特集 PR

大注目株Awesome City Clubが語る、新しい時代のバンド論

大注目株Awesome City Clubが語る、新しい時代のバンド論

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

2013年の春に結成されたAwesome City Clubが、僅か2年でメジャーへと駆け上がって行ったのは、必然だったと言っていいように思う。なぜなら、中心人物のマツザカタクミが明確なビジョンを持った上で結成したバンドだったからだ。男3人女2人のメンバー構成、「架空の街Awesome Cityのサウンドトラック」というテーマ設定、国内外のブラックミュージックの盛り上がりを背景とした音楽性、そして、ライブよりも制作を重視し、SoundCloudやYouTubeに楽曲をあげていったプロモーションの方法、それらすべてが時代を見据えたものであり、結成当初のメンバー四人(マツザカ、atagi、モリシー、ユキエ)に、長らくサポートだったPORINの加入が決まった時点で、おそらくマツザカの中では「いける!」という確信があったに違いない。

1stアルバム『Awesome City Tracks』には、今年に入ってプロデューサーとして大橋トリオやCharaなどの作品に関ったり、ドラマーとしてもくるりのライブへ参加が決定したりと、こちらも時代の顔となりつつあるmabanuaが迎えられ、名刺代わりと言うには十分すぎるほどの作品に仕上がっている。きっとこのアルバムを中心として、2015年の日本の音楽シーンにはクリエイティブの新たな循環が生まれていくことだろう。バンドのブレーンであるマツザカに加え、ソングライティングを担当し、ソウルフルなボーカルも素晴らしいatagi、ビジュアル面を担い、その自由な感性がバンドのインスピレーション源にもなっているPORINの三人に、これまでの歩みを聞いた。

僕らは曲を売り物ではなく宣伝ツールとして捉えたんです。SoundCloudにあげて、名前が気になったらすぐに聴ける状態にしておくことで、ライブに人が来てくれるようになるだろうと。(マツザカ)

―Awesome City Club(以下、ACC)はもともと別のバンドをやっていた人たちの集合体で、結成時から明確な目的意識を持ってスタートしたバンドだという印象があるのですが、実際いかがですか?

マツザカ(Ba,Synth,Rap):その通りですね。もともと僕らがいた下北沢のバンドシーンは、ライブをたくさんやって、集客のためにフライヤーをまいて……という地道なやり方が主だったんですけど、それだとスピードが遅いと思ったんです。まずデモCDを作って物販で500円とかで売ることにも、いまいち合点がいってなかった。僕とatagiはもともとリハーサルスタジオで働いていて、モリシー(Gt,Synth)はエンジニアリングができたから、レコーディングがタダでできる状態だったこともあって、僕らは曲を売り物ではなく宣伝ツールとして捉えたんです。SoundCloudに曲をあげて、名前が気になったらすぐに聴ける状態にしておくことで、ライブに人が来てくれるようになるだろうと。まずは目先のお金のことは考えずにスタートしました。

―非常に明確ですね。メンバーの構成も、女子が2人いるというのがバンドをスタートさせるときから大事な条件だったわけですよね?

マツザカ:一番大事でした(笑)。可愛い女の子が2人いることは、絶対条件でしたね。

Awesome City Club
Awesome City Club

―でも、PORINさんは1年近くサポートメンバーだったんですよね?

PORIN(Vo,Synth):はい。正式メンバーとして入る踏ん切りがつかなかったんです。決意したきっかけとしては、“4月のマーチ”ができたのが大きかったですね。

マツザカ:サポートが歌う曲を作っちゃったっていう(笑)。

―それもやっぱり「入ってほしい」という意思表示だったわけですよね。

マツザカ:そうですね。最初は「サポートからやってくれない?」って声をかけたんですけど、それはとりあえずこのバンドに触れてほしかったからで、絶対やりたいと思ってもらえる自信はあったんです。

―PORINさんは、なぜ1年近く踏ん切りがつかなかったんですか?

PORIN:バンド活動に対して嫌悪感があったというか……前にやってたバンドは、人間関係が上手くいかなくて解散しちゃったんです。私、もともと人に合わせるのが苦手だったんですけど、このメンバーに会って変わりました。

PORIN
PORIN

―集団行動が苦手なタイプだったと。

PORIN:今もそうなんですけど(笑)。でもACCだとそれでも許されるというか、みんな大人なのでいい意味でゆるいんですよね。あとはマツザカくんが「幸せにする」って言ってくれたので(笑)。

―プロポーズじゃないですか(笑)。

PORIN:そういう愛情が嬉しかったです。

マツザカ:この続きは『ゼクシィ』でやろうか(笑)。まあ、みんなバンドに飽きてたというか。バンド名に「Club」って入ってるのも、「バンド」の普通のやり方からは抜け出そうということで。バンド名によくある「THE~」とか「~S」ではなくて、個々の集合体というか、プロジェクトを表すものにしたかったんですよね。そういう温度感もメンバー全員に合ってたのかもしれない。

マツザカタクミ
マツザカタクミ

―atagiくんはバンドのあり方をどう見ていますか?

atagi(Vo,Gt):最初にマツザカくんが言ったような下北沢界隈って、すごくいいバンドはいっぱいいるんですけど、傍から見ていると頭打ちに見えるんですよね。だからそういう枠組みから出たかったというか。実際は、そのバンドが頭打ちになってるわけではなくて、そういう空気になってしまっていることが問題だと思っていたので、もうちょっと広い世界を見たかったんです。

―ビジョンがあるかないかの違いは大きいですよね。「いい曲を作りたい」っていうのはみんな思ってる。でも、大事なのはその先で自分たちがどうなって行きたいかで。ACCはそれが明確だったことが、結成からデビューまでのスピードの理由なのかなって。

マツザカ:そうかもしれないですね。どのバンドも頑張ってると思うけど、僕らはそのベクトルを変えてみたんです。あと、無理しない範囲でやるということも大事だと思っていて。僕らは運命共同体なわけではないから、楽しくないといけないし、ちゃんと利益も出ないと続けていけないと思ったんです。なので、「みんなが楽しくやれることをやる」ということが大事でした。

Page 1
次へ

リリース情報

Awesome City Club『Awesome City Tracks』
Awesome City Club
『Awesome City Tracks』

2015年4月8日(水)発売
価格:2,160円(税込)
Victor Entertainment / CONNECTONE

1. Children
2. 4月のマーチ
3. Jungle
4. Lesson
5. P
6. It's So Fine
7. 涙の上海ナイト

プロフィール

Awesome City Club(おーさむ してぃ くらぶ)

2013年春、それぞれ別のバンドで活動していたatagi(Vo,Gt)、モリシー(Gt,Synth)、マツザカタクミ(Ba,Synth,Rap)、ユキエ(Dr)により結成。2014年4月、サポートメンバーだったPORIN(Vo,Synth)が正式加入して現在のメンバーとなる。「架空の街Awesome Cityのサウンドトラック」をテーマに、テン年代のシティポップをRISOKYOからTOKYOに向けて発信する男女混成5人組。早耳の音楽ファン、ブロガーはもちろんの事、『Gurdian』(UK)、『MTV IGGY』(USA)など海外メディアでもピックアップされるなど、WEBを中心に幅広く注目を集めている。2015年、ビクターエンタテインメント内に設立された新レーベル「CONNECTONE(コネクトーン)」の第一弾新人としてデビューが決定。4月8日に、待望のファーストアルバム『Awesome City Tracks』をリリース。プロデュースにCHARAやGOTCHをはじめ様々なアーティストの楽曲を手がけるmabanuaを迎えた意欲作。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと