特集 PR

ヤマジカズヒデ×チバユウスケ 飾らないカリスマたちの音楽談義

ヤマジカズヒデ×チバユウスケ 飾らないカリスマたちの音楽談義

インタビュー・テキスト
今井智子
撮影:中村ナリコ

新しいものが立ち上がる時って楽しいからね。それは自分のバンドだと、これだけ長くやってると感じられないから。(ヤマジ)

―今回ヤマジさんが21年ぶりのソロ『over sleeper』がリリースしましたが、チバさん聴いてどうでした?

チバ:面白かったよ。いいなと思った。不思議と、清らかなイメージと、清らかな裏に見え隠れするダーティーさがいいね。7、8曲目当たりの流れが俺は好きだったかな。

ヤマジ:嬉しいな。

―今回と21年前のソロ作品との違いは?

ヤマジ:一番大きな違いは、以前のソロは一人で宅録してたことをスタジオでやるという感じで、今回は須藤くん(俊明。ベーシスト、プロデューサー。バンド「uminecosounds」「ZOMBIE,DON'T RUN」としてヤマジと共に活動)と俺が、俺の曲の中でお互いのセンスをぶつけ合いながら遊んで作った感じかな。

―チバさんは、2012年にソロアルバム『SNAKE ON THE BEACH』を出していて、二人とも自身のバンドがあるけどソロもやってるわけですよね。その差別化というか、バンドもあるけどソロもっていう気持ちになるのは何が理由なんでしょう?

チバ:俺の場合は暇になったから。

ヤマジ:俺もソロの1枚目はそんな感じだった。

―曲はあるけどバンドの活動がないからソロで、ということでしょうか?

チバ:あんまりバンドでは向かない曲というか、インストだったりとか。そういうモチーフみたいのがたくさんあったから、一人でとりあえずやってみようかなって。『SNAKE ON THE BEACH』に関しては、できることは一人でやるって言うのがテーマだった。

―そこに、能野哲彦監督の映画『赤い季節』のサントラの話がきたと。

チバ:そうそう、主題歌にもなったおかげで日の目をみたね。

―ヤマジさんはソロでライブもやってるし、dipの曲も演奏したり、バンドとソロはシームレスな感じですね。

ヤマジ:うん。でもやっぱりdipに向かない曲をソロでやってるね。

―dipとは違う何かを表現したいとか?

ヤマジ:バンドのメンバーじゃない、他の人とやる楽しさもあるし。あと、新しいものが立ち上がる時って楽しいからね。それは自分のバンドだと、これだけ長くやってると感じられないから。俺のソロの場合は、演奏するメンバーが違うと自ずと反応が違うから、dipと違うものになる。

1曲作ることへの衝動みたいなのは、今も20年前も変わってないと思う。(チバ)

―デビューした約20年前と今で、ロックシーンの変化ってどう見てますか?

チバ:うーん……新しいのあんまり聴かないからなあ。

ヤマジ:今の若い人のほうが、演奏はうまい。嫌味っぽく言うと、お上手なんだよね。どうせ聴くなら、他のバンドと違うオリジナリティーが溢れてるの聴きたいじゃん。THE NOVEMBERSとか、自分たちでいろいろ頑張っているバンドは面白いよね。

ヤマジカズヒデ

チバユウスケ

―20年前と今で、自分が表現したいことはどう変わりました?

チバ:根本的には変わってないけど、なんて言うのかなあ……いろいろ経験した分、頭にくることも増えたし、許せることも増えた。

―逆に変わってない部分は?

チバ:1曲作ることへの衝動みたいなのは変わってないと思う。新曲を作る時に、「こんな感じ」ってメンバーに説明して、「せーの!」で始めて、一発でみんなでぶつけて形ができた時の衝動っていうか。

ヤマジ:そうだね。曲ができた時の高揚感とかね。俺もあんまり変わってないな。今でも、出したい音が出せずに悩んでることが多いし。20年前、俺は混沌とした生活を送ってたから(笑)。破綻した生活がそのままライブの出来にも影響出てたし。そういう意味じゃ、今のほうがいろんな人とやれて嬉しいんだ、俺は。20年前だったらチバくんともやってないと思うしね。実際、20年位前に、dipとミッシェルと、リキッドルームでやった時……。

チバ:え、そんなのあった?

ヤマジ:うん、あったよ。楽屋もまったく別で、しかも俺たち楽屋にカギ締めてたからね(笑)。

―大人になったんですね(笑)。それにヤマジさんは、最近は活動がいろんな方向に広がって、やりたいことが増えた感じ?

ヤマジ:そうだね。それで得たものがdipにフィードバックされていくっていう感じ。チバくんとやって、もっと歌とか叫びたいなと思ったりとかね。

―そういう広がりの成果が、このソロ?

ヤマジ:そうだね、繋がったね(笑)。

Page 3
前へ

リリース情報

ヤマジカズヒデ『over sleeper』(CD)
ヤマジカズヒデ
『over sleeper』(CD)

2015年3月18日(水)発売
価格:2,700円(税込)
UKDZ-0163

1. over sleeper
2. amphicar
3. know you want
4. small stone
5. 屋根裏の地下室
6. some velvet morning
7. pray for the sun
8. night rider
9. 宙を撃て
10. 遅い痛み
11. からみあうワイヤー
12. hypnopedia
13. intro

V.A.『『新選組オブ・ザ・デッド』オリジナル・サウンド・トラック』(CD)
V.A.
『『新選組オブ・ザ・デッド』オリジナル・サウンド・トラック』(CD)

2015年4月22日(水)発売
価格:2,160円(税込)
UKCD-1156

イベント情報

『over sleeper - release party』

2015年6月19日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 下北沢 440
出演:ヤマジカズヒデ
ゲスト:
石橋英子
須藤俊明
山本達久
料金:4,000円

『SHIMOKITA NO WAVE』

2015年4月11日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 下北沢 CULB Que
出演:
dip
LOOPUS
dummy-xD
DJ:木下理樹(ART-SCHOOL、killing Boy)

リリース情報

The Birthday
『I KNOW』初回限定盤(CD+DVD)

2015年5月13日(水)発売
価格:2,052円(税込)
UMCK-9735

[CD]
1. I KNOW
2. ダンス・ナンバー
[DVD]
『COME TOGETHER TOUR 2014』@渋谷公会堂(2014年10月6日)のライブ映像(前半)を収録

The Birthday
『I KNOW』通常盤(CD)

2015年5月13日(水)発売
価格:1,080円(税込)
UMCK-5569

1. I KNOW
2. ダンス・ナンバー

イベント情報

The Birthday
『Quattro×Quattro Tour'15』

2015年6月20日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2015年6月22日(月)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

2015年6月23日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2015年6月25日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

プロフィール

ヤマジカズヒデ

The Birthday、ART-SCHOOL、THE NOVEMBERSを始めとする数多くの国内バンドからリスペクトされるバンド、dip(ディップ)。豊田利晃監督からの信頼も厚く、2014年には映画『クローズEXPLODE』に出演。この劇中歌にも使用されたアルバム『neue welt』収録曲“HASTY”のPVには豊田監督演出の下、dipのファンと公言している板尾創路氏も友情出演した。ex.THE SMITHSのジョニー・マーもファンを公言している。そんなdipのサウンドを支えるのがヤマジカズヒデである。また、ルースターズの大江慎也や池畑潤二のバンドに参加。映画『I'M FLASH!』(2012年公開)でチバユウスケ、中村達也、KenKenという日本を代表するミュージシャンと主題歌を演奏するなど日本のオルタナティブロックシーンを語る際にはかかせない人物となっている。

チバユウスケ

1968年、神奈川県出身。1991年に結成し、2003年に解散したロックバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」の元ボーカル。1996年にシングル“世界の終わり”でメジャーデビュー。バンド解散後は、ROSSOなど様々なバンドやプロジェクトで活動。2006年には、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの元ドラム・クハラカズユキと、ヒライハルキ、イマイアキノブ(現在はフジイケンジにメンバーチェンジ)とともに「The Birthday」を結成し活動を活発化。2012年には、ソロプロジェクト「SNAKE ON THE BEACH」を始動させ、アルバム『SNAKE ON THE BEACH』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される