特集 PR

今必要な笑いとは? いとうせいこうがジャック・タチ作品を語る

今必要な笑いとは? いとうせいこうがジャック・タチ作品を語る

インタビュー・テキスト
さやわか
写真提供:永峰拓也

『ぼくの伯父さん』シリーズで一世を風靡した、フランスを代表する映画監督であり喜劇役者、ジャック・タチ。ヨレヨレの帽子につんつるてんのズボンを履き、ステッキを使って前のめりに歩く「ユロ伯父さん」をタチ自身がコミカルに演じる姿は、世界中から愛され、映画史に残るキャラクターとなっている。そんなタチが晩年、自らの集大成として巨額の制作費を投じた超大作『プレイタイム』を制作したことをご存知だろうか? ガラスの超高層ビルや空港、博覧会場、アパートなどの街をまるごと(!)巨大なセットで作り、文字通り全身全霊を捧げたこの作品のおかげで晩年破産に追い込まれることになったわけだが、今でも少なくないファンから語り継がれている傑作である。

そんな『プレイタイム』を偏愛的に支持する一人が、いとうせいこう。学生時代から芸人として台頭し、俳優、ラッパー、司会、小説家とマルチな才能を発揮しているが、そんないとうは、なぜタチ作品に惹かれるのか? 彼の口から語られる「タチ愛」から、タチが人生をかけて描き続けたテーマが浮き彫りになっていったのだが、そんなタチの映画は今の時代を生きる人にこそ観られるべきであろう。

テレビの画面が大きくなって、解像度が上がった今こそ、ジャック・タチが作品の中で何をやろうとしていたかわかるんじゃないかと思います。

―以前いとうさんは、ジャック・タチ作品について「『プレイタイム』は、マルクス兄弟、モンティ・パイソンより笑える、人類史上最高の喜劇映画」とおっしゃっていましたが、いとうさんがそこまでタチの作品に魅力を感じるのはなぜでしょう?

いとう:ジャック・タチは、日本で一時期ものすごくおしゃれなものとして受け入れられたし、実際どんな映画にも負けないおしゃれさがあるんですよ。

いとうせいこう
いとうせいこう

―『ぼくの伯父さん』シリーズが人気を集めた頃は、そういう側面が強かったですよね。

いとう:そう。ただ、逆に言うとそれ以外の部分はあんまり評価されてなかった。というのも、ジャック・タチの映画って、ギャグが何度もリフレインして重層的な構造になっていたり、なんだか子どもっぽい笑いを見せるんですよね。しかもタチは、「ここが笑いどころだ」という撮り方を絶対にしないんです。画面の奥の方で、勝手に変なギャグをやってニヤニヤしているような感じで、1シーンあたりの情報量が多い。これは特に後期の作品になればなるほど、そうだと思う。だから実はテレビの画面が大きくなって、解像度が上がった今こそ、タチが作品の中で何をやろうとしていたかわかるんじゃないかと思います。

―画面のあちこちで、同時多発的にいろんなギャグをやっているということですか?

いとう:そうですね。必ず画面の前景に主役がいて、そこに意識を集中しなきゃいけない映画って、疲れるじゃないですか。でもタチの場合は、画面のあちこちにできごとが起こっているから、好きなところを見て楽しめる。つまり、観る人の数だけジャック・タチの世界があるようなものなんですよ。例えば、あるシーンで、ある人は掃除をしているおじさんを見ていたとしても、別の人は尼さんの頭を見ていたりする。まあ、それがジャック・タチの怖さでもあるんですけどね。彼は1つのものに集中できないというか、世界全体を冷たく、等距離で見ている。そういう病的なものを感じます。

いとうせいこう

―それはタチが、世界全体を俯瞰的に、すべて滑稽なコメディーのようなものだと思って見ているということになるでしょうか?

いとう:そう。だけど、「世の中って見方を変えると、こんなに面白いよね」っていう、わかりやすさはないんですよ。そういう温かい気持ちで観る人がいてもいいんだけど、たぶん彼自身は、世界を実感のない夢のようなものとして捉えている。今回のジャック・タチ映画祭では『フォルツァ・バスティア'78 祝祭の島』という短編が国内では初公開されるけど、あれもコルシカ島にあるサッカーのチームが、FIFAのチャンピオンになるかならないかの試合をやるという内容のドキュメンタリーを撮っていて、そんな熱狂的な内容なのに異様な冷たさで撮ってるんだよね。熱狂の中で、タチだけはすごくフラットに状況を見ていて、その場面の中にある異様なものに集中している感じ。

Page 1
次へ

イベント情報

『ジャック・タチ映画祭』

2014年4月12日(土)~5月9日(金)
会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品:
『プレイタイム』(監督:ジャック・タチ)
『ぼくの伯父さん』(監督:ジャック・タチ)
『トラフィック』(監督:ジャック・タチ)
『パラード』(監督:ジャック・タチ)
『のんき大将 脱線の巻【完全版】』(監督:ジャック・タチ)
『郵便配達の学校』(監督:ジャック・タチ)
『ぼくの伯父さんの休暇』(監督:ジャック・タチ)
『ぼくの伯父さんの授業』(監督:ジャック・タチ)
『フォルツァ・バスティア'78/祝祭の島』(監督:ソフィー・タチシェフ、ジャック・タチ)
『家族の味見』(監督:ソフィー・タチシェフ)
『陽気な日曜日』(監督:ジャック・ベール)
『乱暴者を求む』(監督:シャルル・バロワ)
『左側に気をつけろ』(監督:ルネ・クレマン)
※公開プログラムはオフィシャルサイト、劇場を参照

CINRA.STOREで取扱中の商品

ジャック・タチ<br>
マグカップ「ジャック・タチ映画祭開催記念オリジナルマグカップ」
ジャック・タチ
マグカップ「ジャック・タチ映画祭開催記念オリジナルマグカップ」

価格:1,944円(税込)
フランス映画界に燦然と輝く異才、ジャック・タチ!

プロフィール

いとうせいこう

俳優、小説家、ラッパー、タレントとさまざまな顔を持つクリエーター。雑誌『ホットドッグ・プレス』の編集者を経て、1980年代にはラッパーとして藤原ヒロシらとともに最初期の日本語ヒップホップのシーンを牽引する。その後は小説『ノーライフキング』で小説家としてデビュー。独特の文体で注目され、ルポタージュやエッセイなど多くの著書を発表。執筆活動の一方で宮沢章夫やシティボーイズらと数多くの舞台・ライブをこなすなど、マルチな活躍を見せている。近年では音楽活動も再開しており、口口口やレキシ、Just A Robberなどにも参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)