特集 PR

メンドくさい男の子たちの探究心 悪魔のしるし×core of bells

メンドくさい男の子たちの探究心 悪魔のしるし×core of bells

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也

巨大なテトリスのブロックのような構造物を人力で建物に搬入する『搬入プロジェクト』など「これが……演劇!?」と驚く作品で国内外の評価を集める「悪魔のしるし」の主宰・危口統之。現在彼は、画家である実の父を主演に据えた新作『わが父、ジャコメッティ』を制作中だ。評論家・矢内原伊作の著作を下敷きに、父親と彫刻家アルベルト・ジャコメッティを重ね合わせるという同作は、これまでの作風から一転し、きわめてドメスティックなテーマを扱っている。すでに試演会などが行われ、次第にそのかたちが明らかになっているが、いまだその全貌を掴んでいる者はいない。危口統之はどこに行こうとしているのか?

そこで、危口とも親交の厚いハードコアパンクバンド「core of bells」から池田武史と會田洋平を招き、鼎談を行うこととなった。すでにいくつかのプロジェクトで協力体制を築いてきた両グループは、その目的意識や趣味性において多くの共通点を持っている。ヘビーメタルとハードコアパンク。様式や構造から作品を作り上げていく制作姿勢。シーンの注目を浴びながらも、賛否両論分かれるような作品をあえて上演する理由。それらの要素を紐付けることで浮かび上がるものとは何か? 最後は批評やジャーナリズムに対する苦言まで、2時間半に及ぶ白熱した議論(もしくは男子の駄話)をお送りする。

こんなにもまったく面白くないものを作ってしまって、「俺の演劇人生は終わった」と思っていたら、好意的な意見が聞こえてきて。(危口)

―今日は10月11日からKAAT神奈川芸術劇場で、新作『わが父、ジャコメッティ』を発表する「悪魔のしるし」の危口統之さんと、公私にわたって親交のある「core of bells」(以下、コアベル)の池田武史さんと會田洋平さんをお招きして語り合っていただこうという主旨です。みなさん、ハードコアパンクやヘビーメタルといった音楽好きとのことで。

危口:話が合うかもですね。

池田:合うかな? むしろ空気を乱すような。

危口統之(悪魔のしるし)
危口統之(悪魔のしるし)

―音楽の話もお聞きしたいですし、コアベルが現在12か月連続で開催中の自主企画イベント『怪物さんと退屈くんの12カ月』でも、危口さんが参加協力しているという縁もあるので、その作品についても伺っていきたいです。危口さんはKAATでは2012年に『倒木図鑑』を発表されていますね。

危口:ダダスベりしたやつですね。

―……賛否両論ありましたね。

危口:いや、スベったと思うんですよ。Nadegata Instant Party(コミュニティにコミットし、その人々と関わり合いながら1つの出来事を作りだしていくアーティストユニット)の山城(大督)くんには「ほんまにクソやな!」と言われ、一緒にKAATのプログラムに参加していた快快(FAIFAI)の北川(陽子)さんには「おスベりになられて……」みたいな癒しのメールをいただいて。


池田:そこで初めてスベりを自覚したんですか?

危口:いや、初めてではないですね。やっぱり『フェスティバル/トーキョー10』(以下『F/T10』)で上演した『悪魔のしるしのグレートハンティング』が全ての始まりというか。

池田:どんな作品だったんですか?

危口:ボードゲームと漫画の『賭博黙示録カイジ』がアイデアの原点で、巨大なカジノテーブル上でルールのよくわからないゲームが進行している中で、出演者が賭博に興じているシーンを観せたいと思ったんですよ。たとえばテーブルの上をSLが走っていて、ポッポーなんて汽笛が鳴ると、出演者が「負けた!」とか言って大袈裟に頭を抱えたりする『カイジ』的世界を作ろうと。

―ドラマの手触りだけが生まれては消えるみたいな。

危口:でも途中から作り込むのが面倒くさくなって「そういうことをやろうとしたけど無理でした」っていう芝居を作った。というかごまかした。こんなにもまったく面白くないものを作ってしまって「俺の演劇人生は終わった」と思っていたら、好意的な意見が聞こえてきて。

池田:はあ。

池田武史(core of bells)
池田武史(core of bells)

危口:「みんな一体何を見てるの!?」という感じで、そのときに自分の考えと違う意見を持っている人がこの世にはたくさんいるんだなあと思いました。

池田:初日公演が終わった後は地獄ですね。つまんないけどやり続けるみたいな。

危口:いや、違和感はあるんですが、どんな理由でも褒められたら嬉しいんで、流されるままに。でも、それがKAATの『倒木図鑑』でようやくバランスが取れて。「これは……」と思ってやったら、実際に「面白くない」と言ってくれる友だちがいて。それで、やっと地に足がつきました。

―先日、危口さんが参加した、コアベルの『子どもを蝕む“ヘルパトロール脳”の恐怖』が上演されましたが、それも近年稀に見る散々な評価が飛び交っていて……本音を述べず、とりあえず「いいね!」しとけばいいか、的なSNS時代にむしろ新鮮でした。そもそもみなさんが出会った馴れ初めというのは。

會田:よく会話をするようになったのは2011年の『吾妻橋ダンスクロッシング』の楽屋ですよね。

會田洋平(core of bells)
會田洋平(core of bells)

危口:そのときの参加者が、まあ多かったんですよ。□□□(クチロロ)の三浦(康嗣)さんが結成したスカイツリー合唱団も参加していて、我々は楽屋の隅っこに机を割り振られたんですけど、友だちが誰もいなかったので交流もせずに身内だけでボードゲームをやっていて。

會田:それで僕らも混ぜてもらって。

危口:そうそう。「コアベルさんもゲームやります?」って。ちょっと寂しそうだったから。

池田:お互いに居場所がない。

危口:スカイツリー合唱団の人たちがキラキラオーラを発していてねえ。蓮沼(執太)くんも王子オーラをふりまいていて……。

池田:ピアノとか弾きやがって。

危口:そりゃ弾くでしょ。

會田:途中からひどかったですよね。合唱団はかわいい女子が多いから「あの2人デキてんじゃねーの?」ってゲスな話ばかりして(笑)。

危口:僕は下ネタが嫌いなので、それには参加してないですけどね。

Page 1
次へ

イベント情報

悪魔のしるし×KAAT
『わが父、ジャコメッティ』

作・演出:危口統之
原案:矢内原伊作『ジャコメッティ』『完本 ジャコメッティ手帖』(みすず書房)
音楽:阿部海太郎
映像:荒木悠
出演:
木口敬三
木口統之
大谷ひかる

横浜公演
2014年10月11日(土)~10月13日(月・祝)全5公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
料金:一般 前売3,000円 当日3,500円 シルバー2,500円 U24(24歳以下)1,500円 高校生以下1,000円
※シルバー、U24、高校生以下チケットは、チケットかながわにて窓口・電話予約のみ枚数限定で取扱

京都公演
2014年10月16日(木)~10月19日(日)全4公演
会場:京都府 京都芸術センター 講堂
料金:
前売 一般2,500円 25歳以下・学生2,000円 65歳以上2,000円 高校生以下1,000円
当日 一般3,000円 25歳以下・学生2,500円 65歳以上2,500円 高校生以下1,000円

スイス公演
2014年11月4日(火)
会場:スイス クール Theater Chur

2014年11月6日(木)
会場:スイス ベリンツォーナ Teatro Sociale Bellinzona

2014年11月11日(火)
会場:スイス バーゼル Das Neue Theater am Bahnhof

『怪物さんと退屈くんの12ヵ月』
第10回公演『コアオブベルズ大爆笑』

2014年10月13日(月)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:core of bells
料金:予約2,500円 当日2,800円(共にドリンク付)

プロフィール

悪魔のしるし(あくまのしるし)
主宰・危口統之の思いついた何かをメンバーたちが方法論も知らず手さぐりで実現していった結果、演劇・パフォーマンス・建築・美術など多様な要素をもつ異色の集まりとして注目される。作風は基本的に、演劇的な要素の強い舞台作品と、祝祭的なパフォーマンス作品という2つの系統。構成員のほとんどが演劇を専門とせず、その表現は演劇のかたちをとりながらも、常にそれ以外の方法や、価値観を組み入れながら制作をしている。参加者が出演者となったり、または、ある人物にとっての日常業務が舞台上に載せられることによって、それを「演劇」と呼ぶなど、役者と観客の関係を融和させる活動が特徴的である。
core of bells(こあ おぶ べるず)

2003年に湘南で結成。山形育弘(Vo)、池田武史(Dr)、會田洋平(Ba)、吉田翔(Gt)、瀬木俊(Gt)による5人組。一見、高い演奏力を持った本格的なハードコアパンクバンドという形態でありながら、演奏中に寸劇などを織り交ぜて、観客を煙に巻くような演劇的パフォーマンスを得意とする。美術館などのアートスペースでの公演も多く、池田は現代美術作家としても活動。2013年、2ndアルバム『Methodelic』をHEADZよりリリース。2014年1月より六本木SuperDeluxeにて、自主企画イベント『怪物さんと退屈くんの12カ月』を12か月連続で開催中。録音、映画制作、ワークショップ、お泊まりキャンプ、ホルモン屋及びホームセンターのフィールドワークなど、そのつまみ食い的な活動はほかに類を見ない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)