特集 PR

常にハイクオリティ? 人知れず苦悩してきた大橋トリオの本音

常にハイクオリティ? 人知れず苦悩してきた大橋トリオの本音

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/03/04

「もう出尽くした」と思ってても、誰もがいいと思うものすごい名曲がパッと世の中に出てくるんですよ。

―そもそも大橋トリオっていうのは、作曲家である大橋好規のシンガーソングライタープロジェクトであり、自分で歌を歌うことや、アーティストとして表立った活動をすることは得意じゃないと自認しながらも、でもそれを楽しんでいたわけですよね。ただ、それがいつの間にか重荷になってきてしまっていたということでしょうか?

大橋:そういう面もなくはないですよね。まあ、アーティスト活動をすること自体がすこし重荷に感じてきたというか……またリアルな話ですけど、世間との温度感の差っていうのがすごくきついなって。「もうちょっと音楽を聴いてくれないかな?」っていうか、「もっといい音楽あるぜ」っていう。果たして、自分がそういう温度差を感じながら音楽を続けて、「どうなっていくのかな?」っていうのもよく考えるし。

―確かに、いい音楽を作っても、それが認められる土壌自体がなかったとしたら、それはとても苦しいことですよね。

大橋:ただ、そういう中でも、誰もがいいと思うものすごい名曲ってパッと出てくるんですよ。キャッチーで、ポップで、かっこよくて、しゃれてる。「もう出尽くした」と思ってても、パッと「新しいの来たな」って思うときはあって、だから希望はまだあるなって思うし、同時に「やられた!」とも思いますね。日本だとなかなかそういう曲に出会うことってないんですけど。

―最近だと誰の曲に「やられた!」って思いました?

大橋:ファレル・ウィリアムス。あの人はすごいですよね。

―ああ、なるほど。先日の『グラミー賞』ではDAFT PUNKと共演してましたけど、あれもすごかったですよね。DAFT PUNKのステージからは、フランス人としてのアイデンティティーを保ちつつ、アメリカ人を見事に魅了したっていう意味で、日本人のアーティストにもまだまだやれることがあるんじゃないかっていう、ある種の希望も感じました。

大橋:まあでも、彼ら自身は歌ってないからなあ(笑)。個人的には、DAFT PUNKよりも、ファレル・ウィリアムスの“HAPPY”の方が全然好きですね。

ちゃんとかっこいいことをやって、大衆受けすることもあるんだって再認識できたから、自分もそこを目指すべきだなってことですよね。そのためには、精一杯あがいていくつもりです。

―ロック色の強い『plugged』を出して、昨年は『SUMMER SONIC』だったり、『ROCK IN JAPAN FES』だったり、いわゆるロックフェスへの出演も多かったですよね。そういう中で何か感じることもありましたか?

大橋:でもね、やってることは実はこれまでとあんまり変わらなくて、“マチルダ”っていうリードトラックが突出してたと思うんですけど、ああいう他にないことをやらない限りは、普段とやってることはそんなに変わらなかったんですよ。ロックアルバムとはいえ、わりとミディアムな曲が多いし、サウンドがロックなだけで。だから、サウンドもそうだし、あとはテンポ感とか、そういうところから攻めるってことを次はしようかなって思ってます。

―さっき「やりたいこと」と「やるべきこと」っていう話がありましたが、あくまで「やりたいこと」をやった上で、J-POPのアーティストとして「やるべきこと」、つまりは「求められること」であったり、平たく言ってしまえば「受けること」、そこを突き詰めようとしているわけですね?

大橋:うん、それをやらないと道はないなって思います。13枚出したので、また同じことをやってもしょうがないし、ひたすら同じことをやり続ける美学もあるかもしれないけど、自分はそれだと満足できない。やるからには一人でも多くの人に聴いてほしいし、ファレル・ウィリアムスを例に出すのはちょっとあれだけど、ちゃんとかっこいいことをやって、大衆受けすることもあるんだって再認識できたから、自分もそこを目指すべきだなってことですよね。そのためには、精一杯あがいていくつもりです。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『ohashiTrio HALL TOUR 2014』

2014年3月16日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

2014年3月29日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:福岡県 福岡 福岡市民会館

2014年4月6日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:広島県 広島 南区民文化センター

2014年4月12日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:宮城県 宮城 仙台市青年文化センターシアターホール

2014年4月19日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:石川県 金沢 金沢市文化ホール

2014年4月29日(火・祝)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪府 大阪 オリックス劇場

2014年5月9日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 NHKホール

料金:各公演 5,800円

リリース情報

大橋トリオ<br>
『大橋トリオ -スタンダードベスト-』(CD)
大橋トリオ
『大橋トリオ -スタンダードベスト-』(CD)

2014年3月5日(水)発売
価格:2,100円(税込)
RZCD-59514

1. Baumkuchen(featuring ohashiTrio)
2. Happy Trail
3. そんなことがすてきです
4. A BIRD
5. Winterland
6. HONEY
7. トリドリ
8. ゼロ
9. Bing Bang
10. モンスター feat.秦 基博
11. マチルダ
12. サクラ
13. Seven Days
14. 世界で一番幸せ者になれ
15. KOE

大橋トリオ<br>
『大橋トリオ -スタンダード&バラードベスト-』(2CD)
大橋トリオ
『大橋トリオ -スタンダード&バラードベスト-』(2CD)

2014年3月5日(水)発売
価格:3,150円(税込)
RZCD-59512

[DISC1]
1. Baumkuchen(featuring ohashiTrio)
2. Happy Trail
3. そんなことがすてきです
4. A BIRD
5. Winterland
6. HONEY
7. トリドリ
8. ゼロ
9. Bing Bang
10. モンスター feat.秦 基博
11. マチルダ
12. サクラ
13. Seven Days
14. 世界で一番幸せ者になれ
15. KOE
[DISC2]
1. Colors
2. Cryin’
3. Dearest Man
4. JURADIRA
5. 赤い傘
6. Shine
7. 君は雨
8. Lady
9. 月の裏の鏡
10. 生まれた日
11. わすれない
12. 窓 feat.矢野顕子
13. サヨナラの雨
14. 小さな家

大橋トリオ<br>
『大橋トリオ -デラックスベスト-』(3CD+DVD)
大橋トリオ
『大橋トリオ -デラックスベスト-』(3CD+DVD)

2014年3月5日(水)発売
価格:5,565円(税込)
RZCD-59509

[DISC1]
1. Baumkuchen(featuring ohashiTrio)
2. Happy Trail
3. そんなことがすてきです
4. A BIRD
5. Winterland
6. HONEY
7. トリドリ
8. ゼロ
9. Bing Bang
10. モンスター feat.秦 基博
11. マチルダ
12. サクラ
13. Seven Days
14. 世界で一番幸せ者になれ
15. KOE
[DISC2]
1. Colors
2. Cryin’
3. Dearest Man
4. JURADIRA
5. 赤い傘
6. Shine
7. 君は雨
8. Lady
9. 月の裏の鏡
10. 生まれた日
11. わすれない
12. 窓 feat.矢野顕子
13. サヨナラの雨
14. 小さな家
[DISC3]
1. 贈る言葉
2. traveling
3. I’m yours
4. Dreams
5. Angel
6. You gotta be
7. KiSS OF LIFE
8. Gracekelly
9. ラブリー
10. LA LA LA LOVESONG
11. ラストシーン
12. 風の谷のナウシカ
13. Water is wide
[DVD]
1. Baumkuchen(PV)
2. Dearest Man(PV)
3. Happy Trail(PV)
4. A BIRD(PV)
5. Winterland(PV)
6. HONEY(PV)
7. モンスター feat.秦 基博(PV)
8. Be there feat.BONNIE PINK(PV)
9. ラブリー(PV)
10. フラワー(PV)
11. 東京ピエロ feat.平井堅(PV)
12. マチルダ(PV)
13. 世界で一番幸せ者になれ(PV)
14. Carnival(LIVE)
15. 月の裏の鏡(LIVE)
16. ゼロ(LIVE)
17. 真夜中のメリーゴーランド(LIVE)
18. MAGIC(LIVE)
19. トリドリ(LIVE)
※初回生産分のみ紙ジャケット仕様

プロフィール

大橋トリオ(おおはしとりお)

2009年5月にミニ・アルバム『A BIRD』でメジャー・デビューを果たす。同年5月には第一回となる、CD SHOP大賞にて準大賞を授賞。メジャーデビュー盤となった『A BIRD』はFM20局パワープレイ、CS音楽チャンネル3局パワープレイ獲得など各地で話題なりスマッシュヒットを記録。続いて11月にはメジャー1st albumとなる『I Got Rhythm?』をリリース。2010年の夏は、各地のフェスにも多数出演を果たす。2014年3月5日、初ベストアルバムを3形態同時リリースする。<

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも