特集 PR

TAKUTO(about tess)×青木裕(downy、unkie)対談

TAKUTO(about tess)×青木裕(downy、unkie)対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

about tessのTAKUTOと、downy、unkieの青木裕。共に圧倒的なテクニックを誇るギタリストであり、強烈なストイシズムをもった表現者でもある同い年のこの二人、最初の出会いは今から十数年前にさかのぼる。当時はいわゆるポストロックの黎明期であり、TAKUTOはabout tessの前身KULU/KULUとして、青木はdownyとして、近いシーンで活動をし、共演も何度かあったそうだが、実際に二人が言葉を交わしたことはなかったのだという。その後downyが活動を休止し、十年近くの月日が流れた後、共通の知り合いだったギタリストとのセッションで、今度はabout tessのTAKUTO、unkieの青木として再会すると、そこから一気に距離が接近、「良きライバルであり、親友」という関係性を構築していった。

downyが活動を再開し、年末に行われたワンマンライブの興奮も冷めやらぬ中、今度は「新宿歌舞伎町的J-POPインスト」を掲げたabout tessの新作『shining』がリリースされるとなれば、TAKUTOと青木の対談を行うのにこれほどベストのタイミングはないだろう。実際に、対談の内容は表現の本質と向き合う、相当濃いものになったわけだが、それにしてもこの二人、話してみれば話してみるほどよく似ている。そんな相手を見つけられることはとても幸福なことだが、これは決して偶然の出会いではない。共に信念を貫き、攻めの姿勢を崩さなかったからこそ、ようやく掴みとることのできた、必然の邂逅だったのだ。

僕は高校からギターを始めたんですけど、早々に挫折しました。「この世界を相手にするのはあまりにも無謀だ」って自分に言い聞かせてたんです。(青木)

―まずはお二人がそれぞれどのようにギターを始めたのかをお伺いしたいのですが。

TAKUTO:僕は幼稚園から高2までずっとピアノをやってたんですけど、中2のときにクラスメイトと「バンドをやろう」って話になって、楽器屋にキーボードを買いに行ったんです。そのときのことは今でもまざまざと覚えてるんですけど、楽器屋の扉を開けたとこに赤いフライングV(ギター)が置いてあったんですよ。で、それを買いました(笑)。

―キーボードを買いに行ったのに(笑)。

TAKUTO:もちろんギターなんて弾いたこともなかったけど、何か買っちゃったんですよね。これは理屈じゃ説明できないんですけど、ホントに「これだ!」って感じで、出会っちゃったんです。それから十何年、HR/HM(ハードロック / ヘヴィメタル)から入って、その後はポップスを中心にやってたんですけど、僕一回音楽をやめて、3年間ギターを弾いてなかった時期があるんですよ。

―いつ頃の話ですか?

TAKUTO:27歳から30歳までですね。でも、30歳のときに、友達がかけたジャコ・パストリアス(1987年に35歳という若さで亡くなった伝説的ベーシスト)を聴いて、雷が落ちたんです。だから、僕はそれまでずっとポップスとかしか聴いてなくて、ジャズとかテクノとかノイズとかを聴き出したのって、30歳になってからなんですよ。

―今のTAKUTOさんのイメージからすると意外ですね。

青木:でも、僕もdowny始めたの29歳からですからね。それまで会社員でしたし。

―それも意外です(笑)。

青木:僕は高校からギターを始めたんですけど、早々に挫折しました。「この世界を相手にするのはあまりにも無謀だ」って自分に言い聞かせてたんです。ただ、縁があって知人のライブを観に行ったら、音楽に対する情熱が再燃して、それが25歳ですね。それから仕事後にスタジオ入って、明け方まで練習、ちょっと仮眠してまた仕事みたいな生活を5年ぐらい続けたんですけど、それまでまともなバンド経験がなかったんで、まあ大変でした。

―その経験の後に、downyを結成したと。

青木:そうです。会社を辞めていきなりレコーディングってやっぱりわからないことだらけなんですけど、僕最年長だったから、わかんなくても恥ずかしくて聞けないんですよ。だから、壁に当たる度に自分で勉強し直して、次の日にはそれをクリアするっていうのを繰り返して、そのまま今に至るっていう感じですね。

左から:TAKUTO(about tess)、青木裕(downy、unkie)
左から:TAKUTO(about tess)、青木裕(downy、unkie)

27歳までの自分はムーブメント的な音楽に憧れていて、「音楽のようなこと」をやってたんですよね。でも、ジャコ・パストリアスを聴いたときに、やっと音楽そのものに出会ったんだと思うんです。(TAKUTO)

―それほどまでストイックに音楽へ向かうモチベーションっていうのは、どこから来ていたものだったのでしょう?

青木:かっこつけたいんです。絶対人になめられたくない。僕、子供のころいじめを受けてたんです。音楽と出会わなかったら、今生きてるかもわからないぐらいの過去があって、すべてを一瞬で手放すこともできてしまうぐらいの度胸も身についてしまったんです。長い間人を信用してなかったんですけど、25歳で音楽に対する情熱を取り戻してからは生まれ変わって、今はすべてに対して感謝の気持ちを持って生きてますね。

―TAKUTOさんは先ほど音楽から離れていた時期があったとおっしゃってましたが、それはどんな時期だったんですか?

TAKUTO:それまでポップス的な音楽をやってて、「イントロ・Aメロ・Bメロ・サビ・ギターソロ」みたいな定番の感じで作ってたんですけど、ある日そういう作り方にすごく虚無感を感じてしまったんですよね。「何のために音楽をやってるんだろう?」って。そこから急に情熱がなくなっちゃって、ギターも手放して、小説を書いたり、路上で絵を描いたりを3年間やってました。今自己分析をすると、27歳までの自分はムーブメント的な音楽に憧れていて、「音楽のようなこと」をやってたんですよね。でも、ジャコを聴いて改めて始めたときに、やっと音楽そのものに出会ったんだと思うんです。

―お二人ともある程度年齢を重ねた上で、今につながる転機があったんですね。

青木:共感することが多くて驚きました。

Page 1
次へ

イベント情報

『about tess 4th Album "shining" Release Party ONE-MAN!!』

2014年4月27日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 新代田 FEVER
出演:about tess
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

『about tess New Album”shining”先行予約特典FREE LIVE』

2014年3月23日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 新宿 Motion
出演:
about tess
tomy wealth
canooooopy
about tess

『downy 恵比寿LIQUIDROOM ONEMAN』

2014年3月23日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
出演:downy
料金:前売3,500円(ドリンク別)

リリース情報

{about tess<br>
『shining』(CD)
about tess
『shining』(CD)

2014年2月22日(土)発売
価格:1,995円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-016

1. shine
2. prism
3. atom
4. void
5. seer
6. flame
7. prayer
8. mirror
9. dazzling
10. eyes

  • Amazonで購入する
  • downy
    『第五作品集『無題』リミックスアルバム(仮)』(CD)

    2014年3月19日(水)発売
    価格:2,415円(税込)
    felicity cap-195 / PECF-1092

    ・『   』 zezeco remix
    ・赫灼セルロイド ATSUKI remix
    ・曦ヲ見ヨ!Fragment remix
    ・下弦の月 dark reflection version remixed by 石橋英子
    ・時雨前 Taigen Kawabe remix
    ・黒 Olive Oil remix
    ・春と修羅 Geskia remix
    ・雨の犬  YAKENOHARA 303 MIX
    ・燦  SUNNOVA remix
    ・或る夜 mergrim remix
    ・椿   Ametsub remix
    ・十六月 downy
    ・十六月 Fragment remix
    ・時雨前 munnrai remix
    ・時雨前 GuruConnect remix

プロフィール

about tess(あばうと てす)

TAKUTO (G) / KAZUYA (G) / KANZ (B) / MIYA-KEN (B) / TETSURO (D) / DKO (D) ツインドラム+ツインベース+ツインギターという特異な6人編成バンド。延々繰り返えされるリフと重なり合うリズム、即興と構築を並列に置き、肉体の限界から精神の暴走までを体現するライブは「観る」「聴く」というよりは「体感する」もの。

青木裕(あおき ゆたか)

downy、unkieのギタリスト。他にMORRIE(DEAD END)ソロ・プロジェクト、黒夢等様々なプロジェクトに参加。ギタリスト、プロデューサーの他、CDジャケットのアート・ワーク等イラストレーターとしても幅広く活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで