特集 PR

浅野忠信&二階堂ふみが演じた「社会のタブー」を説き明かす

浅野忠信&二階堂ふみが演じた「社会のタブー」を説き明かす

インタビュー・テキスト
森直人
撮影:西田香織

第138回直木賞を受賞。桜庭一樹が2007年に発表したベストセラー小説『私の男』が、最高のスタッフ&キャストにより映画化された。監督は俊英・熊切和嘉。『海炭市叙景』(2010年)『夏の終り』(2012年)と続く精鋭メインスタッフで、極寒の北海道に生まれた鮮烈な愛のかたちを圧巻の風景と共にとらえる。世間から隔絶されたところで秘密に愛し合う父・淳悟と娘・花を熱演するのは、浅野忠信と二階堂ふみ。さらに物語のカギを握る重要な役で高良健吾、藤竜也らが出演している。

父と娘の禁断の愛――そんな挑発的なテーマに真っ向から取り組んだこの話題作を、歯に衣着せぬコメンテーターとしても活躍する人気作家、岩井志麻子はどう観たのか。性愛のタブーとは、物語作品におけるリアルとファンタジーとは、人間と環境の関係性とは? 話題は映画を起点に広範囲へと及んだ。ちなみに取材場所は、岩井さんのご自宅の近所でもある新宿歌舞伎町の某喫茶店にて!

客観的事実と、主観の中の真実が異なる位相にあるのだとしたら、じゃあいったい何をもって「正しい恋愛」というのか? ってことまで考えちゃいますよね。

―岩井さんは映画『私の男』の公式サイト用に、「恐ろしい禁断や背徳や秘密は、いつでも魅惑と蠱惑に満ちているものだ。この映画はその魅惑と蠱惑が、いつの間にか美しい愛や恋や情になっていく。そこが最も恐ろしい」という推薦コメントを出されていますね。まずは、そのココロからお聞かせいただけますか?

岩井:要するに「事実と真実は違う」ということでしょうか。例えば恋愛においても、事実はひとつしかないんですよ。男と女が出会って愛し合う過程において。でも真実は人の数だけあるわけです。すごく身近によくある例だと、周りからはどう見ても「あなたが振られたんでしょ」っていう人が、でも本人は自分が相手を振ったと言い張る、とかね(笑)。でもその人は嘘をついている気はないんですよ。当人の中では「自分が振った」ことが真実なんです。

―確かにそういうこと、あるかもしれません(笑)。

岩井:つまり客観的事実と、主観の中の真実が異なる位相にあるのだとしたら、じゃあいったい何をもって「正しい恋愛」というのか? ってことまで考えちゃいますよね。だって私の祖父母の時代は、結婚式で初めて相手を見ることが普通だったんですよ。今だったら恐ろしい話じゃないですか。本人の意思を全く無視して、日常生活やセックスのパートナー契約が結ばれるなんて。でも農家に生まれたら農家に嫁いで、商家に生まれたら商家に嫁ぐのが常識で、それが当たり前の女の幸せだったとしたら、「私は違う人生を生きたい」っていうのはとんでもない親不孝者だったでしょうし、「自由に恋愛したい」なんて、もうケダモノ扱いですよね。

『私の男』より ©2014「私の男」製作委員会
『私の男』より ©2014「私の男」製作委員会

―つまり「禁断の愛」というタブーの形も、社会の因習や制度によって流動的に変わるものであると。

岩井:そう、何が普通で何がいけないっていうのは個人によっても時代によっても違う。きっと30世紀の人間が今の私達をみたら「信じられない!」ってことになるでしょうね。今だって、婚姻制度は国によって違いますしね。でもどっちが正しいとか、どっちが上ってことではないですよね。 だから『私の男』の父・淳悟と娘・花の関係も、彼らの中では「正しい」んでしょう。考えたら中世のヨーロッパの王室などでは近親婚は普通でしたしね。血族を守り、財産・領地をヨソ者にとられないために固まろうとした。結局、ハプスブルク家なんかは血族結婚の果てに弱体化して、帝国は途絶えてしまいましたけど。

―岩井さんも淳悟と花の関係は理解できる?

岩井:私自身はお父ちゃんとか息子とか、(恋愛やセックスの相手として)気持ち悪くて考えられないし、ヤツらを男として目で見たことは1回もないです(笑)。だけど不思議なことに、アダルトビデオって「母と息子」ものってたくさんあるんですよね。「父と娘」ってあんまりなくて。なぜでしょうねえ? 父と娘だと、娘が被害者っぽく感じるからかしらね。母と息子だと合意の上っていう感覚なのでしょうか(笑)。

―確かに今は「父と娘」のほうが、よりタブー感が強いのかもしれないですね。

岩井:でもウチの息子は「この世で一番見たくないものはオカンの裸」って言ってますからね(笑)。それでも「母と息子」ものの需要が多いっていうのは、時代の傾向としても何か理由があるんでしょうね。ぜひAV監督さんに聞いてみたいです。これは日本だけの現象なのか、とかも。

Page 1
次へ

作品情報

『私の男』

2014年6月14日から全国公開
監督:熊切和嘉
脚本:宇治田隆史
原作:桜庭一樹『私の男』(文春文庫)
音楽:ジム・オルーク
撮影:近藤龍人
出演:
浅野忠信
二階堂ふみ
高良健吾
藤竜也
配給:日活

プロフィール

岩井志麻子(いわい しまこ)

1964年岡山県生まれ。1999年『ぼっけえきょうてえ』で第六回日本ホラー小説大賞を受賞。また同作を表題作とした短篇集で00年に第13回山本周五郎賞を受賞。02年に『岡山女』で第124回直木賞候補、『自由恋愛』で第9回島清恋愛文学賞受賞。日本推理作家協会会員・日本文芸作家協会会員。第2回婦人公論文芸賞を受賞した『チャイ・コイ』が2013年川島なお美主演で映画化。現在、東京MX「5時に夢中!」木曜日レギュラー、集英社「週刊プレイボーイ」内 BATTLEREVIEWコラム、講談社「山口百恵『赤いシリーズ』」内 赤の壺コラム、双葉社 日刊大衆「岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー」コラムなどの連載をはじめ、映画「地獄でなぜ悪い(園子温監督作品)」への出演など活動は多岐に渡る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性