特集 PR

震災や原発すら「消費」してしまうのか? 舩橋淳×後藤正文対談

震災や原発すら「消費」してしまうのか? 舩橋淳×後藤正文対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

これは福島第一原発の事故によって故郷を追われた人々の話である。埼玉県の旧騎西高校での避難生活を余儀なくされた、福島県双葉町の人々の姿を克明に捉えた、舩橋淳監督のドキュメンタリー映画『フタバから遠く離れて』。2012年に公開され、国内のみならず、海外でも大きな反響を呼んだこの作品の第二部が11月15日より公開される。前作から今までの約3年間が記録された本作では、町長と町議会、埼玉に移った人々と福島に残った人々との軋轢や、新たに浮上した中間貯蔵施設の問題などが、前作以上の濃度でカメラに収められている。そう、言うまでもなく、原発事故はまだ収束などしていない。そして、誰もがその当事者であり、責任の一端を担っているということを、この作品は改めて我々に突き付けてくる。

今回舩橋監督が対談の相手として指名したのは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文。震災・原発事故以降、積極的にメッセージを発信し、自ら編集長を務める『THE FUTURE TIMES』でこの国をドキュメントし続けてきた後藤は、『フタバから遠く離れて』をどのように見て、何を思ったのか。そして、震災から3年半が経過し、記憶の風化が進む中、今映画や音楽には何ができるのか。二人の対談が行われたのは、横浜にあるランドマークスタジオ。アジカンが震災後初めて発表したアルバム『ランドマーク』が生まれた場所である。

PROFILE

舩橋淳(ふなはし あつし)
1974年大阪生まれ。映画作家。デビュー作『echoes』(2001年)が仏アノネー国際映画祭で審査員特別賞と観客賞を受賞。第2作『Big River』(2006年、主演:オダギリジョー)はベルリン、釜山など国際映画祭へ正式招待された。東日本大震災で町全体が避難を強いられた福島県双葉町とその住民を長期に渡って取材したドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』(2012年)は世界40カ国以上で上映。2012年キネマ旬報ベストテン第7位。著書『フタバから遠く離れて 避難所からみた原発と日本社会』も出版される。同スピンオフ作品『放射能 Radioactive』は、仏Signes de Nuit国際映画祭でエドワード・スノーデン賞を受賞。劇映画『桜並木の満開の下に』では被災地を舞台に物語を展開し、ジャンルを越えて、震災以降の社会をいかに生きるかという問題にアプローチしている。
Deep In The Valley | 舩橋淳の映画と批評
映画『フタバから遠く離れて 第二部』公式サイト

後藤正文(ごとう まさふみ)
1976年生まれ。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、楽曲の全ての作詞とほとんどの作曲を手がける。これまでにキューンミュージックから7枚のオリジナルアルバムを発表。2010年にはレーベル「only in dreams」を発足。また、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞『THE FUTURE TIMES』を編集長として発行。2014年4月にソロアルバム『Can't Be Forever Young』、11月19日にソロツアーのライブ盤『Live in Tokyo』を2枚組アナログレコードにてリリース(CD、配信は12月3日リリース)。続く11月28日のBLACK FRIDAY/RECORD STORE DAYにはCD付き7インチシングル『Route 6』をリリース。
Vo.ゴッチの日記
only in dreams
ASIAN KUNG-FU GENERATION
TheFutureTimes
Gotch (@gotch_akg) | Twitter

この映画を見て「じゃあどうしよう」と即座に思うのではなくて、重たいものをそのまま受け取ったような感覚になった。僕らはこの「何とも言えなさ」を共有しなくちゃいけない。(後藤)

舩橋:ここ(横浜ランドマークタワー)にスタジオがあるんですか?

後藤:この部屋の隣がスタジオで、震災後の4月くらいからここに入ってました。当時は自粛モードの中、ミュージシャンもみんな引き上げちゃって、スタジオも稼働してなかったんですけど、ずっとお世話になってたスタジオだったから、「僕らが入ります」とスタッフに伝えて。そうやって、余震の中でみんなビクビクしながら作ったのが震災後最初に出たアルバムの曲たちで。

左から:後藤正文、舩橋淳
左から:後藤正文、舩橋淳

舩橋:あ、『ランドマーク』! そうか、「ランドマーク」にはメルクマールとか、象徴するような建物って意味もあるけど、作った場所がここだったんですね。

後藤:そうなんです。ダブルミーニングで、いいんじゃないかなって。

舩橋:映画『フタバから遠く離れて 第二部』はいかがでしたか?

後藤:僕も新聞(『THE FUTURE TIMES』)を作ってて思うんですけど、震災直後よりもこういう映画を撮ることの意義を自分の中にしっかり持っておかないと、撮り続けられないんじゃないかと想像しました。というのも、見る側の反応も、今と2年前とじゃ違うと思うんですよね。まず動員から違う気がする。

舩橋:はい、それはとっても心配してます。

後藤:僕の中でも、少しずつ自分の生活が立ち直ってきて、当時はスタジオが使えなかったり、ライブができるかどうかも危うかったけど、そういうところは今、取り戻すことができました。ただ、こういう映画を見ると、まだ全然進んでないどころか、今も分断や争いが起こり続けているという意味では、後退しているかのような印象を受けますよね。もちろん、僕は自分で取材もしてるから、そういう状況は理解していたつもりなんですけど。でも改めて、僕らはこの「何とも言えなさ」を共有しなくちゃいけないと思いました。これを見て、「じゃあどうしよう」と即座に思うのではなくて、重たいものをそのまま受け取ったような感覚でした。

『フタバから遠く離れて 第二部』 ©ドキュメンタリージャパン/ビックリバーフィルムズ
『フタバから遠く離れて 第二部』 ©ドキュメンタリージャパン/ビックリバーフィルムズ

舩橋:映画にしても音楽にしても、貨幣経済のシステムの中に入り込んで作って、プロデュースされて、世の中に出されて、それが消費されて、納得する……っていう循環があると思うんですね。震災と原発事故の直後はそれに関する作品がたくさん作られて、消費されていったわけですけど、その循環が一段落しちゃうと、「あの話はもう聞きたくない」っていう、逆の波が起こるんです。「選択的知覚(セレクティブパーセプション)」って言うんですけど、それが今の震災や原発映画の動員の減少に顕著に出てて。つまり、そのサイクルが一段落しても、まだ原発事故が続いているということの重みを、人間はあんまり理解できてないんですよね。西日本で映画を上映する機会があって、行ってみると、もう福島は何とかなったと思ってる人がいっぱいいるんです。

後藤:僕は静岡の島田市の出身で、近くに浜岡原発があるんですが、全国の原子力施設を抱えてる市町村の人たちの会議のシーンを見て、「この人たちはホントに他人事みたいに集まってるんだな」って思ったんですよ。ちょうど浜岡原発がある御前崎の市長も出てましたけど……。

舩橋:映画の中で、「もう2年も経ってるんですよ! 再稼働してください!」って言ってた人ですね。

Page 1
次へ

プロフィール

プロフィール

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化