特集 PR

DIYで成功させたNeat's『星空ヘッドフォンフェス』の作り方

DIYで成功させたNeat's『星空ヘッドフォンフェス』の作り方

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:西田香織
2015/05/25

2015年4月25日。富士山の裾野、キャンプ場の一角で開催された手作りフェス。本番開始直後からのあいにくの雨の夜、髪の毛から水を滴らせながらも、微笑みを浮かべてキーボードを弾き、歌うNeat'sがいた。彼女の前には、Neat'sの音世界をワイヤレスヘッドフォンを通じて聴き入る150人の静かなる観客たち。その光景はなんとも異様なるも、信じられないほど心地の良い空間が広がっていた。

メジャーレーベルを離れて以降、音源からアートワーク、ビジュアルワーク、通販の梱包からSNSでのプロモーションまで、すべてをDIYで手がけてきたNeat's。CINRAの連載『早く人間になりたい Neat's(26歳女子)』ではプロジェクト初期から彼女を追っているが、一時期は自分を見失いかけた彼女が取り戻したのは「自分の心に素直になること」。持ち前の感受性を活かして、国内でもほぼ前例のない、野外でのヘッドフォンライブ『Neat's 星空Bedroom Orchestra ~サイレント・ヘッドフォン・フェス~』を企てた。予算集めからスタッフ集めに至るまで当然DIY。すべての要素がリスキーゆえ、周囲の誰もに反対されながらも「絶対できる!」と確信してNeat'sと仲間たちが実現した『星空フェス』の道のりと、今のNeat'sを久々にじっくりと語ってもらった。

大人からいつも「ムリだ、ダメだ」と言われてきた反抗心が今も続いてて、「できない」と言われるとやりたくなっちゃうんですよ。

―まずは、先日の『Neat's 星空Bedroom Orchestra ~サイレント・ヘッドフォン・フェス~』(以下、『星空フェス』)のお話から。なぜやろうと思ったのですか?

Neat's:やりたかった! ただそれだけです(笑)。前に『フジロック』か何かに行ったときに、全員がヘッドフォンで音を聴いている屋内のDJイベントを見たんですけど、すごく異様な光景で。

―その光景が頭に残ってた。

Neat's:数年後、自分のライブでモニター(ステージ上でマイクや楽器の音声を聞き取るためのスピーカー)が聴こえなくなるアクシデントがあって、私だけヘッドフォンをつけて演奏したんです。そのときは自分が聴いている音が、みんなにどう聴こえてるかわからなくてすごく不安だったんですけど、自分がヘッドフォンで聴いてるのと同じ音をそのまま届けられたらもっとみんなと繋がれるんじゃないか?って思ったんですよね。しかも私が歌を作るときは、星や宇宙、自然を頭の中に浮かべていることが多いから、野外で星を見ながらヘッドフォンライブをしたら、頭の中の妄想をみんなに体験してもらえるんじゃないか? これは新しいぞ! って。

―面白いのは、野外で実現しようと思ったことですよね。音を均等に無線で飛ばせるヘッドフォンを用意することからすでに難しい。周囲の方には反対されませんでした?

Neat's:めちゃめちゃ反対されました。だからイラッときて、自分で調べまくったんです。そしたらJ-WAVEの知り合いの方がヘッドフォンライブをやったというブログを見つけて、ワイヤレスヘッドフォンを作っているAZDENさんを紹介してもらってお借りできることになったんです。「野外で使うのは初めてなので、成功するかどうかは保証できません」と言われましたけど(笑)。

Neat's
Neat's

―そういえば『星空フェス』のMCでも、「子供の頃から大人に『できない』と言われるのが理解できなかった」と言ってましたよね。

Neat's:「あれがやりたい! これが欲しい!」と大人に言っても、いつもムリだ、ダメだと言われてきたんですけど、それに対する反抗心が今も続いているらしくて。「できない」と言われるとやりたくなっちゃうんですよ。

―クラウドファンディングを使ったのはなぜですか?

Neat's:今回の会場として、アルバム『MOA』のジャケットやMV撮影をした、富士山麓の「ふもとっぱら」というキャンプ場を借りたんですけど、視察のときに見た星空がすごくて本当に感動したんです。「みんなに、この星空を絶対に見せてあげたい!」という気持ちがわき上がって、小規模なもので終わらせずに、もっと巨大なプロジェクトとして成功させたいと思ったし、単なる資金集めというよりは、「みんなで作り上げていく」っていうクラウドファンディングの意図にもしっくりくるなと思ったんです。それで「J-CROWD MUSIC」というJ-WAVEのクラウドファンディングのサイトに自分で企画を持ち込みました。そこでも、いろんな反対意見は出ましたけどね。

―またしても(笑)。でも、結果的には目標金額に対して、372%を達成したんですよね。

Neat's:サイトに載せる写真やプレゼントにたくさん工夫をしました。開始日はPCの前に正座するぐらい不安でしたけど、予想を100倍上回るスピードでみんなが応援してくれるのが嬉しくて、毎日チェックしていました。最初に設定した50万円は4日間で達成したのですが、もっとたくさんの人に知ってもらいたかったので、達成後もコツコツ情報をアップし続けたんです。私を知らずに「よくわからないけど面白そうな企画だから参加しました」というコメントを見たときには、新しいことができたんだと、報われた気持ちになりましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

Neat's 『Bedroom Orchestra II ~more MOA~』(PLAYBUTTON+BOOK+DVD)
Neat's
『Bedroom Orchestra II ~more MOA~』(PLAYBUTTON+BOOK+DVD)

2015年4月11日(土)発売
価格:5,000円(税込)

[PLAYBUTTON]
1. prologue~淡い記憶~
2. MOA
3. グレイの森
4. 夕暮れレコード
5. 黄昏れに雨
6. monologue~孤独の星と金色の鳥~
7. 海
8. 砂漠のスコルピオン
9. end roll~夢と永遠のまんなか~
10. 風
[DVD]
・PV6曲と“新世界”PV、メイキング映像
※120ページオールカラーの絵本付き

イベント情報

2015年6月6日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:北海道 札幌 PROVO
Neat's
成山内(sleepy.ab)

Bedroom Orchestra2 朗読演奏会
2015年6月20日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:京都府 SOLE CAFE

Bedroom Orchestra2 朗読演奏会~マチネ
2015年6月28日(日)OPEN 13:30 / START 14:00
会場:東京都 新宿 プーク人形劇場

Bedroom Orchestra2 朗読演奏会~ソワレ
2015年6月28日(日)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:東京都 新宿 プーク人形劇場

プロフィール

Neat's(にーつ)

Neat's / 新津由衣によるソロプロジェクト。作詞・作曲・編曲を自ら手がけ、Bedroomから発信する変幻自在のファンタジー。アートワークや作品のディストリビューションも自ら手がけるD.I.Y.な活動も話題になっている。バンドスタイルでのライブと並行して、”Bedroom Orchestra”と称した、ループマシーンやサンプラーを駆使した独奏スタイルのライブも精力的に行っている。2015年春には富士山麓にて初の野外ワイヤレスヘッドフォンライブを自主企画し、話題となる。Sound & Recording Magazine連載やJ-WAVEでの宅録講座レギュラー、Buffalo Daughter 大野由美子らと結成したシンセサイザー女子カルテット「Hello,Wendy」での活動にも注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開