特集 PR

思想家 東浩紀が感動した父娘の物語『インターステラー』の到達点

思想家 東浩紀が感動した父娘の物語『インターステラー』の到達点

インタビュー・テキスト
新谷里映
撮影:永峰拓也

人はいつだって、まだ見ぬ世界やこれから訪れる未来に想いを馳せて生きるものだ。そして、できることならその未来の中でより良く生きるにはどうしたらいいのか、知りたいと思う。

クリストファー・ノーラン監督の最新作『インターステラー』は、地球の寿命が終わろうとしている近未来を舞台に、新たに人類が生きる星を探しに宇宙へ旅立つ父と、地球に残された娘との感動のストーリー。バットマンを原作にした大ヒットシリーズ『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』の3部作、夢と現実の世界を行き来するサスペンスアクション『インセプション』など、独自の設定で世界を描き常に観客を驚かせてきたノーラン監督が『インターステラー』で描くのは、遥か彼方の宇宙で試される人間の心と愛情。壮大な未知の世界を舞台に、こんなにも人間ドラマを取り入れた作品は彼にとって初めての試みと言えるだろう。そこで、クリストファー・ノーラン監督のファンであり、SF小説『クリュセの魚』『クォンタム・ファミリーズ』の著者である思想家・東浩紀を迎え、その魅力をたっぷり語ってもらった。

※本記事は『インターステラー』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

僕の魂というか、生き方、実存みたいなものがクリストファー・ノーランと近いのではないか? と思ったんです。

―東さんの評論やSF小説を拝読して、クリストファー・ノーラン監督が描いているテーマや問題意識と近い考えをお持ちなのではないかと思ったんです。

:僕、もともとノーランの作品がすごく好きなんですよ。1作目の『フォロウィング』だけ見逃しているのですが、『メメント』以降はすべて観ています。

―ノーランのどんなところに惹かれるのでしょう?

:まず、時間が行ったり来たりする演出が僕好みなんです。あとは知的に計算された緻密なシナリオも素晴らしくて、前作の『インセプション』も時間のズレによる悲劇がよく描かれていましたよね。僕は1971年生まれなのでノーランとほぼ同い年なんです。同世代ということもあってか、分野も規模感も全然違うけれど、どこか共通したSF的感性があるなとずっと思っていて。それで、『インセプション』を観たときに、もしかしてもっと深いところ……僕の魂というか、生き方、実存みたいなものがどこかノーランと近いのではないか? と思ったんです。

東浩紀
東浩紀

―そこまで親和性を感じていらっしゃったとは。そんな中で、今回の『インターステラー』はどうご覧になりましたか?

:間違いなく好きだろうと思っていたけど、想像以上に良くて……大変感動しました。まず、すごくオーソドックスなことを言えば、これはスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』をノーランがリメイクしたようなものだと思います。モノリス(『2001年宇宙の旅』シリーズに登場する、石柱状の謎の物体)がTARS(ターズ)というちょっと奇抜なロボットになってたり(笑)、随所にオマージュが見られますから。

―SF映画の金字塔的作品を意識していると。

:そういう意味では、ロバート・ゼメキスの『コンタクト』とも似ていますね。最近の宇宙を舞台にした映画では『ゼロ・グラビティ』が1つの頂点だと思うんですけど、あれは、「今、宇宙に行ったらどうなるか?」というのを物理的な側面からしっかり作り込んだリアル志向な作品。一方で、『インターステラー』はファンタジーなんですよ。

―ファンタジーと言うと?

:『インターステラー』に描かれている要素は、ハードSFが好きな人間からすると、また違った次元の「思弁的なSF映画」として非常に素晴らしい到達点だと思います。キューブリックやアーサー・C・クラーク(『2001年宇宙の旅』の原作者)の想像力を現代にアップデートさせていて、なおかつ娘と父の物語だったので、個人的にとにかく感動しました。

―ノーランも「初めて父親であることを描いた作品」だと明言しているそうですね。

:やっぱり。僕も娘がいるのでとってもよく分かります。ただ、家族をテーマにするとなると、今のアメリカ映画って、壊れた家族の絆が回復する話がすごく多い。だからこの映画もその路線で行くのであれば、クーパー(マシュー・マコノヒー演じる、地球を救うために宇宙に飛び立った主人公)とアメリア(アン・ハサウェイ演じる、クーパーと宇宙飛行をともにする生物学者)が一緒に地球に戻ってきて、クーパーの娘と息子と和解するストーリーになるんだけど、さすがはノーラン、そうはならないのがいいですね。徹底して父と娘の二人の関係を描いていて、3か所ぐらい泣きました。

Page 1
次へ

作品情報

『インターステラー』

2014年11月22日(土)から新宿ピカデリーほか全国公開
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン
製作総指揮:キップ・ソーン、ジェイク・マイヤーズ、ジョーダン・ゴールドバーグ
出演:
マシュー・マコノヒー
アン・ハサウェイ
ジェシカ・チャスティン
ビル・アーウィン
ジョン・リスゴー
ケイシー・アフレック
デイビッド・ギヤスィ
ウェス・ベントリー
マッケンジー・フォイ
ティモシー・シャラメ
トファー・グレイス
デイビッド・オイェロウォ
エレン・バースティン
マイケル・ケイン
配給:ワーナー・ブラザース映画

プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)

1971年生まれ。作家、思想家、哲学者。ゲンロン代表取締役。2009年、小説『クォンタム・ファミリーズ』で第23回三島由紀夫賞を受賞。近著に『一般意志2.0』(2011年)、『セカイからもっと近くに』(2013年)、『弱いつながり 検索ワードを探す旅』(2014年)など多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー