インタビュー

竹原ピストル、七転び八起きでメジャーの舞台に帰ってきた男

竹原ピストル、七転び八起きでメジャーの舞台に帰ってきた男

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:田中一人

不屈のシンガーソングライター、竹原ピストルが再びメジャーレーベルの舞台に戻ってきた。2003年にフォークロックバンド「野狐禅」の一員としてデビューし、作品を重ねる中で熱烈な支持を受けながらも、野狐禅は2007年に所属事務所から独立し、その2年後には惜しまれながらも解散。それからはソロシンガーとして、年間300本にも及ぶライブ活動をひたすら継続してきた竹原が、このたび7年ぶりに古巣であるマネージメント事務所「オフィスオーガスタ」に所属し、新作『BEST BOUT』をリリースするのだ。

『BEST BOUT』に竹原が込めたのは、彼が終わりなきツアー生活の中で出会った人々への想いや、その人たちへの誓いだ。その最たる例をここでひとつ挙げるなら、やはりダウンタウンの松本人志に宛てたという曲“俺のアディダス~人としての志~”だろうか。竹原の才能に早くから惚れ込んでいた松本が、自ら監督した映画作品『さや侍』に彼を役者として起用したことは、きっとご存じの方も多いと思う。そんな松本にむけて、竹原は自分がミュージシャンとしてもう一度勝負するとここで誓っているのだ。

竹原の活動をここまでずっと支えてきたのは、まさにその「売れたい」という野心であり、それが薄らいだことは一度足りともないと彼は言う。では、この男をそこまで駆り立てるものとは、一体何なのだろう。こうして再びメジャーに戻ってくるまでの変遷と、ミュージシャンとして売れることへの強い執念について、竹原ピストルが熱く語ってくれた。

いまも自分の根底にあるのは、「目の前にいる人をどうやって楽しませようか」っていう気持ちなんですよね。歌はあくまでもその手段だったんです。

―所属事務所から独立した後、インディーで活動されていた7年間と、こうしてメジャーレーベルに戻った現在では、やはり環境もだいぶ変わったのではないでしょうか。

竹原:変わりましたね。これまではずっと一人でツアーをまわりっぱなしの生活でしたから。正直、心細い気持ちになることもありました。それに、「もう自分一人でやれることはここまでかもな」っていう気持ちもあったかもしれない。

―なるほど、そこまで考えていたんですね。しかしそうした道を選んだのも、竹原さんご自身だった。2007年に、野狐禅は所属事務所から独立したわけですが、その当時の竹原さんは、どのような心境だったんですか?

竹原:あの当時の自分は、とにかく地に足がついてなかったんです。自分の周りにいるスタッフの人たちがどう動いているのかよくわからないし、それでも状況が進んでいってしまうことに、ずっとソワソワしていました。それで「いっそ全部自分たちだけでやろう」と思って、事務所を辞めることにしたんですけど、それから自分で宣伝やレコーディング、ブッキングの仕事をすべてやってみて、ようやくわかったんですよね。「ああ、この役割はあの人がやってくれてたんだ。自分はどれだけ恵まれた環境にいたんだろう」って。

―いったん事務所やメジャーレーベルから離れたことで、自分の身の回りで起きていたことがようやく理解できたと。

竹原:そうなんです。自分の愚かさに気付いたという意味でも、一人で動いてきた期間は、絶対に必要だったと思ってます。たとえば、一人でやっていると、ライブの日程を決めることはできても、その詳細をハコの人と詰めたり、一つひとつを告知するのは、けっこう手間がかかるんです。それこそ年間250~300もライブをやってると、もうわけがわからなくなってくるんですよ。

竹原ピストル
竹原ピストル

―一人ではとても管理しきれない本数ですよね。それでも、竹原さんはその凄まじいライブスケジュールをずっと継続されてきたわけで。そのモチベーションを保ち続けられた理由は、どこにあったのでしょうか?

竹原:それは根本的な話になっちゃいますけど、やっぱり僕はライブが大好きだし、そのライブだけが自分を売り込む唯一の手段でしたからね。とにかくたくさんの街に行って、1人でも多くの人にライブを見てもらわなきゃ、何も始まらないだろうと。「ここに竹原ピストルっていう歌唄いがいるよ。誰か見てくれないか。そして、俺をでかいところに連れてってくれ」って思いながらやってました。

―人の目にとまるためには、とにかくライブをやりまくるしかないと。

竹原:つまり、「売れたい」ってことですね。あるいは「人気者になりたい」とか「目立ちたい」とか……僕、その気持ちだけはずっと変わってないんです。それこそ前のバンドをやっていた頃から、そこだけはブレてないと思います。

―「売れたい」はともかく、そもそも竹原さんはなぜ「人気者になりたい」「目立ちたい」と強く思うようになったんですか?

竹原:それが未だにわからないんですよね(笑)。ガキの頃からそんな感じだったんです。そういえば、中学生の頃、担任の先生からも同じような質問をされたことがありましたね。「なんで君はそんなことをしちゃうの?」って(笑)。クラスメイトにしょうもないことを言って笑い声が上がったときや、みんなの前で歌を披露して盛り上がったときの感覚がたまらなく好きで。いまも自分の根底にあるのは、そういう「目の前にいる人をどうやって楽しませようか」っていう気持ちなんですよね。歌はあくまでもその手段だったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『全都道府県弾き語りツアー“BEST BOUT”』

2014年10月30日(木)
会場:北海道 札幌 KRAPS HALL

2014年10月31日(金)
会場:北海道 函館 あうん堂ホール

2014年11月3日(月・祝)
会場:福島県 Out Line

2014年11月4日(火)
会場:山形県 フランクロイドライト

2014年11月5日(水)
会場:岩手県 久慈 UNITY

2014年11月6日(木)
会場:秋田県 秋田 Club SWINDLE

2014年11月7日(金)
会場:青森県 八戸 ROXX

2014年11月8日(土)
会場:青森県 弘前 Mag-Net

2014年11月10日(月)
会場:長野県 松本 ALECX

2014年11月11日(火)
会場:富山県 SUMMER KNIGHT

2014年11月12日(水)
会場:石川県 金沢 vanvanV4

2014年11月13日(木)
会場:福井県 CHOP

2014年11月17日(月)
会場:神奈川県 日吉 NAP

2014年11月19日(水)
会場:山梨県 甲府 CONVICTION

2014年11月20日(木)
会場:埼玉県 西川口 Hearts

2014年11月25日(火)
会場:兵庫県 神戸 Back Beat

2014年11月26日(水)
会場:奈良県 LIVE HOUSE 奈良ネバーランド

2014年11月27日(木)
会場:和歌山県 OLDTIME

2014年11月28日(金)
会場:滋賀県 B-FLAT

2014年11月29日(土)
会場:京都府 ROOTER×2

2014年12月1日(月)
会場:香川県 高松 DIME

2014年12月2日(火)
会場:高知県 X-pt.

2014年12月3(水)
会場:徳島県 club GRINDHOUSE

2014年12月5日(金)
会場:愛媛県 松山 キティーホール

2014年12月7日(日)
会場:山口県 周南 LIVE rise SHUNAN

2014年12月8日(月)
会場:広島県 BACK BEAT

2014年12月10日(水)
会場:鳥取県 米子 AZTiC laughs

2014年12月11日(木)
会場:島根県 松江 AZTiC canova

2014年12月12日(金)
会場:岡山県 MO:GLA

2014年12月13日(土)
会場:広島県 福山 Cable

2014年12月15日(月)
会場:千葉県 ANGA

2014年12月16日(火)
会場:栃木県 宇都宮 悠日カフェ

2014年12月17日(水)
会場:茨城県 club SONIC mito

014年12月18日(木)
会場:茨城県 日立 LIVE GARAGE 常陸小川屋

2014年12月19日(金)
会場:神奈川県 横浜 YOKOHAMA B.B.street

2014年12月22日(月)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2014年12月24日(水)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2014年12月25日(木)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS YELLOW

2014年1月9日(金)
2014年1月10日(土)
会場:熊本県 BATTLE BOX会場:福岡県 ROOMS

2014年1月11日(日)
会場:長崎県 Ohana Café

2014年1月13日(火)
会場:佐賀県 GEILS

2014年1月14日(水)
会場:大分県 CLUB SPOT

2014年1月15日(木)
会場:鹿児島県 SR ホール

2014年1月17日(土)
会場:宮崎県 FLOOR

2014年1月18日(日)
会場:沖縄県 output okinawa

2014年1月19日(月)
会場:沖縄県 ZIGZAG

2014年1月21日(水)
会場:京都府 磔磔

2014年1月22日(木)
会場:大阪府 心斎橋 Music Club JANUS

料金:3,240円(ドリンク別)

プロフィール

竹原ピストル(たけはらぴすとる)

歌手、ミュージシャン、俳優。大学時代の1995年、ボクシング部主将を務め、全日本選手権に2度出場。1999年、野狐禅を結成し音楽活動を本格化。際立った音楽性が高く評価され、2003年にメジャーデビュー。2009年4月に野狐禅を解散し、一人きりでの表現活動を開始。毎年250~300本のペースでライブも並行するなど勢力的に活動を行う。2014年、デビュー時のマネージメントオフィスであるオフィスオーガスタに再び所属。そして、10月22日に、ビクタースピードスターレコーズより、ニューアルバム『BEST BOUT』を発表。同時に、役者としての評価も高く、『青春☆金属バット』 (2006年、熊切和嘉監督)、『さや侍』(2011年、松本人志監督)などに出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開