特集 PR

Vampillia(リーダー、真部脩一)×world's end girlfriend

Vampillia(リーダー、真部脩一)×world's end girlfriend

インタビュー・テキスト
金子厚武

彼の場合は「こういう音楽が聴きたい」っていう好奇心だけがあって、本人は作曲や楽器ができないから自由にイメージだけをメンバーにバンバン言って形にしていくのが面白い。(WEG)

―リーダーがもともとWEGのファンだったこともあり、WEGさんはVampilliaを結成当初からご覧になってたそうですね。

WEG:彼は異常に音楽が好きで、まあ音楽オタクで、そういう様々な音楽を聴いた上で自分の好きな音楽を作ろうとしてるのはわかったんだけど、最初の頃は本人も作曲や楽器ができるわけでもないし、メンバーも特にスキルあるわけでもないから、ただのスカムだなあと思ってた(笑)。メンバーも結構出入り激しいから、「そのうち解散すんのかな?」とか思いながら見てたんだけど、意外に続いていって(笑)、何年も続いてるうちにだんだん良くなってきて。

リーダー:僕ら的には変わったつもりまったくないんですけどね(笑)。

WEG:彼の場合は「こういう音楽が聴きたい」っていうシンプルな好奇心だけがあって、本人は作曲や楽器ができないから自由にイメージだけをメンバーにバンバン言ってなんとか形にしていくのが面白くて。いわゆるバンドマン的「オレがオレが」感がないというか。音楽へのシンプルな好奇心がちゃんと形になってるというか。

―リーダーとメンバーとはどういう関係性なんでしょうか?

リーダー:メンバーって、頼もしい人たちでいてほしいじゃないですか? 真部くん、吉田(達也)さんや竜巻(太郎)さんは頼もし過ぎるんですけど、前からいた人らは家族、というか中高一貫校のクラスメイトと一緒のようなもので、情けないやつらにしか見えないんですよ(笑)。

―疑似家族みたいな感覚はありますか?

真部:いや、コミューンな感じはまったくないですね。派閥嫌いだし(笑)。

リーダー:うん、メンバーそんなに仲良くないんで(笑)。

Vampilliaのライブ風景
Vampilliaのライブ風景

―だとすると、どういう集団なんでしょう? 最近はアメリカツアー中にネタ動画みたいのをアップしてたりとか、何とも捉えどころがないなって(笑)。

真部:僕が見る限りでは、ああいう内輪ノリにですね、リスナーやメディアを巻き込むつもりが1ミリもないんですよ(笑)。でもその方が、規模の大きい内輪ノリをするっていうのより全然健全だと思うんです。

―今って内輪を広げていくことがかっこいいことっていう風潮がありますよね。

真部:結局大規模の内輪ノリって、中心の人たちのコスプレになっていっちゃうわけじゃないですか? たとえばヒップホップが日本に輸入されてきても、「ネイバー、ネイバー」って言ってるのはB-BOYの恰好した人たちだけみたいな。そういう中でVampilliaが面白いのは、こういう音楽をやっていながら、アーティスティックな感じがないんですよ(笑)。周りを見渡せば、「音楽を作ることで救われてきた」とか「呼吸することと、音楽を作るのは同じ」みたいな、アーティスティックなアティチュードの人がいっぱいいる中で、「そうじゃなくても音楽が作れる」っていうのは、このバンドの面白さかなって。

リーダー:アーティストって、他の人から認知されるものであって、自分で自分をアーティストって言うものではないんじゃないかなって。

―アーティスティックであることを自認することの是非って、WEGさんはどう思いますか?

WEG:どっちでもいいかな。まあ、自認してる人は大抵アーティストになりたいと憧れてるだけってのがほとんどで。実際にアーティストな人は自認するまでもなく、そのままというかその在り方でしかいれないって感じですよ。

ドイツ在住のNadjaとのコラボ曲

「海外で受けたい」っていうのはあっても、「日本らしくありたい」っていう考え方は嫌いですね。「和っぽいもの」とか、そういう考えは全然なくて、「他にないもの」とか「これは自分が作らないといけない」っていう感じです。(リーダー)

―これまでのVampilliaは海外のレーベルからのリリースが多くて、ある種逆輸入みたいなイメージもあるのですが、これは意図的なものだったのでしょうか?

リーダー:最初から海外しか考えてなかったんですよ。日本って海外の後追いが多いじゃないですか? でもWEGとかTHA BLUE HERBは日本で生まれた新しいものやと思ってて、自分もそういう新しいことをやりたいと思ってバンドを始めた中で、聴いてほしい層が最初から海外だったんです。

Vampilliaのライブ風景
Vampilliaのライブ風景

―海外に向けるにあたって、「日本らしさ」みたいな意識はあったのでしょうか?

リーダー:「日本らしくありたい」っていう考え方は嫌いですね。だから「和っぽいテイストにしよう」とかって考えは全然なくて、「他にないもの」とか、「これは自分が作らないといけない」っていう感じです。

―真部さんは海外で活動するVampilliaをどう見ていたのでしょうか?

真部:ずっと羨ましかったというか、僕は何となく自分の意図してないところで「クールジャパン枠」に入れられた感じがあって(笑)。しかも、それすら成功してない感じだったのに対して、Vampilliaはクールジャパンとはまったく関係なく、海外でいちからシーンを作ろうとしてる感じがすごいなって思ったし、悔しかったですね。誰も触れたことがなくて、でも誰が聴いてもクールだと思うものに挑戦してる感じはすごくあったと思います。

―真部さんの仕事が「クールジャパン枠」に入れられるのは、ちょっと違和感があったと。

真部:違和感はありました。まあ、そこから全然違う方向に行けるとは思ってたんですけど、それを上手く、かっこよく見える形でやってたのがVampilliaだったんですよね。でもやっていたことは近いというか……こう言うとおこがましいんですけど、コラージュに近いというか、ありえない組み合わせで作ったり、外しがあったり、削ぎ落としたり、付け加え過ぎたり(笑)、アプローチの仕方は抽象的に考えると近いかなって。ただ、Vampilliaのセンスに圧倒されました。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『Virgin Babylon Night 2』

2014年5月4日(日・祝)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble
Go-qualia
Vampillia
bronbaba
BOOL
料金:特別チケット3,800円 前売チケット4,000円 当日4,500円(全てドリンク別)

『いいにおいのするはじめてのレコ発』

2014年6月6日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
Vampillia
Vampillia bombs 戸川純
Vampillia bombs BiS
and more
料金:前売3,500円 当日4,000円 (共にドリンク別)

リリース情報

Vampillia<br>
『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』(CD)
Vampillia
『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』(CD)

2014年4月23日(水)発売
価格:2,376円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-018

1. my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness
2. ice fist
3. hiuta
4. seijaku
5. storm of the snow
6. anata ni kakaru niji
7. draumur
8. von
9. tui

Vampillia<br>
『the divine move』(CD)
Vampillia
『the divine move』(CD)

2014年4月9日(水)発売
価格:2,376円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-019

1. lilac(bombs 戸川純)
2. mirror mirror(bombs BiS)
3. endless summer 2014(feat. ツジコノリコ)
4. tasogare(feat. 長谷川裕倫)
5. good religion(feat. Mick Barr)
6. dizziness of the sun(feat. ツジコノリコ)
7. oops i did it again(bombs BiS)
8. endless (massaka)summer 2014(feat ツジコノリコand真部脩一)
9. lilac bombs 戸川純(perfect ending ver)

プロフィール

Vampillia(ゔぁんぴりあ)

大阪を拠点としている十数人からのメンバーからなるブルータスオーケストラ。国内のみならず海外でのリリースやライブ活動も活発に行っている。本国内からのライブなどのオファー、お待ちしております。

world's end girlfriend(わーるず えんど がーるふれんど)

1975年11月1日 かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した長崎県の「五島列島」に生まれ10歳の時に聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲をはじめる。2000年デビュー。アジア、EU、USツアーなどを行い『ATP』『Sonar』など各国フェスにも出演。映画「空気人形」の音楽を担当し2009年カンヌ映画祭や世界中で公開された。2010年『Virgin Babylon Records』を設立し「SEVEN IDIOTS」をワールドワイドリリース。圧倒的世界観を提示しつづけている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施