特集 PR

ニコ動文化の今までとこれから DECO*27インタビュー

ニコ動文化の今までとこれから DECO*27インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/03/25

個人的には、歌詞が聴こえないんだったら、歌要らないじゃんって感じなんです。

―今回デコさん的にミクを一番上手く歌わせてあげられたなっていう曲を挙げるとすれば、どの曲になりますか?

DECO*27:一番っていうのは難しいですけど……“音偽バナシ”ですかね。サビ終わりのウォーウォー言ってるコーラスは、かなり気合を入れて、それこそ人が歌ってるように聴こえることを意識して調教(ボーカロイドがよりよく聴こえるよう調節すること)したので、この曲は今聴いてもよくやったなって思います。ミクに関しては、歌詞を見なくても全部聴き取れるようにしたつもりではありますね。

―確かに、DECO*27さんの曲は言葉が入ってきやすいですよね。ミクの声を歌として見てる人、サウンドとして見てる人で違ってくるのかなって思うんですけど。

DECO*27:個人的には、歌詞が聴こえないんだったら、歌要らないじゃんって感じなんです。そこはずっと意識してるんですけど、ずっと作業していると自分では判断できなくなるので、友達に歌詞を見せずに聴かせて、「何て言ってるかわかる?」って確認するんです。そうやって、ボーカロイドのことをあまり知らない人が聴いてもちゃんと聴こえるっていうのを大事にしたいと思ってて。

―「ボーカロイドを聴く人の入口になりたい」っていうのはデコさんがずっとおっしゃってることで、そのためにはそこはとても重要ですよね。

DECO*27:そうですね。あと今回、全曲のアレンジをkousさんと一緒にやっていて、彼とは一番最初に『奏愛 -soi-』っていうCDを出したころからの知り合いで、僕のことをちゃんとわかった上でアレンジをしてくれたので、そこもボカロアルバムである『Conti New』のテーマにすごく合ってたと思います。新しい名刺ができたような感じがしてますね。

ニコ動に投稿して、みんなの反応が返ってきて、そこで初めて「完成した」って、安堵感を得られるんですよね。

―昨年の辛い時期を経て、ミクのアルバムを完成させて、今は達成感が大きいですか?

DECO*27:僕の場合は、収録曲が全部ニコ動に上がったときに、アルバムが完成したって実感できるのかなって思います。ずっとニコ動にアップしてる身なんで、マスタリングが終わったときももちろん達成感はあるんですけど、まだウズウズしちゃうっていうか、ニコ動に投稿して、みんなの反応が返ってきて、そこで初めて「完成した」って、安堵感を得られるんですよね。

DECO*27

―なるほどなあ。それってボカロPの人共通の感覚なんですかね? 他の人とそういう話したことあります?

DECO*27:いや、したことはないですけど、みんな同じことを思ってるんじゃないかなあ。ライブに例えると、ニコ動に公開するのが本番で、それまではリハーサルみたいな感覚というか。アルバムが出るときって、まずトラックリストが公開されて、知らない曲がいっぱい入ってると嬉しいじゃないですか?

―うん、新曲がいっぱい聴けるってことだもんね。

DECO*27:僕も聴く側としてはそうだと思うんですけど、ニコ動に上げてる身としては、全部上げたくなっちゃうんですよ(笑)。

―アルバムまでとっておきたいけど、すぐに反応も知りたい。悩ましいですね(笑)。

DECO*27:ホント、悩ましいんですよ(笑)。結局今回もアルバムの前に半分くらい上がっちゃうんですけど、「ニコ動で聴けるんだったら、アルバム買わなくてもいいじゃん」と思ってる人に、お金出して買ってもらえるようにするためにも、もっとたくさんいい曲を作らなきゃって思いますね。

―リスナーとしてのデコさんはどっち派なんですか? 例えば、FOSTER THE PEOPLEお好きですよね? もうすぐ新作出ますけど、アルバムで聴きたいですか? それとも、新しい曲はどんどんアップしてほしい?

DECO*27:基本シングルカットは聴かないようにしてます。iTunesでプリオーダーして何曲かダウンロードできても、それは聴かないで、アルバムが聴けるようになってからすぐにまとめて聴きます(笑)。

―リスナーとしては、アルバムという単位で楽しみたいと。

DECO*27:だから、自分の中でちょっと矛盾してて、そこは葛藤もあるにはあるんですよね。

―でも、いろんな選択肢があって、聴き手が選べるっていう状態が一番いいですよね。デコさんが月1で曲をアップするのを今か今かと待ってる人もいれば、アルバム出るまで聴かないっていう人もいるのかもしれないし。

DECO*27:いました、いました。「新曲聴きたいですけど、アルバムが出るまで楽しみにしておきます」って。そう言ってくれる人がいるのもすごく嬉しいことで、身が引き締まりますね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

DECO*27<br>
『Conti New』(CD+DVD)
{DECO*27
『Conti New』(CD+DVD)

2014年3月26日(水)発売
価格:3,000円(税込)
UMA-9033-9034

[CD]
1. ストリーミングハート feat. 初音ミク
2. おじゃま虫feat. 初音ミク
3. 毒占欲feat. 初音ミク
4. Lonely Shit feat. 初音ミク
5. Starlight Girl feat. 初音ミク
6. たんこぶベイベfeat. 初音ミク
7. 大掃除feat. 初音ミク
8. 音偽バナシfeat. 初音ミク
9. アンチビートfeat. 初音ミク
10. 妄想税feat. 初音ミク
11. an feat. 初音ミク
12. 8月31日feat. 初音ミク
[DVD]
1. 「妄想税 feat. 初音ミク」MV
2. 「音偽バナシ feat. 初音ミク」MV
3. 「愛迷エレジー feat. 初音ミク」MV
4. 「大掃除 feat. 初音ミク」 MV
5. 「毒占欲 feat. 初音ミク」MV

プロフィール

DECO*27(でこ にーな)

福岡生まれ、男性。レフティスタイルでキターを奏で、作詞、作曲を手掛ける27歳のアーティスト/プロデューサー。ロックをベースにフォークからエレクロニックミュージックまでを柔軟に吸収したサウンドと印象に残るメロディー、等身大の感情をリアルに、かつ絶妙な言葉遊びを用いて描かれた歌詞が若い世代から絶大な支持を得ている。2013年9月には1年8カ月ぶりとなる新作ボーカロイド曲「妄想税」を発表。活動5周年を迎えたメモリアルイヤーである2013年、自身初となるボーカロイド・ベストアルバムをU/M/A/Aよりリリース。2014年3月には4thアルバム『Conti New(コンティニュー)』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる