特集 PR

APOGEE復活インタビュー 活動再開と、時代を射抜く傑作を語る

APOGEE復活インタビュー 活動再開と、時代を射抜く傑作を語る

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2014/08/07

復活後2度目のライブとなった4月の渋谷クアトロでのワンマンも大盛況で終えたAPOGEE。その日のアンコールでは、メンバーの内垣洋祐と間野航がそれぞれ医学系の大学院、医学部に進むことが発表されるというサプライズもあったが、それは現在の「プラットフォームとしてのAPOGEE」をより明確にするものであり、今の時代のバンドのあり方を体現するという意味でも、非常に印象的な出来事であった。そして、そんなAPOGEEから実に5年ぶりとなる新作『OUT OF BLUE』が到着。時代を射抜く、文句なしの傑作だ。 そもそもAPOGEEというバンドは、見え方としては早過ぎたニューウェイブリバイバリストであり、ブラックミュージックの要素も強く持ち合わせる、シーンの異端児的な存在であった。しかし、彼らが実質的な活動休止状態にある中、やや大げさに言うならば、時代が彼らの後を追いかけ、気づけばAPOGEEの音楽性は時代の音となっていたのである。本作の登場によって、海外シーンとの関係性、さらには日本の若手との関係性が更新され、新たな流れが生まれるであろうことが本当に楽しみだ。前回の永野亮の単独インタビューに続き、今回はAPOGEEサウンドのキーマンであるシンセサイザー担当の大城嘉彦も迎え、バンドの音楽的な根幹に迫った。

3枚目を作ってる頃は、APOGEEに足りないものばっかり指折り数えちゃって、それで辛くなっちゃったんですよ。(大城)

―前回は永野さんお一人に取材をさせていただいて、一時はバンドを離れたくなったけど、ソロ活動などを経て、再びAPOGEEに戻ってきたことを話していただきました。大城さんにとって、あの活動休止はどういったものだったんでしょう?

大城(Syn,Gt):2003年ぐらいからずっとAPOGEEを軸に走ってきて、メジャーからの3枚目のアルバム(2009年)が出たころにはもう、音楽的にこじらせきったなって(笑)。それで、「もうこれ以上こじらせられないな」と思って、APOGEEから離れたくなりましたね。

―なんでこじらせちゃったんでしょう?

大城:やっぱりメジャーでやってると、それなりの成果を期待されるじゃないですか? 3枚目を作ってる頃は、APOGEEに足りないものばっかり指折り数えちゃって、それで辛くなっちゃったんですよ。持ってるものじゃなくて、足りないものを数えて、「これもない、これもない……ウワー!」ってなって(笑)。でも、一旦ブレイクして、もう1回新鮮な耳で昔のAPOGEEを聴くと、いいところがいっぱいあったんです。だからこれからは、持ってるものを数えてやっていきたいなって思ってます。

大城嘉彦
大城嘉彦

―永野さんから「もう1回APOGEEをやろうと思う」っていう連絡が来たときは、どう思いましたか?

大城:それ以前に、ドラムの間野くんとはたまに会ってて、「APOGEEどうするよ?」って話はしてたんです。やりたい気持ちはもちろんあって、でも自分から言い出すまでには気持ちが高まってなかったんですよね。

―周りからは、「再開して!」って結構言われたんじゃないですか?

大城:言ってもらいましたね。まあみんな軽い気持ちで言うんですけど、10人に1人ぐらいは重い感じで「ホントにやってくれ」って人もいたり、酔っ払った人から「なんでやんねえんだよ!」って脅迫されたこともあったり(笑)。そういう中、リーダーの永野くんがやる気になったことで、もう1回やれるんじゃないかって思いましたね。

―代官山UNITでの復活ライブについてはいかがでしたか?

大城:あれは……緊張しましたね(笑)。硬かったですよ、やっぱり。お客さんも異様なテンションで……。「ウォー!」って盛り上がるんじゃなくて、「ジー」って見てくるっていう(笑)。

永野(Vo, Gt):この前の渋谷クアトロは復帰2回目のライブだったから、僕らもお客さんも感覚が戻ってきて、「これこれ」って感じでやれましたね。


バンドを続けて行くために、いろんな形があるじゃないですか? それにお客さんもきっと、APPOGEEの活動が途絶えなければ納得してくれるんじゃないかなと思って。(永野)

―そのクアトロのライブで、内垣さん(Ba)と間野さんがそれぞれ医学系の大学院、医学部に進むことを発表されたのにはびっくりしました。

永野:もうね……復活を決めて何度かリハーサルに入った後に、二人からその話を聞かされて、どうしようかと思いました(笑)。そのときはまだ受かるかどうかもわからなかったので、取りあえず放っておいたんですけど、二人ともめでたく合格して(笑)。

―それでも関係なく、バンドを再始動したわけですよね。

永野:バンドを続けて行くために、いろんな形があるじゃないですか? それにお客さんもきっと、APOGEEの活動が途絶えなければ納得してくれるんじゃないかなと思って、素直に報告することにしました。

永野亮
永野亮

―永野さんと大城さんにしても、それぞれの活動がある中で、その中のひとつとしてAPOGEEがある。今はそうやって成り立ってるわけですもんね。

永野:さっきオッシー(大城)が上手いこと言ってましたけど、ないものねだりからあるものに、減点法から加点法に、という感じになってるから、ちょうどいいんじゃないかなと思いますね。昔はお互いのすべてをAPOGEEにぶつけてたんで、もうしっちゃかめっちゃかになってたんで(笑)。

―それでこじらせきったと(笑)。

永野:またいろんなフェーズでバランスは変わっていくと思うんですけど、今はちょうどいい状態だと思います。

―でもホント、いろんな意味で面白いバンドですよね(笑)。

永野:この間スタジオで学割が使えるって発見しまして、学割が使えるようになるという事実にテンションが上がりました(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY『APOGEE × group_inou』

2014年8月24日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
出演:
APOGEE
group_inou
料金:3,500円(ドリンク別)

リリース情報

APOGEE<br>
『OUT OF BLUE』(CD)
APOGEE
『OUT OF BLUE』(CD)

2014年8月6日(水)発売
価格:2,160円(税込)
LTT8-0003

1. Runaway Summer
2. Tonight
3. Losing you
4. OUT OF BLUE
5. Twilight Arrow
6. Fall Into The Sky
7. A Boy In The River
8. Fictionalizer
9. Transit

プロフィール

APOGEE(あぽじー)

2003年結成、メンバーは永野亮(Vo. & G.)、間野航(Dr. & Cho.)、大城嘉彦(Syn. & G.)、内垣洋祐(Ba. & Cho.)。2006年にSingle『夜間飛行』でデビュー以降、『Fantastic』『Touch in Light』『夢幻タワー』と3枚のAlbumを発表。徹底的に作り抜かれた無駄のないスリーピースと圧倒的な存在感を放つシンセサイザーの音色に、純粋に美しい歌声とメロディが創り出すユニークなサウンドは、ロックという形だけにとどまらない普遍的な「歌」としての心地よさをも併せ持つ。ニューウェーブ等80年代音楽の色濃い影響を受けながらも、ブラックミュージックやエレクトロニカを含めた数多くの音楽要素をハイブリッドさせた彼らの音楽は現在も多くの人々から支持されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで