特集 PR

心地の良い暮らしについて考える 建築家・中村好文インタビュー

心地の良い暮らしについて考える 建築家・中村好文インタビュー

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

環境問題に対して、大きな運動を組織するんじゃなくて、一人ひとりが自覚して問題を解決するほうが力になると思った。

―そろそろ展示の話を。金沢21世紀美術館での個展は、昨年TOTOギャラリー・間で開催した『小屋においでよ!』の巡回展になるわけですが、展示内容に大きな変化はありますか?

中村:展示空間が違いますから、展示方法も違います。TOTOギャラリー・間はビルの中なので天井高が低めですが、金沢21世紀美術館は天井高が6メートルあって自然光が降り注ぐ空間なので、それを最大限に活かした展示にしました。小屋そのものはガラスの壁で囲まれた光庭に建てましたが、ちょっと、ショウケースに入れたような展示効果があります。

金沢21世紀美術館『中村好文 小屋においでよ!』『Hanem Hut』部分
金沢21世紀美術館『中村好文 小屋においでよ!』『Hanem Hut』部分

―『小屋においでよ!』で展示されている作品『Hanem Hut』もそうですが、中村さんは自給自足をテーマにした作品を作られていますよね。2004年に長野県・浅間山の麓に建てた『Lemm Hut』は、電線、電話線、上下水道管、ガス管が繋がれておらず、そんな生活をご自身で実験するための小屋でした。

中村:自給自足というテーマは20年くらい前からずっと考えていたんですけど、1989年に、デザイン評論家の柏木博さんがディレクションした『ラスト・ディケイド1900』という展覧会に参加したのがプロジェクトのきっかけになりました。「あなたたちは20世紀最後の10年をどうやって暮らしますか?」というテーマの展覧会でしたが、風と太陽で電気を起こして、雨水を貯めて飲料水にして暮らす小屋の計画を模型で出品したんです。1980年代は地に足のつかない狂乱のバブル時代で、壮大な無駄使いがイヤでしょうがなかったんですよね。

―石油の枯渇やオゾン層の破壊などが社会問題になっていましたよね。

中村:でも、そのことに対する危機感を声高に表明し、運動体を組織して活動していくより、僕としては一人ひとりが自覚して実践していくほうが力になると思うし、僕の性にも合っているんです。『Lemm Hut』は自分の性に合った実践でしたし、発信の仕方をしたつもりです。今年でちょうど10年が経つんですが、もうすぐ土地の借用期間が終わるのでお返しして、お隣の土地に今回の展示で作った『Hanem Hut』を移築する予定です。今度は究極の一人暮らしの小屋です。

金沢21世紀美術館『中村好文 小屋においでよ!』『Hanem Hut』部分
金沢21世紀美術館『中村好文 小屋においでよ!』『Hanem Hut』部分

―実際に10年暮らしてみていかがでしたか?

中村:簡素な暮らしは身軽でいいし、不便や不自由はそれなりに楽しいことに気づきました。それから、人間に本来備わっている潜在的な生活者の能力が呼び覚まされることにも気づきました。たとえば、お茶を飲もうと思っても、ガスがないから、まず炭を熾さなければならない。早く炭に着火させるためには、「燃焼」という自然現象についてよくわかっていないといけない。紙につけた火を小枝に移して、炭を効率の良い向きに置いて、とか。どうやったら一番早く熾せるか、いろいろ知恵を絞るわけです。

―生活の知恵ですね。

中村:そう。だいたいあそこに行くと大工仕事をしているか、料理作ってるとか、お酒を飲んで寝るかぐらいしかできない(笑)。けっこう忙しいんです。しょっちゅう頭と身体を使って、知恵を呼び覚ますというか。都会の生活ではそういうことってあまりない。ガスも電気もスイッチを入れればいいわけだし、「もうすぐ、お風呂が沸きます」ってしゃべるボイラーも自宅でも使っているけど(苦笑)、僕はああいうことが全然良いことだと思えない。便利な生活に慣れきってしまっているから、たとえば東日本大震災が起きて、電気が使えなくなったときに本当に手足がもぎとられたみたいになって、なんにもできなくなってしまう。

金沢21世紀美術館『中村好文 小屋においでよ!』『Hanem Hut』内部
金沢21世紀美術館『中村好文 小屋においでよ!』『Hanem Hut』内部

―ええ。

中村:建築もそうなんですけど、僕が展覧会を開いたり、本を書いたりするのも、ある種の不自由さを受け入れることで人間本来の知恵が呼び覚まされることを、それとなく伝えたいからなんです。ソローや古今東西の小屋を見て面白がってくれてもいいし、そこに人の生き方の根本を見出してくれてもいい。ある意味での文明批判というか、現状への批判と受け取ってもらってもいい。裏側にはいろんなテーマがあるんです。鴨長明も世捨て人のような生活をして、俗世にまるで興味がなかったような印象があるけど、『方丈記』という名著を書いたわけだから、言いたいことはいっぱいあったんですよね。世捨て人のふりをして強烈な発信をしていたんです。

―中村さんも言いたいことがいっぱいあるんですね。

中村:反対運動を組織して先頭に立って旗を振る気はないです(笑)。でも、若い夫婦が僕の本を読んで住宅の設計を依頼してくれたり、TOTOギャラリー・間での展示に大勢の人が見学に来てくれたことを考えると、僕の考え方や生き方に共感してくれる人がいるんだなと思います。サイレントマジョリティーというか、静かではあるけれど、けっしてマイノリティーではない。そのことを嬉しく思います。

―中村さんは映画監督の伊丹十三さんに大きな影響を受けたそうですが、伊丹さんも自分らしく生きようとした人ですよね。

中村:二十歳前から伊丹さんのエッセイの大ファンだったんです。『ヨーロッパ退屈日記』『女たちよ!』『問いつめられたパパとママの本』。その3冊が僕にとっては一種の聖書みたいな存在で、若い頃は暗記するほど読みました。

―中村さんとの間に共通点はあると思いますか?

中村:共通点というよりは共感し、学ぶところが多かった。たとえば、ユーモアのセンスや文体やイラストはもちろんですが、背筋を伸ばし、自分を信じて自分らしく生きること、なんかがそうですね。また、彼のお父さんの伊丹万作さんが書いた「才能というのは1つのことを愛し続ける能力だ」という意味の文章があって、その文章に救われた気がします。建築家としての才能に自信はなかったけれど、1つのことを愛することにかけては自信があったからです。それを才能と呼んでいいなら、僕には人には負けない自信がありましたから。

Page 3
前へ

イベント情報

『中村好文 小屋においでよ!』

2014年4月26日(土)~8月31日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 長期インスタレーションルーム、光庭
時間:10:00~18:00(金・土曜は20:00まで)
休場日:月曜(休日の場合は翌平日、ただし7月21日、8月11日は開場)
料金:無料

『Hanem Hut』内部公開
展覧会会期中の土・日曜14:00~18:00
会場:石川県 金沢21世紀美術館 光庭
料金:無料(要予約、当日13:00より予約受付)

つのだたかし
『小屋に捧げるリュートの夕べ』

2014年5月31日(土)19:00~20:00
会場:石川県 金沢21世紀美術館 光庭(雨天の場合は館内別会場)
料金:無料

『職人衆、Hanem Hutを語る』
2014年6月14日(土)14:00~16:00(開場13:45)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 レクチャーホール
定員:先着80名(予約不要)
料金:無料

中村好文×皆川明対談
『小屋から学ぶこと』

2014年8月2日(土)14:00~16:00(開場13:45)
会場:石川県 金沢21世紀美術館 シアター21
定員:180名
料金:1,000円

プロフィール

中村好文(なかむら よしふみ)

1948年千葉県生まれ。武蔵野美術大学建築学科卒業。宍道建築設計事務所勤務の後、都立品川職業訓練所木工科で家具製作を学ぶ。吉村順三設計事務所に勤めた後、1981年にレミングハウス設立。日本大学生産工学部建築工学科教授。1987年『三谷さんの家』で『第1回 吉岡賞』受賞、1993年『一連の住宅作品』で『第18回 吉田五十八賞「特別賞」』受賞。主な作品は、『ReiI Hut』(栃木県、2001年)、『伊丹十三記念館』(愛媛県、2007年)、『明月谷の家』(神奈川県、2007年)など。著書も多く、『住宅巡礼』『住宅読本』『意中の建築 上・下巻』(新潮社)、『中村好文 普通の住宅、普通の別荘』(TOTO出版)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る 1

    元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る

  2. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 2

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  3. 中山美穂がNHK『SONGS』に登場 思い出の場所で歌手活動再開の胸中明かす 3

    中山美穂がNHK『SONGS』に登場 思い出の場所で歌手活動再開の胸中明かす

  4. King Gnuの新アルバム『CEREMONY』1月リリース&初アリーナ含むツアーも 4

    King Gnuの新アルバム『CEREMONY』1月リリース&初アリーナ含むツアーも

  5. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 5

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  6. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 6

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察

  7. 二階堂ふみ×染谷将太の100年の恋描く 相鉄都心直通記念ムービー公開 7

    二階堂ふみ×染谷将太の100年の恋描く 相鉄都心直通記念ムービー公開

  8. 映画『ドクター・スリープ』あらすじ、キャストや『シャイニング』など紹介 8

    映画『ドクター・スリープ』あらすじ、キャストや『シャイニング』など紹介

  9. 『スター・ウォーズ』最新作の新映像&13種キャラポスター公開 9

    『スター・ウォーズ』最新作の新映像&13種キャラポスター公開

  10. カニエ・ウェストの記録映画『ジーザス・イズ・キング』3日間限定公開 10

    カニエ・ウェストの記録映画『ジーザス・イズ・キング』3日間限定公開