特集 PR

青葉市子×マヒト・NUUAMM、迷子になる贅沢さを思い出す

青葉市子×マヒト・NUUAMM、迷子になる贅沢さを思い出す

インタビュー・テキスト
九龍ジョー
撮影:矢島由佳子

「キレイなものをキレイと思う」とか、自分が当たり前に感じることが理解されないっていう気持ちをずっと抱えていたんです。(マヒト)

―マヒトさんは大阪から東京に出てきて、バンドもソロもやっている。今の音楽業界の中でいろいろと考えていることがあると思うんですね。その中でNUUAMMの活動はどう位置づけているんですか?

マヒト:たしかにいろいろと考えていることはあります。アウトプットの方法がいくつかあることは、自分にとってすごく重要です。最初はGEZANっていう切り口しかなくて、すべてのアイデアをそこに集中させていたけど、今はいろんな形態で試せる。いろんな活動の場において、一つひとつ荷を下ろすことで、どんどんシンプルになっていく感じなんです。ただ、NUUAMMについて言えば、そういう作業ともまったく切り離すことができました。立ち位置云々ではなく、NUUAMMはオレにとって深呼吸みたいなものです。

―やっぱりNUUAMMは、マヒトさんにとってあくまでとても純粋なものなんですね。青葉さんはマヒトさんのことをどう見ていますか?

青葉:そうだなぁ……私は今までいろんな人とご一緒する機会があって、それぞれに私のできることを引き出してもらってきました。それで、2013年の初めかな? 下津っちゃんがマヒトと会わせてくれたんですけど、今まで他の人から感じたり、受けとってきたりしたものよりも、マヒトからもらうインプットの量が圧倒的に多かったんです。マヒトの感性が私の中に入ってきたというよりは、私の中にもともと同じような感覚があって、それがすごく引き出された感じでした。

NUUAMM 撮影:木村和平
撮影:木村和平

―「同じような感覚」というのは?

青葉:例えばGEZANの音楽って、私の弾き語りとは真逆といっていいスタイルですけど、根底に流れているものは同じだなと。わかりやすい言葉でいうと、キレイなものを素直にキレイと思う気持ちとか、花が咲いている場所を知っていることとか。あと言葉にはならないですけど、約束もなしに会える偶然ってなかなかないですよね。通常のコミュニケーションとは別に、もうひとつの何かが通ってるんだと思います。

マヒト:最初に市子と会ったとき、何を話すでもなく、アコギを弾いてみたら、勝手に市子が歌詞を乗せてきて、フリースタイルで曲ができたりして。そんなふうに朝までずっと歌ったんです。それがすごく象徴的な出会い方だったというか、NUUAMMも基本的にそういうリズムの中でやっていますね。

青葉:だれにも急かされることなく、自分たちのリズムでね。

マヒト:そういう同じ感覚とか、言葉で約束しなくても会えちゃう感じとか、放っておいても滲んでしまう色とかを大切にしたいんですよ。むしろ、それ以外のことは重要じゃないとすら思っています。例えば、市子が言ったみたいに「キレイなものをキレイと思う」とか、自分が当たり前に感じることが理解されないっていう気持ちをずっと抱えていたんです。だから、そこを翻訳しないでもわかってくれる人がいるんだっていうのがすごく新鮮。

青葉:私も、ずっと一人で弾き語りをやってきたので、こんなに濃密に人と関わるのは初めてのことなんです。刺激物みたいなところもありますね(笑)。まだ会って2年くらいですけど、マヒトのことを近くで見ていて、彼は日に日に感度が増していると思います。それに対して負けたくないとも思うし、なるべく近い景色を見ていきたい。マヒトが見落とすような部分も拾って共有したいし、それはお互いやっていくことでもありますね。ソウルメイトでもあり、戦友です。

NUUAMM 撮影:木村和平
撮影:木村和平

最近は音楽のフィールドよりも、舞台や小説をやっている人から刺激をもらうことが多いですね。それから世に名前が出てなくても、身近にいる友人たち、例えば服を作っている人とかからエネルギーをもらうことのほうが多いかも。(青葉)

―そんなふうに刺激を受けることで、青葉さんの活動の幅も広がってきているように見えます。

青葉:自分が表現として一番濃密に出せるものは音楽や歌詞だったりしますけど、もっとそれを総合芸術的に出せていけたらなと。先日も藤田貴大さん(マームとジプシー)が演出した舞台『小指の思い出』に音楽で参加したんですけど、やっぱり面白くて。

マヒト:藤田くんみたいにそんなに年も離れてない人がいい作品を作っていることは、ホント刺激的だよね。

青葉:最近は音楽のフィールドよりも、舞台や小説をやっている人から刺激をもらうことが多いですね。それから世に名前が出てなくても、身近にいる友人たち、例えば服を作っている人とかからエネルギーをもらうことのほうが多いかも。

―音楽以外のことも見ているから、音楽活動における自由を真っ直ぐ見つめていられるのかもしれませんね。NUUAMMは今後どうなっていくのでしょう?

マヒト:今後のことかぁ。単純にイベントに呼ばれてライブをしていくって感じは湧かないもんなぁ……。

―たしかに(笑)。

マヒト:ずっと引き合いに出してきた砂場で遊ぶことと同じで、どんなカタチを作ってもいいのかなって。

青葉:またいつでも遊びたくなったらね。

マヒト:ずっとそうあるべきだと思っていたからね。音楽活動を始めてからまだ5年ぐらいですけど、「やっぱり間違ってないんだ」って思えるものをカタチにできたことが本当にうれしいです。

Page 3
前へ

リリース情報

NUUAMM『NUUAMM』(CD)
NUUAMM
『NUUAMM』(CD)

2014年12月10日(水)発売
価格:2,500円(税込)
十三月の甲虫 / jsgm-011

1. さっぴー
2. もうみどり
3. 時間の墓場
4. なつばくだんふゆだるま
5. 冷光のまゆ
6. れい
7. 鬼ヶ島
8. 深海の人
9. 真夜中のテレビ

イベント情報

NUUAMMライブ

2014年12月13日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 原宿 VACANT

2014年12月18日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2014年12月19日(金)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:京都府 UrBANGUILD

CINRA.STOREで取扱中の商品

NUUAMM
Tシャツ「NUUAMM」(レディース・ネイビー)

価格:3,240円(税込)
青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポーの新ユニットによるオリジナルTシャツ

NUUAMM
Tシャツ「NUUAMM」(チャコール)

価格:3,240円(税込)
青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポーの新ユニットによるオリジナルTシャツ

プロフィール

NUUAMM(ぬうあむ)

青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)によるユニット。2014年12月、1stアルバム『NUUAMM』でデビュー。マヒトゥ・ザ・ピーポーは、2012年よりうたいはじめ、2013年に自主レーベル「十三月の甲虫」より宅録1stアルバム『沈黙の次に美しい日々』をリリース。うたと向きあい様々なミュージシャンとコラボしながら都内を中心に活動中。青葉市子は、17歳からクラシックギターを弾き始め、2010年1月1stアルバム『剃刀乙女』でデビュー。これまで、細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、七尾旅人、U-zhaanなど錚々たるアーティストたちと、作品やライブで共演を果たしてきた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生