特集 PR

同性婚から見えた「芸術」と社会運動の距離 西尾佳織インタビュー

同性婚から見えた「芸術」と社会運動の距離 西尾佳織インタビュー

インタビュー
佐々木鋼平
テキスト・構成:萩原雄太, 撮影:高見知香

2011年の『フェスティバル/トーキョー11』公募プログラムで、『おねしょ沼の終わらない温かさについて』を上演。その後も目覚ましい活躍を続ける劇団・鳥公園の西尾佳織は、今年の『フェスティバル/トーキョー14』(以下『F/T14』)において、同性婚をモチーフにした作品『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』を上演する。

当初のアナウンスでは、ゲイの政治家ハーヴェイ・ミルクの生涯を描いた映画『ミルク』の脚本で『第81回アカデミー賞脚本賞』を受賞した、ダスティン・ランス・ブラックの戯曲『8 -エイト-』を上演すると発表していた西尾。2009年、2組の同性愛カップルがカリフォルニア州を提訴し、同性婚の権利を勝ち取るまでを描いたこの作品は、遅々として法整備が進まない日本において、同性婚を考える上でも意義のある上演になると予想されていた。

しかし、西尾はその戯曲から離れ、『8 -エイト-』をモチーフとした新作『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』を書き下ろし、上演する決断を下した。なぜ、ここにきて原作の上演ではなく、オリジナル作品を発表することを選んだのだろうか? そこには、西尾がアーティストとして『8 -エイト-』に感じた根本的な違和感、それを乗り越えるための自分なりの方法論があった。

同性婚をテーマにした『8 -エイト-』という作品に向き合っていく中で、どうしても違和感を覚えずにはいられなくなってしまったんです。

―『F/T14』で上演される、『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』ですが、もともとは、今年7月の『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』で、西尾さんが上演されたダスティン・ブラック作の朗読劇『8 -エイト-』を発端にして作られた作品だそうですね。

西尾:はい。『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』のスタッフの方から、『8 -エイト-』という、アメリカの同性婚裁判を扱う作品を上演してみないかという話をいただき、今年7月に朗読公演を行ないました。以前、早稲田大学の学生が、法律的な視点から同作品を上演したそうなんですが、今回は演劇を作っている人の視点から上演をお願いしたいということでオファーをいただいたんです。セクシャルマイノリティーについて何も知らなかったし、翻訳劇や朗読劇をやったこともなかったので興味を持ち、引き受けました。

西尾佳織
西尾佳織

―同時期に『F/T14』でも、西尾さんが『8 -エイト-』を上演されるとの発表がありましたが、その時点では『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』と同じように、原作の『8 -エイト-』を演出するという予定でした。

西尾:そうですね。『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』の上演が決まってから、『F/T14』でも上演しないかというお話をいただきました。『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』にはセクシャルマイノリティーのイシューに関心がある人が多く訪れますが、そうじゃない人たちにこそ観てほしいという気持ちもあったので、『8 -エイト-』を『F/T14』で上演できるのは、とてもいいチャンスだと思ったんです。

―しかし、結果的には当初の予定が覆り、『F/T14』では原作の『8 -エイト-』ではなく、同作品にインスパイアされて作った、西尾さんの新作『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』を上演することになりました。その理由をあらためてうかがってもよろしいですか?

西尾:『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』での朗読公演で『8 -エイト-』という作品に向き合っていく中で、この作品に対して、どうしても違和感を覚えずにはいられなくなってしまったんです。

―その「違和感」は、作られている最中から感じられていたのでしょうか?

西尾:そうですね、感じました。お話をいただいて、脚本を読んでから演出を引き受けたわけで、何とか付き合える種類の違和感だと思っていたんですけど……それは本当に私の反省です。どういう違和感だったかというと、そもそも『8 -エイト-』という作品は、すごく政治的な目的のためにあるプロジェクトなんです。脚本が強い目的意識を持って書かれていて、その目的を実現しようとすると、「同性婚って素晴らしいよね」という方向に観客を誘導するようになっています。つまり、観客をその方向に誘導できるか、できないか、2つの選択肢しかない作品なんです。それは、何かを考えるきっかけになるというよりも、むしろ狭めてしまう気がして、恐いなと思った。アーティストの仕事というよりも、アクティビストの仕事に近いですよね。それでも、私がアートとして上演するにはどうしたらいいんだろう? というところで難しいなと思っていました。

西尾佳織

―ある意味ではその違和感、つまりアーティストとアクティビストの違いといったジレンマや課題に取り組んだ作品でもあった。

西尾:はい。でも、脚本を読んで決めたわけなので、演出家としての見積もりが甘かったということなんですが……。それで『F/T14』の公演をどうしようかと悩んだあげく、7月の朗読公演に納得がいかなかった部分も踏まえて、『F/T14』があって良かったと言える作品を作りたいと思ったんです。落とし前をつける、と言うと変な言い方ですけど。

―2つの別の作品を上演することで、1つの大きな作品として見てもらう。

西尾:と思ったんですよね。とは言え、『F/T14』しかご覧にならない方もたくさんいらっしゃるので、今回も独立した作品にしなければと思っています。ただ、『8 -エイト-』があっての『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』にしたいというのがすごくあって。それは単に私のエゴでそうしたいというのではなくて、企画に対して、つまりダスティン・ブラックの原作と7月の上演に対して筋を通さなきゃいけないと思っているんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』

2014年11月13日(木)~11月16日(日)
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
作・演出:西尾佳織(鳥公園)
出演:
稲毛礼子
兵藤公美(青年団)
松村翔子
内海正考
遠藤麻衣(二十二会)
呉城久美(悪い芝居)
黒川武彦
武田有史
西山真来
野津あおい(サンプル)
葉丸あすか(柿喰う客)
宮崎裕海
料金:前売3,000円 当日3,500円

関連企画
『家族のカタチを考える ~同性カップルと里親制度』

2014年11月14日(金)19:00開場
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場アトリエイースト
料金:無料(予約の方優先)

ポストパフォーマンストーク
2014年11月14日(金)15:00の回終演後
出演:
西尾佳織
宮地尚子(一橋大学教授、精神科医)
司会:岸本佳子

ポストパフォーマンストーク
2014年11月15日(土)19:00の回終演後
出演:
西尾佳織
佐々木俊尚(作家、ジャーナリスト)
司会:岸本佳子

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー14』

2014年11月1日(土)~11月30日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 吾妻橋 アサヒ・アートスクエア
ほか

『羅生門|藪の中』
2014年11月5日(水)~11月9日(日)
アーティスティック・ディレクター:ジョージ・イブラヒム(アルカサバ・シアター)
演出:坂田ゆかり
美術:目
ドラマトゥルク:長島確

『春の祭典』
2014年11月12日(水)~11月16日(日)
振付・演出:白神ももこ
美術:毛利悠子
音楽:宮内康乃

ミクニヤナイハラプロジェクト
『桜の園』

2014年11月13日(木)~11月17日(月)
作・演出:矢内原美邦

『動物紳士』
2014年11月15日(土)~11月24日(月・祝)
振付・出演:森川弘和
美術・衣裳デザイン:杉山至

『彼は言った/彼女は言った』
2014年11月19日(水)~11月24日(月・祝)
構成・出演:モ・サ

薪伝実験劇団
『ゴースト 2.0 ~イプセン「幽霊」より』

2014年11月22日(土)~11月24日(月・祝)
演出:ワン・チョン

『さいたまゴールド・シアター 鴉(からす)よ、おれたちは弾丸(たま)をこめる』
2014年11月23日(日)~11月26日(水)
作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄

渡辺源四郎商店
『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』

2014年11月28日(金)~11月30日(日)
作・演出:畑澤聖悟

『もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』
2014年11月28日(金)~11月29日(土)
作・演出:畑澤聖悟

『アジアシリーズ vol.1 韓国特集 多元(ダウォン)芸術』
『From the Sea』

2014年11月3日(月・祝)~11月7日(金)
コンセプト・演出:ソ・ヒョンソク

『1分の中の10年』
2014年11月13日(木)~11月16日(日)
構成・振付:イム・ジエ

クリエイティブ・ヴァキ
『いくつかの方式の会話』

2014年11月14日(金)~11月16日(日)
構成・演出:イ・キョンソン

映像特集
『痛いところを突くークリストフ・シュリンゲンジーフの社会的総合芸術』

オープニングレクチャー:『クリストフ・シュリンゲンジーフの芸術と非芸術』
上映作品:
『時のひび割れ』
『友よ!友よ!友よ!』
『失敗をチャンスに』
『外国人よ、出て行け!』

シンポジウム
『アートにおける多様性をめぐって』

テーマ1:「韓国多元(ダウォン)芸術、その現状と可能性」
テーマ2:「日本におけるドラマトゥルクの10年」
テーマ3:「中国・北京――同時代の小劇場演劇シーン」
テーマ4:「都市が育むアート」

3夜連続トーク『舞台芸術のアートマネジメントを考える』
第1夜:「舞台芸術のアートマネジメントを現場から振り返る」
第2夜:「これからのアートマネジメントと、その担い手とは」
第3夜:「アートマネージャーのセカンドキャリア」

プロフィール

西尾佳織(にしお かおり)

劇作家・演出家、鳥公園主宰。1985年東京生まれ。幼少期をマレーシアで過ごす。東京大学表象文化論科にて寺山修司を、東京藝術大学大学院音楽環境創造科にて太田省吾を研究。2007年に鳥公園を結成以降、全作品の脚本・演出を担当。「正しさ」から外れながらも確かに存在するものたちに、少しトボケた角度から、柔らかな光を当てようと試みている。生理的感覚やモノの質感をそのままに手渡す言葉と、空間の持つ必然性に寄り添い、「存在してしまっていること」にどこまでも付き合う演出が特徴。東京を拠点にしつつ、様々な土地での滞在制作も積極的に行っている。『カンロ』にて、『第58回岸田國士戯曲賞』最終候補作品にノミネート。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲