特集 PR

ニコ動文化の今までとこれから DECO*27インタビュー

ニコ動文化の今までとこれから DECO*27インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/03/25

昔からニコ動にいるからこそできることもあるんじゃないかって思いました。

―今回のアルバムは、そのころの自由さをもう一度取り戻したいっていうモチベーションもあったと言えますか?

DECO*27:単純に、似たようなタイプの曲だと面白くないし、みんな飽きちゃうと思ったので、自分ができる曲調のものはどんどん書いていきたいっていう気持ちはありましたね。だから、“おじゃま虫”をたくさん聴いてもらえたことは嬉しくて、昔からニコ動にいるからこそできることもあるんじゃないかって思いました。

―1曲目の“ストリーミングハート”も、歌詞の中に過去曲のタイトルが散りばめられてて、「これまで」っていうのを意識した曲になってますよね。


DECO*27:そうですね。“ストリーミングハート”に『Conti New』っていうアルバムタイトルの意味が詰まってるというか、「弱虫」とか「アイマイ(愛迷)」とか「エゴママ」っていう言葉を歌詞に入れていて、昔の自分を取り入れつつ、先に行くよっていうことを表した曲ですね。

―逆に言うと、今と昔でニコ動の状況が変わったっていうのは、何が一番大きな要因なのでしょう?

DECO*27:「お金」かもですね(笑)。2009年とか2010年っていうのは、いわゆる大人たちがまだあんまり入って来てなくて、自由にやれてる部分があったんですけど、そういう部分が今は薄れちゃったかなって。大人が入ってきてから、聴かれる人とそうじゃない人の差もどんどん開いていっちゃったんですよ。昔は聴く人も作る人も一緒になって応援していくというか、コメント打てるし、Twitterでも絡めるしっていうのがよさだったんですけど。

DECO*27
DECO*27

―デコさんとしては、そこにどう向き合っていこうとお考えですか?

DECO*27:僕はやっぱり曲書きなので、曲で示していきたい。曲を聴いた人に「これホントやりたいことをやったんだろうな」って感じてもらえるかが大事だし、今回のアルバムで言うと“おじゃま虫”とか“たんこぶベイベ”あたりがそういう曲になってるかなって(笑)。ホントに、ファーストアルバム以上に楽しく作れたので、そこは伝わるんじゃないかなって思いますね。


(ミクを)見守ってきたのか、逆に見守られてきたのかって感じですけどね。

―今回の作品は全編初音ミクを使ったアルバムっていうのがポイントで、それは国旗のようなミクカラーのジャケットにも表れてますよね。

DECO*27:去年レコーディングで札幌に行ったんですけど、「札幌と言えばクリプトン(フューチャーメディア / 初音ミクの製造販売元)あるじゃん」と思って、ミクだけでアルバムを作るっていう熱い気持ちを伝えに行ったんです。そのときにもらった名刺が初音ミクデザインで、色だけで表現してるのがかっこいいと思って、このアイデアをもらおうと。なので、国旗は全然イメージしてなかったんですけど……完全に国旗ですよね(笑)。

DECO*27『Conti New』ジャケット
DECO*27『Conti New』ジャケット

―Twitterのアカウントは「バルセロナ」だし、このジャケットはイタリアの国旗っぽいし、「DECO*27って何人?」みたいな(笑)。

DECO*27:名前も日本人じゃないですからね(笑)。

―ニーナだもんね。全体的にヨーロッパ寄りに(笑)。で、アルバムの中でミクについて歌った曲というと、やっぱり“8月31日”で、ミクの誕生日をお祝いする曲になってますね。

DECO*27:これは僕なりのラブソングみたいなものですね。最初からこのタイトルで考えてたので、なんかすごい緊張しちゃって(笑)。ミクっていったらこの日だし、sasakure.UKさんと一緒に作った“39”で5周年のお祝いはさせてもらったけど、DECO*27単体としてはまだお祝いしてあげられてなかったので、書こうと思ったものの、「俺なんかが書いていいのかな?」っていうのもあったり。

―でも、ストレートに思いを綴った、いい曲に仕上がりましたね。

DECO*27:おかげでアルバムが締まる曲になったと思います。アコギの弾き語りと、ピアノが最後にちょっと入ってくるぐらいのシンプルな曲で、ミクが自分で自分に「おめでとう」って言ってるのがちょっと面白いなっていうのはあるんですけど(笑)、これはニコ動にアップしたいですね。それこそ、8月31日に。

―これは改めての質問ですけど、なぜそこまでミクに対する愛着っていうのが生まれたんでしょうか? もちろん、DECO*27が音楽家として活動する上での道筋を作ったっていうのが大きいわけですけど、そこ以外にもポイントがあるんじゃないかなって。

DECO*27:うーん……まあ、可愛いですよね(笑)。ミクがいなかったらDECO*27もなかったっていう硬い話は抜きで言うと、とりあえず「可愛い」っていうのが一番かな。5年も一緒に曲を書いてきてるので、自分ちのミクに対しては、愛着が湧いてる部分がかなりありますね。

DECO*27

―その「可愛い」っていうのは、どういう目線なんでしょう? 例えば、友達なのか、彼女なのか、家族なのか。

DECO*27:娘感がありますね。知り合いのボカロPの家とか行くじゃないですか? ミクのパッケージがポンって置いてあると、すごい変な感じがするんですよ。ちょっとモヤモヤした感じというか……これ、気持ち悪いですね(笑)。

―(笑)。じゃあ、ある意味娘の成長を見守る親の気持ちというか……。

DECO*27:見守ってきたのか、逆に見守られてきたのかって感じですけどね。最初はミクの使い方もわからず、いろいろ試行錯誤しながらボカロ曲を作り始めて、それからいろんなアーティストさんに曲を提供させていただいたり、スタジオワークとかいろんな経験をしてきた上で、今回久しぶりにミクで作ってみたら、昔よりも自分が思う通りに作れるようになってたんです。だからほんと、見守られてもいたのかなって。

―確かに、子を持った親っていうのは、子供から教えられることがホントに多いって言いますもんね。

DECO*27:僕もそんな状況にいるのかもしれないですね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

DECO*27<br>
『Conti New』(CD+DVD)
{DECO*27
『Conti New』(CD+DVD)

2014年3月26日(水)発売
価格:3,000円(税込)
UMA-9033-9034

[CD]
1. ストリーミングハート feat. 初音ミク
2. おじゃま虫feat. 初音ミク
3. 毒占欲feat. 初音ミク
4. Lonely Shit feat. 初音ミク
5. Starlight Girl feat. 初音ミク
6. たんこぶベイベfeat. 初音ミク
7. 大掃除feat. 初音ミク
8. 音偽バナシfeat. 初音ミク
9. アンチビートfeat. 初音ミク
10. 妄想税feat. 初音ミク
11. an feat. 初音ミク
12. 8月31日feat. 初音ミク
[DVD]
1. 「妄想税 feat. 初音ミク」MV
2. 「音偽バナシ feat. 初音ミク」MV
3. 「愛迷エレジー feat. 初音ミク」MV
4. 「大掃除 feat. 初音ミク」 MV
5. 「毒占欲 feat. 初音ミク」MV

プロフィール

DECO*27(でこ にーな)

福岡生まれ、男性。レフティスタイルでキターを奏で、作詞、作曲を手掛ける27歳のアーティスト/プロデューサー。ロックをベースにフォークからエレクロニックミュージックまでを柔軟に吸収したサウンドと印象に残るメロディー、等身大の感情をリアルに、かつ絶妙な言葉遊びを用いて描かれた歌詞が若い世代から絶大な支持を得ている。2013年9月には1年8カ月ぶりとなる新作ボーカロイド曲「妄想税」を発表。活動5周年を迎えたメモリアルイヤーである2013年、自身初となるボーカロイド・ベストアルバムをU/M/A/Aよりリリース。2014年3月には4thアルバム『Conti New(コンティニュー)』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる