特集 PR

アイドルブームはどこまで行く?異色イベント発の「泡ドル」鼎談

アイドルブームはどこまで行く?異色イベント発の「泡ドル」鼎談

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:永峰拓也
2014/08/21

アイドルをやる中で吸収したものを次の道に活かして、ステップアップしてもらえるような現場にしたい。(KENSHU)

―今回、「泡ドル」のメンバーを選ぶにあたっては、どういうところがポイントになったんでしょうか?

KENSHU:今回募集した年齢層が下は13歳から上は28歳だったんですけれど、実はオーバー20とアンダー20の2グループに分かれているんです。『泡パ』の出演もあるので、20歳以上じゃないと深夜のイベントには出られないというのもありますから。書類選考から600人くらい見ていったら、面白い人がたくさん応募してきてくれていたんです。自分で作った洋服を着てパフォーマンスをする子もいれば、ゆくゆくは事務所をやりたいという子もいた。アイドルは長続きするものではないので、アイドルをやる中で吸収したものを次の道に活かしてステップアップしてもらえるような現場にしたいというのもあります。

泡ドル
泡ドル

―単にアイドル活動をするだけじゃなく、クリエイティブな方向に才能を伸ばしていくという?

KENSHU:そうですね。他の事務所さんがやるアイドルグループと違うところは、クリエイティブをしてる人たちが、すぐ近くにいるということなので。現場に近い環境があるから、アイドルをやりながらも、例えば打ち込みで曲を作りたいとか、カメラマンになりたいとか、そういう夢も出てくると思う。

afromance:アイドル自身がクリエイティブなものを発揮するというのはいいですよね。

KENSHU:それこそ、アイドルがアイドルをプロデュースするなんていうのも面白いし。

―おそらく、今の時代の「アイドル」という言葉は、ずいぶん中身が変わったと思うんです。1980年代的なアイドルのイメージとはすでに全く違うものになっている。

afromance:そうですよね。それこそ80年代のアイドルって、テレビでみんなが観ている国民的な存在でしたからね。そこからは全く変わってしまっている。

KENSHU:そして、それはおそらくこの先も変わっていくと思うんです。今までと違うアイドルの形があるんじゃないかなと思う。

afromance:今のアイドルは昔に比べるとずいぶん身近になってきていますが、さらに『泡パ』と「泡ドル」を結びつけることで、エンターテイメントとしてアイドルの枠を拡張したい。そういうふうには思ってますね。

michitomo:『泡パ』も楽しいですけど、それを可愛い子がやってたらもっと楽しいじゃないですか。逆もまた然りで、アイドルも楽しいですけど、そこに泡の要素があったらもっと楽しい。両者のシナジーですよ。

afromance:やっぱり、一つのネタみたいなものにはしたくないんですよね。ホームページのキーワードにも「はじけろ! ジャパン!」というキーワードを入れているんですけれど、ホントにストレートに日本を盛り上げたいという気持ちなんですよ。『泡パ』も、チャラいイベントみたいに思われたりするんですけど、体感型で純粋にすごく楽しくてハッピーになれるイベントだったりするんですよね。そういうストレートなところは目指しています。

afromance

―まだプロジェクトは始まったばかりですが、この後に楽曲もリリースされるんですよね。

KENSHU:そうですね。最初は配信のみから始めようと思ってます。

afromance:8月16日に豊洲のMAGIC BEACHという新しい商業施設で『泡フェス』をやるんですね。そこのメインステージに「泡ドル」が出て、そこで新曲をやる予定です。

―イベントも、これまでのようなクラブだけでなく、いろんな場所でやっていきたいという思いはありますでしょうか。

afromance:ありますね。

michitomo:真昼間から健全な感じでやるのもいいですね。

KENSHU:学校のプールとかいいですよね。あとは公園の噴水の近くとかね。

michitomo:子どもたちが楽しめるって最高じゃないですか。

afromance:後片付けも楽そうだしね(笑)。

泡パーティー専門サイト「泡パ.jp」powered by Afro&Co.
ハジけろ!ジャパン 泡ドル

Page 3
前へ

プロフィール

michitomo(みちとも)

作曲家・編曲家・リミキサー。近年では主にアイドルのサウンドプロデュースを手がけており、ももいろクローバーZ“走れ!”や吉川友、アップアップガールズ(仮)などのサウンド面で高い評価を得ている。

afromance(あふろまんす)

2006年、京都で活動を開始。初期から京都クラブシーンをボトムアップするイベント“I GET A HOUSE@LAB.TRIBE”をプロデュースしつつ、京都エリアDJの若手代表として数々のメジャーアーティストと共演。2009年より活動の拠点を東京に移し、2012年には、都内初の“原宿 泡パーティー”を主催。さらに、アメリカ ネバタ州の砂漠のフェス“BURNING MAN”の日本リージョナルイベント“BURNING JAPAN”の主催など、活動は多岐に渡り、日本のパーティーシーンに変革を起こすべく精進中。

KENSHU(けんしゅう)

オーストラリア、ウィーン生まれ。音楽家の両親のもと、幼少の頃よりクラシック音楽をベースに様々な楽器に親しむ中、ヒップホップカルチャーに多大な影響を受け、12歳よりDJスタート。圧倒的なDJスキルと様々なジャンルを通過してきた音楽的センス溢れるプロデュースワークは多方面から高い注目を集めている。8月に『mastermind MUSIC3』が発売。

泡ドル

『泡パーティー』で公開オーディションを行った新アイドル。本格的なダンスミュージックと泡を発射するパフォーマンスを行う。作曲およびプロデュースは、ももいろクローバーZなど数々のアイドルやアーティストに楽曲を提供するmichitomoが担当。作詞は、U-KISS、リュ・シウォンらの作詞を行う大館敬、クリエイティブディレクションは『泡パーティー』を主催するafromance、総合プロデュースはKENSHUがそれぞれ手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密