特集 PR

そのスケールで日本からはみ出したダンサー 伊藤郁女インタビュー

そのスケールで日本からはみ出したダンサー 伊藤郁女インタビュー

インタビュー・テキスト
前田愛美
撮影:相良博昭
2014/09/05

15年ほど前、日本のコンテポラリーダンスシーンに突如現れ、その身体能力の高さと独創的な作品を武器に、強い印象を残した少女がいた。国内でいくつかの賞を得たその少女は、世界的な振付家フィリップ・ドゥクフレの代表作『IRIS』にも出演。その後、主な活動の場をヨーロッパに移したことで、日本で作品を観る機会は少なくなったが、時折聞こえてくるのは、アンジュラン・プレルジョカージュ、ジェイムズ・ティエレ、アラン・プラテル、シディ・ラルビ・シェルカウイ……といった、世界の名立たる振付家たちとのコラボレーションのニュースだった。

ダンサーとして充実したキャリアを重ね、成功を掴んだ彼女が、今秋開催される『Dance New Air』のプログラムとして『ASOBI』を上演するため日本に帰ってくる。長らく海外で活動を行なってきた彼女に、そのキャリアについて、また日本をテーマにした同作品について話を聞いた。そこで出てきたのは、日本と微妙な距離感を置きつつも、彼女なりの深い愛情を込めた想いだった。

赤ん坊の頃に母親が抱っこして膝の上で跳ねさせてみたら、足腰の力が強くて、すごく痛かったらしいんです。それでこの子はバレエ学校に入れてしまえと(笑)。

―15年くらい前、横浜のSTスポットという劇場で、10代の頃の伊藤さんをお見かけしたことがあるんです。『ラボ20』という新人振付家のショーケースで『榎本了壱賞』に選ばれていたときで、舞踊評論家の石井達朗先生とタメ口で話す、物怖じしない子がいるなあ……と驚いて見たら、伊藤さんでした。

伊藤:うわあ……(笑)。石井さんは母の友人で、私が母のお腹の中にいるころから知っているんですよ。

伊藤郁女
伊藤郁女

―どおりで石井先生がすごく嬉しそうでした(笑)。伊藤さんはその後も『横浜ダンスコレクション』で受賞するなど鮮烈なデビューを飾って、その後は海外を中心に活動されてきた印象ですが、そもそもダンスを始められたきっかけは何だったんですか?

伊藤:両親が彫刻家で、弟もアーティストという芸術一家なんです。私は赤ん坊の頃に母親が抱っこして膝の上で跳ねさせてみたら、足腰の力が強くて、すごく痛かったらしいんです。それでこの子はバレエ学校に入れてしまえと(笑)。

―なるほど(笑)。バレエはいくつから始めたんですか?

伊藤:4歳で高木俊徳という有名な先生のクラスに申し込んだんですが、すぐに先生がアメリカに行ってしまって。そうしたら父が、アメリカに行くような先生なら優秀に違いないから1年間待とうということになり、5歳から始めました。10歳くらいの生徒たちの中で私が一番小さくて、一人だけトーシューズも履かず、皆の後ろのほうでアヒルみたいにテケテケやっていましたね。

伊藤郁女『SoloS』 Photos © Kim-lin Bailly
伊藤郁女『SoloS』 Photos © Kim-lin Bailly

―でも幼児クラスではなく、一般的な子どもクラスに5歳で入られたというのは珍しいですね。熱心にお稽古されていたんですか?

伊藤:先生がすごくいい方で、他の大きなバレエ団でも習うように勧めてくれて、週に4、5日レッスンしていました。中学生くらいの頃は、父に首の位置がもっと後ろだと言われて、首でサンドバックを持ち上げる筋トレを毎晩100回したり。父は彫刻家で解剖学を学んでいたから、身体の仕組みをよく理解しているんです。今でも首に残る2本のシワは、そのときにできたものなんですよ(笑)。

バレエをやめてからは、現代舞踊の公演を片っ端から観に行くようになって。田中泯さんがヨダレを垂らして踊っていたのが衝撃的で、楽屋まで押しかけて理由を尋ねました。

―スポ根マンガに出てきそうなスパルタ式トレーニングですね(笑)。では、その頃の夢は『ローザンヌ国際バレエコンクール』(世界的な若手バレリーナの登竜門)入賞、そして名門バレエ学校への留学だったわけですね。

伊藤:いろんな日本のコンクールで賞を取っていたし、いずれ『ローザンヌ』にも挑戦したいと思っていたんですけど、バレエって白いタイツをはいたり、金髪のカツラを被ったりするじゃないですか。高校生の頃、そのことに強い疑問を感じてしまって。

―白人のフリをするということに?

伊藤:語学研修に行ったロンドンで、白人の先生が黒人生徒を露骨に差別するのを目のあたりにしたり、一人で行ったニューヨークのダンスフェスティバルで、いろんな国籍の高校生に混じる体験があったり。そうすると、白タイツを履いてヨーロッパ人みたいに肌の色を白くしたり、メイクすることが、どうしても自分の物語とつながらないというか。それでずっと教えていただいていた先生に、バレエをやめることを伝えました。

『ASOBI』伊藤郁女
『ASOBI』伊藤郁女

―先生は相当驚かれたんじゃないですか?

伊藤:はい。でも、やはり自分ごとのようには思えなかった。もちろんダンスは続けるつもりだったので、バレエをやめてからは、雑誌『ぴあ』の小さな現代舞踊コーナーに掲載されている公演を片っ端から観に行くようになって。パントマイムの公演とか、渋谷ジァン・ジァンとかPlan Bみたいなアングラなスペースにも行って。Plan Bでは、田中泯さんがヨダレを垂らして踊っていたのが衝撃でしたね(笑)。さすがに全然意味がわからなくて、楽屋まで押しかけて、泯さんに「どうしてヨダレを垂らさないといけないんですか?」と尋ねたり。

―そこで初めてコンテンポラリーダンスシーンと出会うわけですね。

伊藤:そのときに、能美健志さんとか、伊藤キムさんとか、井手茂太さんのワークショップにも参加させていただいて。すごく仲良くしてもらったんですけど、結局自分のダンスは自分で作らなきゃと思い、それで『ラボ20』に応募したら、『榎本了壱賞』をいただけたんですね。『横浜ダンスコレクション』でも賞をいただき、コンペはいいなと思いました(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『Dance New Air - ダンスの明日』

2014年9月12日(金)~10月5日(日)
会場:東京都 青山 青山円形劇場、スパイラルホール、シアター・イメージフォーラム、青山ブックセンター本店ほか

『ASOBI』
2014年9月13日(土)~9月15日(月)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
演出・振付:伊藤郁女
出演:
チャバ・ベルガ
ジャン・ギャロワ
伊藤郁女
ピーター・ユハス

『赤い靴』
2014年9月12日(金)~9月15日(月)
会場:東京都 青山円形劇場
演出:小野寺修二
美術:ニコラ・ビュフ
出演:
片桐はいり
ソフィー・ブレック
藤田桃子
小野寺修二

『Project Pinwheel』
2014年9月18日(木)~9月19日(金)
会場:東京都 青山円形劇場
ディレクター:佐幸加奈子
振付・出演:
エスター・バルフェ
チョン・ヨンドゥ
北村成美

『そこに書いてある』
2014年9月22日(月)~9月23日(火)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
構成・演出・振付:山下残
出演:
山下残
ハン・サンリュル
ホ・ヒョソン
ユン・ボエ
ほか

『談ス』
2014年9月22日(月)~9月23日(火)
会場:東京都 青山円形劇場
振付・出演:
大植真太郎
森山未來
平原慎太郎

『Les Oiseaux』『La Traversée』
2014年9月27日(土)~9月28日(日)
会場:東京都 青山円形劇場
振付:ナセラ・ベラザ
出演:
ナセラ・ベラザ、ダリラ・ベラザ(『Les Oiseaux』)
ダリラ・ベラザ、オーレリー・ベルラン、モハメド・エシュ=シャルカウイ(『La Traversée』)

『To Belong / Suwung』
2014年10月3日(金)~10月5日(日)
会場:東京都 青山円形劇場
振付・演出:北村明子
ドラマトゥルク・演出:ユディ・アフマッド・タジュディン
出演:
ユディ・アフマッド・タジュディン
エンダ・ララス
リアント
ルルク・アリ
大手可奈
西山友貴
川合ロン
北村明子

『altered natives' Say Yes To Another Excess -TWERK ダンス・イン・クラブナイト』
2014年10月4日(土)~10月5日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
構想:
フランソワ・シェニョー
セシリア・ベンゴレア
出演:
エリザ・イヴラン
アナ・ピ
アレックス・マグラー
フランソワ・シェニョー
セシリア・ベンゴレア
DJ:イライジャ&スキリヤム

『ドミノ・プロジェクト』
2014年9月12日(金)
会場:東京都 CAY(スパイラルB1F)
参加アーティスト:
アレン・シンカウズ(音楽)
ネナド・シンカウズ(音楽)
イヴァン・マルシュッチ-クリフ(マルチメディア・インスタレーション)
川村美紀子(振付家)
ズヴォニミール・ドブロヴィッチ(キュレーター)

『イースタン・コネクション』
2014年9月16日(火)、9月17日(水)
会場:東京都 森下 森下スタジオ
参加アーティスト:
コスミン・マノレスク(振付家)
山下残(振付家)
ミハエラ・ドンチ(ダンサー)
乗越たかお(評論家)

『15 X AT NIGHT』(屋外パフォーマンス)
2014年9月20日(土)~10月4日(土)
会場:東京都 こどもの城ピロティ
コンセプト:ポール=アンドレ・フォルティエ、 ディアンヌ・ブッシェ
振付:ポール=アンドレ・フォルティエ
出演:マニュエル・ロック

プロフィール

伊藤郁女(いとう かおり)

5歳よりクラシックバレエを始め、ニューヨーク州立大学パーチェスカレッジへ留学後、立教大学で社会学と教育学を専攻。2003〜05年文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。これまでにフィリップ・ドゥクフレ、アンジュラン・プレルジョカージュ、ジェイムズ・ティエレ、シディ・ラルビ・シェルカウイ等の作品に参加し、自作『ノクティルック』『SOLOS』『Island of no memories』『Plexus』を発表。『ダンストリエンナーレトーキョー2012』で上演されたアラン・プラテル『Out of Context-for Pina』にはダンサーとして参加。カンパニーles ballets C de la Bでも創作活動を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い