特集 PR

「うすっぺらさ」の正体を求め、宮里紘規は「アート」を行う

「うすっぺらさ」の正体を求め、宮里紘規は「アート」を行う

インタビュー・テキスト
ヤマザキムツミ
撮影:聞谷洋子
p>生きている日々に、漠然としたもやもやを感じながら毎日を過ごしている、そんな実感を抱いている人も多いのではないだろうか。捉えどころのない不安、なんとなくの息苦しさ。正体不明の「何か」に真剣に対峙することは、案外むずかしい。

毎年開催される新人アーティストの登竜門『FACE展 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞』で、全国各地748名の応募のなかから、今年見事グランプリを射止めたのは、多摩美術大学大学院生でもある、宮里紘規さん。端正なルックスに育ちの良さを感じさせる凛とした佇まい。一見すると、飄々と生きる器用な若者のような印象だが、彼も常にぼんやりとした不安を感じており、それが作品制作における原動力でもあるという。正体不明の「何か」をつかまえようと制作を続ける宮里さんにお話を伺った。

自分が感じている世界はもっとドライだし、うすっぺらい。

―『FACE2015』グランプリ受賞おめでとうございます。受賞作品である『WALL』は、モザイク状の大きな「壁」と、その前に立つ人間が描かれている作品ですね。これまでシリーズで制作されてきたそうですが、継続したコンセプトがあるんですか?

宮里:「何か大きいものに向かっている自分」というのは、一環したテーマとしてあります。いつも目の前に何かが立ちはだかっていると感じているんですけど、その正体がわからないとずっと思っていて、それが何なのかを知るために、実際に「壁」を作品として作ってみよう、という考えでこのシリーズは続けています。

『FACE2015 損保ジャパン日本興亜美術賞』グランプリ 宮里紘規『WALL』2014年 ミクストメディア
『FACE2015 損保ジャパン日本興亜美術賞』グランプリ
宮里紘規『WALL』2014年 ミクストメディア

―壁のような存在は、『圧力』や『後悔』といった過去の作品からもうかがえます。受賞作の『WALL』では、シュレッダーで切り裂いた無数の紙片をコラージュして「壁」を描かれていますが、このような手法を使われているのは何故なんですか?

宮里:絵の具で描いているとウェットというか、湿度があるような絵を描いてしまうんです。色選びや筆の運びからそうなるのかもしれないんですけど、「ちょっと人っぽいなぁ」という感じがして。自分が感じている世界はもっとドライだし、うすっぺらい。「絵の具は何か違うな……」って疑問を抱いていた頃に、トム・フリードマン(紙の断片や消しゴムカスなど、日常的な素材を使う現代アーティスト)の作品と出会って、「これだ!」と絵の具を捨てて、一気にコラージュの方向に行ってしまった感じです。

―たしかに宮里さんの作品は、日常的な素材を使用し、その細かいパーツで全体を形成する作風など、トム・フリードマンからの影響が感じられます。実際、穴あけパンチで切り抜いた紙片を使った作品も過去に作られていますが、これも彼の影響ですか?

宮里:そうですね。トム・フリードマンに、穴あけパンチで切り抜いた紙片をひも状に連ねた作品があるんですが、それを作品集で見て「自分は絵の具の代わりにキャンバスに貼ってみよう」とやってみたら、ずっと絵の具に感じていた違和感が払拭されて、しっくりきたのがきっかけですね。

宮里紘規『後悔』2012年 ミクストメディア
宮里紘規『後悔』2012年 ミクストメディア

宮里紘規
宮里紘規

―絵の具からコラージュに表現方法が変わるにあたって、作品コンセプトも大きく変わったのでしょうか?

宮里:絵の具のときは、描くことばかりに夢中になっておろそかにしていた部分をもう少し掘り下げたという感じで、大筋は変わってないですね。

―おろそかにしていた部分というのは、先ほどおっしゃっていた「自分の感じている世界と向き合う」ということでしょうか。宮里さんは、現代社会に対してうすっぺらいと感じていらっしゃるんですか?

宮里:情報が膨大に溢れかえっていて、一つひとつの存在が軽くなっている感じがしていて、それでうすっぺらく感じるんだと思います。

宮里紘規『WALL』2014年 ミクストメディア
宮里紘規『WALL』2014年 ミクストメディア

―その「軽さ」や「うすっぺらさ」に疑問も抱いているわけですね。「壁」という言葉には厚みや重さを感じますが、そういう点も関係しているんでしょうか。

宮里:そうですね。でも、作品で「壁の厚さ、重さ」は表現していないんです。目の前に立ちはだかってはいるんだけど、特に奥行きがなくて。なんて言うか……圧倒的に巨大な壁ではないような壁、裏には何もなくて、正体が掴みづらい壁を描いているイメージでしょうか。

―理由がよくわからないんだけど、ちょっと身動きとりづらいよね……みたいな。

宮里:そうですね。別に閉じ込められているわけではないし、出ようと思えば出られる。だけど目の前にある邪魔なもの、そんな感じです。なんとなく息苦しい、みたいな。

Page 1
次へ

イベント情報

『FACE展 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞展』

2015年2月21日(土)~3月29日(日)
会場:東京都 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜
料金:一般500円 大・高校生300円
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者(1名まで)は無料

『ギャラリー★で★トーク・アート』
2015年3月16日(月)10:00から2時間程度
会場:東京都 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
定員:20名程度
料金:400円(要申込)

プロフィール

宮里紘規(みやざと ひろき)

1990年沖縄県生まれ、東京都在住。大阪芸術大学美術学科油画コース卒業。多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻在籍中。2013年『シェル美術賞2013』入選、2015年『FACE2015 損保ジャパン日本興亜美術賞』グランプリ受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも