特集 PR

delofamiliaインタビュー 大人になっても忘れたくないものって?

delofamiliaインタビュー 大人になっても忘れたくないものって?

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:三野新
2014/06/11

ORANGE RANGEの音楽的リーダーでありギタリストのnaotohiroyamaと、シンガーソングライターRie fuによるユニットdelofamiliaが、前作『archeologic』からおよそ1年4か月ぶりとなる通算5枚目のアルバム『Carry on Your Youth』をリリースする。一見、音楽的な接点がなさそうに見える二人だが、NAOTOはUKインディーやUSオルタナ、昨今のエレクトロシーンに造詣が深く、Rie fuは1960~70年代のロック / ポップミュージックからの影響を強く受けており、そんな両者の嗜好が融合されたdelofamiliaは、洋楽指向の強いこだわりのサウンドとなっている。また、Rie fuのソロ名義よりもトゲのある歌詞世界も非常に印象的だ。

ミュージシャンとしてのキャリアを積み重ね、「もう、若くはない」ということに戸惑い受け入れながら進んできたnaotohiroyamaとRie fu。彼らが今、敢えて「Youth」という言葉をキーワードに作品を作り上げたのには、どんな意味や覚悟があったのだろうか。二人に訊いた。

(Rie fuと出会って)思ってたよりも、もっと深いなって思った。なんていうか、演出している感じがなくて、素のままでトゲというかロックな部分があって。(naotohiroyama)

―もともと、delfamiliaはNAOTOさんのソロプロジェクトだったんですよね?

naotohiroyama:はい。ORANGE RANGEも担当してくれていた当時のディレクターが面白い人で、「やってみない?」って声をかけてくれたんです。特にORANGE RANGEとは違う方向性をやりたいって強く思っていたわけではなかったんですけど、当時はエレクトロニックなものが好きだったし、女性ボーカルを使いたくて。それによって音もかなり変わってくるだろうなと思ってました。

左から:naotohiroyama、Rie fu
左から:naotohiroyama、Rie fu

―NAOTOさんは、UKインディーやUSオルタナなどにも造詣が深いんですよね。その辺りの音楽は、いつ頃から聴き始めていたのですか?

naotohiroyama:中学生の頃からシンセサイザーをいじりつつ曲みたいなものを作ったりはしてたんですけど、そのときは電気グルーヴぐらいしか聴いてなくて。高校が大きな学校だったので、バンドを組んでる人が多かったんです。みんなでCDを回し聴きするような文化の中で、音楽仲間に洋楽を教えてもらったり、ギターを覚えたり。自分でバンドを組んだのもその頃です。

―2ndアルバム『eddy』にRie fuさんがゲストボーカルとして参加したのがユニット結成のきっかけだそうですが、どのような決め手があったのでしょう?

naotohiroyama:その頃、楽器を弾きながら英語で歌える女性ボーカルはいないかなっていろいろ聴きながら探してたんですよ。見つかるまで一人でアルバムを作り続けるつもりだったんですけど、Rie fuさんのことは、「他の女性シンガーソングライターとは違うな」って思ってたんです。ちょっとトゲがあって、それが節々に感じられるんだけど、それを露骨に出してるわけじゃなくて……深そうだなこの人って。それで共通の知り合いを通じて紹介してもらいました。初めて会ったのは確かそば屋だったよね?

Rie fu:そうでしたね(笑)。私もちょうどNAOTOさんがいたレーベルに移籍することが決まっていて、タイミング的にもいろいろなことが変わっていたときだったので。それで、delofamiliaの1st『quiet life』を聴かせてもらったら、子どもの声とかが入ってて可愛い感じだったので、「コーラスの1人でもいいから私も参加させてもらえないかなあ」って思っていたんですけど、メインボーカルとして参加させていただけることになりました。でも、実際やってみて深かった? どうだった?(笑)

Rie fu

naotohiroyama:思ってたよりも、もっと深いなって思ったよ。なんていうか、演出している感じがなくて、素のままでトゲというかロックな部分があって。

Rie fu:そっか。でもそういうトゲトゲしい部分は、自分のソロよりもdelofamiliaの歌詞により強く出ている気がしますね。しかも、作品ごとにどんどん強くシャープになっている。NAOTOさんの作品が、エモーショナルというよりはすごくドライで、淡々とした音の印象なので、それに合わせて歌詞の世界も感情を込めるというより、世の中を観察したり分析したりするような内容になっていったんだと思いますね。リズムも普通ではない変拍子が多かったり、すごく不思議な曲が多かったので、それに引っ張られて歌詞もヒネくれたっていうか(笑)。


Page 1
次へ

イベント情報

『delofamilia(trio) Rooms「Carry on Your Youth」』

2014年6月22日(日)
会場:京都府 京都 SOLE CAFE

2014年6月23日(月)
会場:兵庫県 神戸 BO TAMBOURINE CAFE

2014年6月25日(水)
会場:北海道 札幌 くう COO

2014年7月2日(水)
会場:福島県 福島 Player's Cafe

2014年7月3日(木)
会場:栃木県 宇都宮 Obbligato

料金:各公演 前売3,000円(ドリンク別)

『delofamilia tour 14「Carry on Your Youth」』

2014年9月12日(金)
会場:大阪府 心斎橋 CONPASS

2014年9月13日(土)
会場:愛知県 名古屋 ell. FITS ALL

2014年9月18日(木)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

リリース情報

delofamilia<br>
『Carry on Your Youth』(CD)</h4>
<p>2014年6月11日(水)発売<br>
価格:2,484円(税込)<br>
SUPER ((ECHO)) LABEL / SELC-1003
delofamilia
『Carry on Your Youth』(CD)

2014年6月11日(水)発売
価格:2,484円(税込)
SUPER ((ECHO)) LABEL / SELC-1003

1. Roll
2. Brigitte
3. Because Of Animals
4. hope-lab
5. Your Youth
6. WOW
7. Only One Thing
8. Close Enough
9. Hog_T W O S

CINRA.STOREで取扱中の商品

delofamilia , 倉石一樹 (Heather Grey Wall)<br>
iPhone5/5Sケース「delofamilia - Carry on Your Youth」(クリア)
delofamilia , 倉石一樹 (Heather Grey Wall)
iPhone5/5Sケース「delofamilia - Carry on Your Youth」(クリア)

価格:3,024円(税込)
5thアルバム発売記念オリジナルアイテム登場!

プロフィール

delofamilia(でろふぁみりあ)

2007年に始動。ORANGE RANGEのリーダー / ギタリストであるNAOTO (naotohitoyama)と、シンガーソングライターRie fuを中心としたバンド。当初はNAOTOのソロプロジェクトとして始動し、信近エリや車谷浩司 (参加当時AIR名義)がボーカリストとして参加し、1stアルバム“quiet life”をリリース。2nd アルバム”eddy”にゲスト・ヴォーカリストとしてRie fuを迎えたことをきっかけに、2011年に発表した3rdアルバム”Spaces in Queue”からdelofamiliaは2人のユニット・プロジェクトへと発展し、現在の体制に至る。現在までにdelofamiliaとしてオリジナル・アルバム4作をリリース。adidasコンピレーションアルバム1作に参加。今作”Carry on Your Youth”が5作目のオリジナル・アルバムとなる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に