特集 PR

南原清隆×野村万蔵 コントと狂言、笑いのカルチャー600年対談

南原清隆×野村万蔵 コントと狂言、笑いのカルチャー600年対談

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:豊島望

かたや現代を代表するメディア・テレビの人気コンテンツであり、かたや600年の歴史を誇る日本古来の伝統芸能。同じ「笑い」でありながらも、一見「コント」と「狂言」を隔てる溝は深い。だが、この溝を埋めるべく立ち上がったのがウッチャンナンチャンの南原清隆と、狂言師の九世野村万蔵だ。

2002年、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)の企画で体験したことをきっかけに、ナンチャンは狂言に目覚めた。2006年からは、「狂言とコントの融合」というコンセプトを掲げた「現代狂言」シリーズを野村万蔵とともに上演。すでに8回の開催を重ねる人気イベントになっている。そんなナンチャンと野村万蔵による狂言、コント、そしてトークショーによって構成される舞台『日本の笑い―古典と現代』が、今年10月7日に開催される。

日本のお笑いシーンのトップランナーであるナンチャンは、いったい狂言のどのような部分に魅力を感じているのだろうか? そして、野村万蔵は、現代のコントからどんなエッセンスを抽出し、狂言を進化させているのか? 同じ「笑い」に取り憑かれた二人の対談が始まる。

大人になってから、「狂言とコントは変わらない!」ということに驚きました。(南原)

―南原さんはテレビ番組『ウリナリ!!』で初めて狂言を体験し、その世界にのめり込んでいったそうですね。番組で携わる前は、狂言に対してどのような印象を抱いていたのでしょうか?

南原:祖母が日本舞踊、親父が詩吟をしていたので、もともと古典芸能に対しての興味はありました。ただ、狂言は「話がわからないかも」「眠くなるかも」と考えて、ほとんど触れる機会がなかったんです。けれど、大人になってから観る機会があったときに「コントと変わらない!」ということに驚きました。最初の5分は言葉が聞き取れず、何だかよくわからないんですが、じっと耳をそば立てて聞いていると、7割くらいは台詞がわかるようになり、面白さもわかってきたんです。

左から:南原清隆、野村万蔵
左から:南原清隆、野村万蔵

―最初を乗り越えられたら簡単なものだと。

南原:そうですね。あと衝撃的だったのは、パンフレットにネタの筋書きが書いてある(笑)。同じお笑いとしてこれはすごい。こんなオチですとか事前に読んでいるお客さんに、同じネタをやる勇気は僕らにはないです。「狂言、どんだけ自信あるの!?」と思いましたね。

野村:最近はだいぶ少なくなりましたけど、昔は最後の最後まで全部書いてあったんです。さすがに初めて観るお客さんの楽しみもあるので、最近は「で……」と書いてもらうようになりました。

ウッチャンナンチャンやダウンタウンのテレビ番組を観ていると、父親(人間国宝・野村萬)に「こんなもん観るな!」って叱られていたんです(笑)。(野村)

―一方、万蔵さんは、野村万蔵家という狂言の家に生まれ育ったわけですが、コントや現代のお笑いについて、どのように見ていたのでしょうか?

野村:子どもの頃からコント55号やドリフも毎週観ていましたよ。そして、大人になると、ウッチャンナンチャンやダウンタウンが登場してきた。でも、狂言に打ち込まなきゃいけないときに、そういったテレビ番組を観ていると、父親(人間国宝・野村萬)に「こんなもん観るな!」って叱られていたんです(笑)。

南原:やっぱり(笑)。

野村:もともとはコントや漫画が大好きだったんですが、大人になると、ただの下ネタや人を殴るようなお笑いでゲラゲラ笑うのは、簡単に言えば低俗だからいけないと考えるようになった。それからは、バラエティー番組やコントからはずいぶんと遠ざかっていて、2006年にナンチャンと「現代狂言」をやるようになってから、慌てて若手のお笑い芸人を勉強するようになりました。

野村万蔵

―『ウリナリ!!』の狂言部で、最初に南原さんとコラボレーションを始めたのは、万蔵さんの兄である故・野村万之丞(八世万蔵)さんでした。当時、万蔵さんは伝統を守ることに興味があって、お兄さんに対しては「何であんなことやっているんだ!?」という気持ちだったと、過去におっしゃられていましたね。

野村:(笑)。伝統を継承する家に生まれて、兄弟の片方が攻めていたら、片方は引いて守らなきゃいけません。サッカーと同じですね。兄がわーっと攻めているときに、私は「行っちゃダメだ!」とブレーキを踏む係。しかし、2004年に兄が亡くなってしまったため、一人で両方をやるようになったんです。今ではナンチャンと現代狂言やコントをやって、何事もなかったように古典もやっています。

―同じ「笑い」でありながら、コントと狂言ではずいぶん遠い世界のように感じます。お二人は、狂言とコントの共通点や違いをそれぞれどのように考えていますか?

南原:共通点としては、日本の笑いはアメリカのスタンダップコメディーなどと異なり、ボケとツッコミのように2人以上で演じること。落語のように1人で上演する場合でも「上下(かみしも)」に振り分けます。また、技法としても、狂言にもコントにも使われる「三段落ち」などは、普遍的な笑いの手法だと思います。違いとして一番大きなものは「長さ」ですね。僕らがデビューした当時でもコントは長くて7~8分。今ではもっと短くなっています。

野村:時間ということで言えば、コントでは台詞をスラスラと喋るけれども、狂言はしっかりと喋ります。だから狂言ではコントの何倍もの時間がかかってしまうんです。日本語の扱い方が、狂言とコントでは違うのでしょうね。また、コントでは身体でも面白さを演じますが、狂言では身体表現に美しさを意識して演じています。僕らはいくら面白い身体表現だったとしても「そんなに汚い格好をしてはダメだ!」と怒られてしまうんです。

Page 1
次へ

イベント情報

東京発・伝統WA感動『日本の笑い―古典と現代』

2014年10月7日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 千駄ヶ谷 国立能楽堂
出演:
ドロンズ石本、佐藤弘道、ほか(古典狂言『口真似』)
エネルギー(『狂言コント』)
料金:一般2,500円 学生1,500円
主催:東京都、アーツカウンシル東京・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京発・伝統WA感動実行委員会

プロフィール

野村万蔵(のむら まんぞう)

狂言和泉流野村万蔵家九代目当主として萬狂言を率い、国内外で公演活動を展開。新作や現代劇の演出など、狂言以外の俳優としても高い評価を得ている。東京芸術大学講師、桜美林大学非常勤講師、重要無形文化財総合指定保持。父は人間国宝の野村萬。

南原清隆(なんばら きよたか)

横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒。1985年、内村光良とコンビを結成。ウッチャンナンチャンとして『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)出演。2011年『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)がスタート。落語や狂言にも取り組み古典芸能にも造詣が深い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」