特集 PR

四畳半時代の悔しさをバネにして johannインタビュー

四畳半時代の悔しさをバネにして johannインタビュー

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望
2013/12/18

バンドに関わらず、表現活動をして生きていくには、当たり前のようだが根気がいる。制作や生活のために積み上げる日々のほとんどは地道なものだし、なかなか芽が出ずに、同世代で出世していく周囲の人間と自分のギャップに苦しむことも少なくない。そんな日常の鬱憤がライブで爆発し、まさに祭のようなハレとケのカタルシスを感じさせるバンドが、インストゥルメンタルロックバンド、johann(ヨハン)だ。度重なるメンバーチェンジを乗り越え、ツインドラムの編成になってから初めてリリースしたアルバム『Haiku Days』は、そのエネルギーが凝縮された一枚に仕上がっている。バンドの立ち上げメンバーである佐藤竜市は、紆余曲折を経て納得のいくメンバーに出会えた今、ようやく自分の思い描く音楽を形にすることができる喜びを手に入れたばかり。これまでの葛藤と道のりについて、佐藤に訊いた。

四畳半という狭い空間からいろんなところへ出て行きたい。

―まず気になったのがjohann(ヨハン)というバンド名なんですけど、これは何か由来があるんですか?

佐藤:四畳半っていう意味なんです。名前の響きから「宗教っぽい」って最初は言われますけどね(笑)。バンドのロゴも「四半」という漢字をデザインしているんですよ。

佐藤竜市(johann)
佐藤竜市(johann)

―言われてみるとそう見えてきますね(笑)。実際に四畳半に住んでいたとか?

佐藤:それもありますし、「四畳半という狭い空間からいろんなところへ出て行きたい」っていう思いもあったんですよね。ただ、すぐにうまくはいかなくて、ベースの高橋(勝浩)くんとバンドを結成したはいいけど、メンバーチェンジを繰り返していました。今はツインドラムですけど、最初はドラムもサポートで、しばらく3ピースで活動していましたね。

―その頃から「インストバンド」という形態は考えていたんですか?

佐藤:いや、全然考えていなかったです。最初はボーカルを入れたくてメンバー募集をしていたんですけど、こういう楽曲にボーカル用のメロディーを入れるのが難しくてうまくいかなくて。それで、歌の代わりにギターをフィーチャーした楽曲にしようと思ったんです。

―とすると、徐々にコンセプトも変化してきているのでしょうか?

佐藤:やりたいことのイメージは同じなんですけど、当時は自分の演奏技術や音楽的感性が全然追いついていない状態で。それだと当然他のメンバーにも伝わらないから、思っていたのとは違う曲がいっぱいできちゃっていました。09年にもう1人ギター(松田)を加えた4人編成でセルフタイトルのデモCD-Rをレコーディングするんですけど、その頃にようやく形になってきたと思えましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

johann<br>
『Haiku Days』(CD)
johann
『Haiku Days』(CD)

2013年12月18日発売
価格:1,680円(税込)
TTPM-001

1. japanese wabi sabi tatami pride
2. koyuki
3. haiku days tanka poetry
4. 葉月のクジラ
5. 輝く街
6. oyasuminasai

プロフィール

johann(よはん)

2008年結成のツインドラムインストロックバンド。「TOKYO JAPANESE “WABI SABI”TATAMI PRIDE」という謳い文句を掲げ世界に通じるサウンドを掻き鳴らし続けている。まるで野獣の咆哮のような爆音で郷愁感漂うギターと、ツインドラムとベースから生み出される強靭なグルーヴでオーディエンスをjohannの世界の虜にさせている。まさに今ライブを体感するべきの男性5人組。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど