector
19. Ending Title

作品情報

『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』

2013年11月30日(土)から全国劇場で公開
総監督:黄瀬和哉
監督:竹内敦志
原作:士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社)
脚本・シリーズ構成:冲方丁
アニメーション制作:Production I.G
音楽:CORNELIUS
エンディングテーマ:青葉市子 コーネリアス“外は戦場だよ”
声の出演:
坂本真綾
塾一久
松田健一郎
檀臣幸
中國卓郎
上田燿司
中井和哉
沢城みゆき
沢木郁也
藤貴子
配給:東宝映像事業部

プロフィール

CORNELIUS(こーねりあす)

小山田圭吾のソロプロジェクト。1969年東京都生まれ。'89年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後 '93年、CORNELIUS(コーネリアス)として活動開始。現在まで5枚のオリジナルアルバムをリリース。 自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX。プロデュースなど 幅広く活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催