特集 PR

これからの時代の仕組み作り Peatix × TUNECORE JAPAN

これからの時代の仕組み作り Peatix × TUNECORE JAPAN

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:田中一人

音楽やクリエイティブを巡る状況は、ここ数年、めまぐるしく変化している。インターネットの発達とスマートフォンの普及が、様々な人に機会をもたらすようになっている。たった10年前に比べても、個人のミュージシャンやアーティストが自分の表現を世に届けることのハードルは、格段に低くなった。かつては、メジャーなレコード会社からデビューしない限り、自分の音源を世界中に届けるのは難しかった。個人がプレイガイドを通してチケットを広く売り出すことも難しかった。しかし、いまや誰でもそれが可能になっている。多額の手数料を支払うこともなく、個人がインターネットを通して作品を販売し、集客できるようになった。そんな現在の状況の一翼を担うようになったのが、音楽ディストリビューションサービスTUNECORE JAPAN(チューンコアジャパン)であり、イベント管理サービスPeatix(ピーティックス)だ。

今回、それぞれのサービスを手掛けるPeatix代表の原田卓氏、TUNECOREの日本版であるTUNECORE JAPAN代表の野田威一郎氏の対談が実現。共に音楽やITの業界を経て起業した二人に、サービスを通して目指すこと、今という時代をどう見ているかについて、語り合ってもらった。そして、話は今の日本の音楽業界に根付く様々な問題意識についても、膨らんでいった。

そもそもPeatixとTUNECOREって、どんなサービス?

―今回はお二人に音楽とITの新しい関係について語り合っていただこうと思うんですが、その前に、それぞれのサービスについて簡単に紹介してもらってよろしいでしょうか。

原田:Peatixは誰でもイベント管理とチケット販売ができるクラウドプラットフォームですね。2011年5月に日本でスタートしました。インディーズのアーティストのライブでも、結婚式の二次会でも、合コンでも、イベントを開催しようと思えば、Peatix.comのサイトで簡単にイベントページと電子チケットが作成できる。それを公開して、主にソーシャルメディアを通して告知して、電子チケットを売ることができる。そういうサービスです。

原田卓
原田卓

野田:TUNECORE JAPANは、誰でも世界中の配信ストアでデジタル音楽を販売できるようにお手伝いをするサービスですね。アーティストとオンライン上の配信ストアを繋ぐプラットフォームとしてやっています。デジタル音楽のディストリビューション会社、ないしはアグリゲーターと言われる立ち位置で、日本で始まったのは2012年ですが、TUNECORE自体は実はアメリカで2006年から始まっているサービスなんです。その日本版という立ち位置ですね。

―TUNECORE JAPANに登録すると誰でもiTunesやAmazonなどで曲が売れるという感じ?

野田:はい、簡単に言うとそんな感じですね。で、手数料は1曲あたり1,410円(税抜)です。その金額を支払えば世界中に配信できて、そこで上がった収益は100%アーティストに還元する。そういうサービスです。

野田威一郎
野田威一郎

―PeatixとTUNECORE JAPANについて、原田さんと野田さんは、お互いに初期からご存知でした?

野田:知ってました。僕はもともとインターネットマーケティングのアドウェイズという会社で働いていて、モバイルに特化したウェブサービスを長いこと手掛けていたんですね。そういう流れで、いろんなITサービスの情報はチェックしていたんです。

原田:僕も知ってました。それこそ、僕は以前日本のアップルにいて、iTunesの立ち上げを経験しているので、TUNECOREなどアグリゲーションのプラットフォームの仕組みとか取り決めを含めて、かなり詳しく知っていました。その当時、TUNECOREは日本ではまだスタートしていなかったんですけど、仕組みが画期的だったんですよ。他のアグリゲーターは売り上げの何%かという形で手数料がかかるんですよね。

野田:そうですね、だいたい皆さん15%とか20%くらいですね。

原田:それに対してTUNECOREは低価格で定額なんですよ。だから、何曲売れても手数料が変わらない。

野田:そうですね。なので売れたぶんだけアーティストに還元することができる。このモデルだけは世界でもTUNECOREだけだと思います。というのも、まあ、儲からないんです(笑)。

一同:(笑)

野田:ただ、そもそものコンセプトがアーティストに還元しようというものなので、このビジネスモデルが実は一番しっくりくるんです。100%還元するわけですから、そこの割合は競合には絶対負けないですね。

―Peatixにも「アーティストに還元しよう」というようなコンセプトはあるんでしょうか。

原田:そこはまさに意識していますね。チケット会社は昔からいくつもあると思うんですけど、駆け出しのインディーズアーティストにとって、大手のプレイガイドを使うのはコストもハードルも非常に高いんです。そういった問題を解決しようというのが、そもそもの発端でした。今は音楽以外の分野のイベントでも広く使われるようにはなりましたが、アーティストに還元することは今も意識していますね。チケットの販売手数料は2.9%+70円で業界最安水準、審査もなく誰でも5分もあればチケット販売を開始できます。また最近は、数百人規模のイベントでも協賛社を紹介し、スポンサー収入が得られるプログラムも開始しました。

Page 1
次へ

プロフィール

原田卓(はらだ たく)

1973年生まれ。米イェール大卒。東京に生まれるも生後数ヶ月でニューヨークに移住。リベラル中道左派の音楽家の家庭で育ち、幼少期から世界中を旅行し、音楽家やアーティストに囲まれながら育つ。1997年ソニー・ミュージック入社、海外契約業務に従事。2001年アマゾンジャパン入社、エンタテインメント部門統括。2005年アップル入社、iTunes Music Store立ち上げおよびマーケティングに従事。2006年アマゾンジャパン再入社、マーケティングおよびモバイル統括。2008年YOOXジャパン代表取締役就任。2009年よりPeatix Inc.のCEO、Orinoco Peatix 株式会社の取締役に就任。ニューヨーク在住。

野田威一郎(のだ いいちろう)

東京出身。香港で中学・高校時代を過ごし、慶應義塾大学卒業後、株式会社アドウェイズ入社。2008年に独立しWano株式会社を設立。2011年にはTUNECORE JAPANを立ち上げ、2012年10月にサービスを開始。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開