特集 PR

音楽への愛情があるからこその批判精神『Sound Live Tokyo』

音楽への愛情があるからこその批判精神『Sound Live Tokyo』

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:相良博昭

『Sound Live Tokyo』(以下『SLT』)は東京都内のさまざまな場所で、音と音楽に関するライブや実験的なプログラムを行う音楽フェスティバルだ。音楽フェスと言えば、自然豊かなキャンプ場や郊外の空き地や海辺で行われるイメージがあるが、『SLT』はひと味もふた味も違う。昨年は、およそライブとは無縁な図書館で2人ずつしか体験できない参加型作品などを展開。「静けさ」が要求される場所で、あえて音を体感する作品を示す姿勢からは、『SLT』独自の実験精神と批評性を見てとれるだろう。

だが、3回目の開催となる今年は例年よりもグッと音楽寄りのプログラムを取り揃えての開催になるらしい。会場は、都内屈指の優れたサウンドシステムで知られるライブハウス渋谷WWWと、数多くのライブやイベントを仕掛ける六本木SuperDeluxeの2つに集約。今年の『SLT』は、より「音楽フェス」らしい何かへと変貌していくのだろうか?

その謎と今年の見どころを尋ねるべく、『SLT』プログラム担当の新井知行、SuperDeluxeのディレクターであるマイク・クベック、WWWのブッキング・PR担当、三條亜也子の三人に集まっていただいた。あえて「音楽批判」という誤解を生みかねない強い言葉を使って、『SLT』や音楽表現への思い入れを語る新井。その真意をぜひ確かめてみてほしい。

『Sound Live Tokyo』は、音や音楽について批判的な作品やアーティストを紹介していこうというコンセプトで始めたんです。(新井)

―3回目を迎える今年の『Sound Live Tokyo』(以下『SLT』)は、参加型作品や現代美術系のプログラムもあった昨年の『SLT』に比べて、コアな音楽ファンにも胸熱な内容になっています。ある意味、ハードコアな音楽フェスのようにも感じたのですが、この転換は意図したものですか?

新井:もともと『SLT』は、いわゆる音楽フェスとしては構想していませんでした。「音と音楽に関わる表現の可能性を探求するフェスティバル」とキャッチコピーに掲げていますが、プログラムを作るにあたっての理念としては、音や音楽に批判的にアプローチするような作品やアーティストを紹介していこうという考えがありました。そこは転換していないつもりです。

ジム・オルーク Photo by Ujin Matsuo
ジム・オルーク Photo by Ujin Matsuo

―今、「批判」という誤解を生みかねない言葉が出ましたが、それは「否定」という意味ではなく、何ができて、何ができないかを判断するという意味での批判ということですよね?

新井:はい、クリティーク(critique)という意味で、と言っても英語に言葉を換えただけですけど……。ただ、フェスティバルの組み立て方として、批判的に音楽に取り組んでいるアーティストの公演を一つひとつ実施するというやり方と、「批判」というコンセプトを伝えるために、フェス全体のデザインに寄与するような、わかりやすくコンセプチュアルな作品を並べるというのがありますよね。当然、後者のほうがフェスのコンセプトは伝えやすいんです。でも、フェス全体でそう見えているだけで、実際の内容的には「批判」できていなかったりする場合もあるじゃないですか。一見そういったコンセプチュアルな作品よりも、じつは、遥かに深い批判を音楽家が演奏を通してやっていることだってあり得る。だとしたら、『SLT』はそういうアーティストを紹介する方を選びたいという感じです。

―一見すると普通の音楽フェス / コンサートだけど、『SLT』はもっと別の射程を持っている。

新井:『SLT』を立ち上げたときには、映画監督ジャン=リュック・ゴダールの音楽の使い方のことが頭にありました。ゴダールはベートーヴェンの曲を唐突に切って使ったりするでしょう。普通だったらルール違反に思える使い方によって、むしろベートーヴェンの音楽をより深く響かせる。批判であると同時に、より深く聴くための提案でもある。でも、そういった聴き方を教えてくれるようなアーティストを実際に探そうとなると、音楽家になってしまったりするんです。それで、2012年の最初の『SLT』はジャズピアニストの菊地雅章さんでスタートした。つまり、見た目としては普通のピアノコンサートになるわけですよね。だから、音楽フェスのつもりじゃないのに、音楽フェス的な佇まいにどんどん近づいていってしまうというジレンマは『SLT』当初からありました。でも今回は露骨に演劇的な演劇のプログラムが1本入っています。

左から:マイク・クベック、三條亜也子、新井知行
左から:マイク・クベック、三條亜也子、新井知行

―「ほぼ劇団」を自称するSmall Wooden Shoeと、公演芸術集団dracom / 筒井潤による『Antigone Dead People』ですね。

新井:ギリシア悲劇『アンティゴネー』を政治的に解釈する演劇作品はたくさんあって、それだけで演劇史を論じた本もあるくらいです。『Antigone Dead People』はそういう中でも、録音された台詞を使って俳優の現前の力を封じることで、とても現代的な解釈を実現しています。

―フライヤーには「ハードな劇をライブハウス / ラウンジのソフトな環境で、ブレヒトの『喫煙演劇』よろしく(客席で喫煙はできませんが)、お気軽にお楽しみください!」とありましたね。「どんな演劇だよ!」とツッコミを入れたくなります(笑)。これを書かれたのは新井さんですか?

新井:SuperDeluxeのマイクさんがディレクションするプログラム『東京都初耳区』以外は、僕がフライヤーの紹介文をすべて書いています。

Merzbow ©Jenny
Merzbow ©Jenny

―そんな濃いメンツばかりの今回の『SLT』で、「これぞオススメ!」というプログラムはどれだと思いますか?

新井:それはもう全部です。全然違うものばかりなので、かえってどれか1つを推すというのが難しいですね……。

Page 1
次へ

インフォメーション

『Sound Live Tokyo』は、東京都と東京都歴史文化財団が展開する「東京文化発信プロジェクト」の一環として実施されています。

イベント情報

『サウンド・ライブ・トーキョー』

2014年11月5日(水)~12月28日(日)
会場:東京都 渋谷 WWW、六本木 SuperDeluxe

2014年11月5日(水)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:マイケル・スノウ+恩田晃+アラン・リクト
料金:前売2,500円 当日3,000円
※マイケル・スノウのピアノソロとトリオ編成

2014年11月6日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:マイケル・スノウ+恩田晃+アラン・リクト
料金:前売2,500円 当日3,000円
※恩田晃+アラン・リクトのデュオとトリオ編成

2014年11月11日(火)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:ケイス・ブルーム+工藤礼子
料金:前売2,500円 当日3,000円

『裁かるゝジャンヌ』
2014年11月17日(月)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:ローレン・コナーズ+灰野敬二
料金:前売2,500円 当日3,000円

『東京都初耳区(ライブ・パフォーマンス)』
2014年11月23日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:
Merzbow
中村達也
MURASAKI
and more
料金:前売1,500円 当日2,000円

『東京都初耳区(サウンド・インスタレーション)』
2014年12月2日(火)~12月4日(木)14:00~22:00
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
参加アーティスト:
吉原太郎
NOEL-KIT
ジム・オルーク
畠山地平
町田良夫
柴山拓郎
CoH
クリストフ・シャルル
カール・ストーン
料金:当日500円

『Antigone Dead People』
2014年12月27日(土)、12月28日(日)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
参加アーティスト:Small Wooden Shoe+dracom
料金:前売2,500円 当日3,000円

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、PARC – 国際舞台芸術交流センター

プロフィール

新井知行(あらい ともゆき)

1974年横浜生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院文学研究科演劇映像専修修士課程修了。2005年ごろよりPARC – 国際舞台芸術交流センター勤務。『PPAF(ポストメインストリーム・パフォーミング・アーツ・フェスティバル)』、『TPAM(旧東京芸術見本市/国際舞台芸術ミーティング in 横浜)』、『Sound Live Tokyo』などに関わる。

マイク・クベック

1971年米国カリフォルニア州フレズノ市生まれ。南カリフォルニア大学で映画制作と日本文学を専攻。1993年早稲田大学国際部に留学し、日本にて就職。技術翻訳の仕事の傍ら東京アンダーグラウンドシーンの音楽にのめり込む。1998年、デザインユニット生意気とクラインダイサムアーキテクツが立ち上げた東京ブルーイングカンパニーに参加。麻布十番の共同事務所「デラックス」で即興音楽シリーズのプロデュースを始める。2002年、西麻布の「スーパー・デラックス」を立ち上げる。

三條亜也子(さんじょう あやこ)

1987年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社スペースシャワーネットワークに入社。2010年より、同社ライブハウス事業部に所属し、渋谷スペイン坂のライブスペース「WWW」の立ち上げに携わる。2014年11月に4周年を迎える同所でブッキング・PRを担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開