特集 PR

死ぬ気で不真面目をやり続けたい 桜井圭介&三浦康嗣(□□□)

死ぬ気で不真面目をやり続けたい 桜井圭介&三浦康嗣(□□□)

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望
2014/08/08
  • 0
  • 100

チェルフィッチュにマームとジプシーに飴屋法水。空前の演劇ブームと呼んでもいいかもしれない昨今。ヒップホップの手法やポップミュージックを利用する新しい感覚の作品は、若者を中心に強い支持を集めている。だが、ふと考える。演劇と音楽は、本当はどんな相互作用を持っているのか? 今っぽい音楽をのせれば、それはイケてる演劇になるのか?

『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』で上演される、地点の『コリオレイナス』と、三浦直之(ロロ)の『ロミオとジュリエットのこどもたち』。前者には桜井圭介が、後者には□□□の三浦康嗣が音楽制作として参加しているが、彼らは演劇と音楽の関係をどのように捉えているのだろう。上演を控えた二人にインタビューしてわかってきたのは、一筋縄ではいかない音楽の有り様についてだった。そして、そこには音楽家として、いや人間としての生き方までもが反映しているのだった。

芝居を観ていて「音楽がなければいいのに」と思うことが多くて。そもそも僕は「BGM」という概念が好きじゃないんですよ。(三浦)

―今日は音楽家の二人に、自分の音楽ではなく、他人の舞台に音楽を提供することについて伺いたいと思っています。『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』で、三浦(康嗣)さんはロロを主宰する三浦直之さん演出の『ロミオとジュリエットのこどもたち』、桜井さんは地点による『コリオレイナス』の再演にそれぞれ参加されています。

『コリオレイナス』チラシ
『コリオレイナス』チラシ

桜井:『コリオレイナス』は、ロンドンのグローブ座が初演(2012年)で、その後、モスクワ、サンクトペテルブルク、京都、フィンランドあたりを回って……今回の東京公演が8か所目です。

―『吾妻橋ダンスクロッシング』のキュレーターやダンス・演劇の批評家として桜井さんを認知している世代が今や多いのではないかと思いますが、じつを言えば僕もその1人です。なので、音楽家として活動する桜井さんにちょっと驚きました。

桜井:1990年代はずっと宮沢章夫さんの遊園地再生事業団の音楽を作っていて、その後はミクニヤナイハラプロジェクトの『青ノ鳥』とか。舞台音楽は好きな仕事ですけど、たしかに『コリオレイナス』は久しぶりでしたね。

―YouTubeにグローブ座公演の動画がアップされていましたが、桜井さんも舞台上で演奏されていました。


桜井:その動画見てもらえばわかるんだけど、グローブ座って音響設備とか照明とかないんですよ。青天井。16世紀シェイクスピアの時代だから。それで、三浦くんが……三浦くんは地点の三浦くんですが。

三浦:三浦が多すぎで、ややこしいな(苦笑)。

―地点の三浦基さんに、ロロの三浦直之さんに、□□□の三浦康嗣さんで、トリプル三浦ですね(笑)。

桜井:地点の(三浦)基くんからも「生演奏でお願いします」と言われて。初演の評判がけっこう良くて、ロシアとかフィンランドとかからも公演依頼が続いたんですが、そうするともれなく僕もツアーについて回るという(笑)。

桜井圭介
桜井圭介

―世界各国で大好評につき、昨年の京都公演に続いて再度日本に戻ってくる、と。そして□□□の三浦さんは、今回はロロの三浦さんと新作『ロミオとジュリエットのこどもたち』を上演するわけですね。

桜井:紛らわしいよ(笑)。

―すみません(笑)。でも、今作はどういう流れで制作が始まったんでしょう? 三浦さん同士の二人はこれまで交流があったんですか?

三浦:どこかで一度紹介されたことはありましたが、ちゃんと話したことは全然なくて。で、ロロの制作をされている方からオファーの連絡をもらって、「いいよー」って答えただけですね。

―チラシも、ロロの三浦直之さんと□□□の三浦康嗣さんの名前が並んでデザインされていて、さすがに目を惹きますよね(笑)。

『ロミオとジュリエットのこどもたち』チラシ
『ロミオとジュリエットのこどもたち』チラシ

三浦:そういえば、何で僕に依頼したのかは聞かなかったですね。

桜井:『ロミオとジュリエットのこどもたち』はどういう内容になりそうなの?

三浦:まだ全然決まってなくて、ワークショップを2回やっただけなんですけど、一応3部構成になるみたいです。第1幕で『ロミオとジュリエット』の大元のバージョンをダイジェストで一気にやって。第2幕は、古今東西に作られた『ロミオ~』のオマージュみたいな作品をたくさんやって。それで、第3幕は『ロミオ~』に触発された新作のオリジナル戯曲をやる、ということになっていますね。

桜井:音楽の基本的なアプローチは?

三浦:テーマになるメロディーはすごくシンプルなもので、それが全てのシーンに通底してればいいだろうな、と思っていて。で、今日思いついたんですけど、ユニコーンの“大迷惑”って曲に、<僕がロミオ、君がジュリエット~>っていう歌詞がありますよね。アメリカのヒップホップでも『ロミオ~』を含む歌詞がたくさんあるんですけど、第2幕のコンセプトにも合うと思うので、そういった「ロミオ~」と歌っている部分だけを集めて使う。そしてとにかく全体として、できるだけ俳優に歌わせたくない、シーンに音楽を当てたくない、っていうのはありますね。

三浦康嗣
三浦康嗣

―それは、ロロの三浦さんの意向ですか?

三浦:いや、僕の意向です。たまにしか芝居を観ないんですけど「音楽がなければいいのに」と思うことが多くて。そもそも僕は「BGM」という概念が好きじゃないんですよ。

Page 1
次へ

イベント情報

『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』
あうるすぽっとプロデュース
地点
『コリオレイナス』

2014年8月28日(木)~8月31日(日)
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
原作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:三浦基
訳:福田恆存
音楽監督:桜井圭介
出演:
安部聡子
石田大
小河原康二
窪田史恵
河野早紀
小林洋平
演奏:桜井圭介、Norico
料金:全席指定 一般3,500円 豊島区民割引3,000円 学生2,500円 障がい者割引2,000円

『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』
あうるすぽっとプロデュース
『ロミオとジュリエットのこどもたち』

2014年10月2日(木)~10月5日(日)
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
原作:ウィリアム・シェイクスピア
脚本・演出:三浦直之(ロロ)
訳:松岡和子
音楽:三浦康嗣(□□□)
出演:
後藤まりこ
永井秀樹
長田奈麻
日高啓介
伊東沙保
田中佑弥
北村恵
重岡漠
島田桃子
板橋駿谷
亀島一徳
篠崎大悟
望月綾乃
料金:全席指定 一般3,500円 豊島区民割引3,000円 学生2,500円 障がい者割引2,000円 ロミジュリ割引6,000円(ペア券)

プロフィール

桜井圭介(さくらい けいすけ)

音楽家、ダンス批評。『吾妻橋ダンスクロッシング』オーガナイザー。

三浦康嗣(みうら こうし)

主宰する□□□(クチロロ)は1998年に結成。2004年にHEADZ内のWEATHERより1stアルバム『□□□』をリリース。2006年に坂本龍一らが設立したcommmonsへ移籍、いとうせいこうらも参加したブレイクビーツアルバム『GOLDEN LOVE』(2007年)をリリース。ままごと『わが星』で使用された“0:00:00”を収録した『everyday is a symphony』(2009年)、声のみで構成した『マンパワー』(2012年)など作品毎にさまざまなコンセプトを提示している。また、2014年3月にはこれまでに三浦が手掛けたリミックスや、CM音楽などを集めた2枚組CD『WORK』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

OMSB & QN“なんとなく、それとなく”

2012年、飛ぶ鳥落とす勢いだったSIMI LABの2トップ、OMSBとQNの間に突如勃発したビーフ。菊地成孔氏まで言及した事態は、QN脱退、解決を迎えることなく終息した。あれから5年・・・何ですか?!コレ!恥ずかしながら、発表から1ヶ月以上経って気付いたわけですが、ナタリーさんしか言及してないですよ?!これ超事件じゃないですか!「確かに私達レペゼン相模」泣けるぜチクショウ!(木村)

  1. 香取&草彅&稲垣『クソ野郎』監督は園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一 1

    香取&草彅&稲垣『クソ野郎』監督は園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一

  2. やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る 2

    やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る

  3. Perfumeが『NEWS ZERO』登場 ファッションプロジェクトに込めた想い明かす 3

    Perfumeが『NEWS ZERO』登場 ファッションプロジェクトに込めた想い明かす

  4. ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992‒2017』 世界初公開の油彩画も展示 4

    ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992‒2017』 世界初公開の油彩画も展示

  5. 次回NHK『LIFE!』で高良健吾がコント初挑戦、内村が故郷・熊本を巡る企画も 5

    次回NHK『LIFE!』で高良健吾がコント初挑戦、内村が故郷・熊本を巡る企画も

  6. 見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超 6

    見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超

  7. 2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本 7

    2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本

  8. 調律師・山崎賢人の瞳にピアノが映る 映画『羊と鋼の森』新ビジュアル公開 8

    調律師・山崎賢人の瞳にピアノが映る 映画『羊と鋼の森』新ビジュアル公開

  9. ロバート秋山主演のドラマ版『やれたかも委員会』に朝比奈彩、本多力が出演 9

    ロバート秋山主演のドラマ版『やれたかも委員会』に朝比奈彩、本多力が出演

  10. 「私は2PACに救われた」 MARIA(SIMI LAB)×渡辺志保対談 10

    「私は2PACに救われた」 MARIA(SIMI LAB)×渡辺志保対談