特集 PR

Snoop Doggとファレル、世界的スター2人の意外な共存関係

Snoop Doggとファレル、世界的スター2人の意外な共存関係

テキスト
麦倉正樹

西海岸のヒップホップシーンの重鎮・Snoop Doggが、現在飛ぶ鳥を落とす勢いのファレル・ウィリアムスをエグゼクティブプロデューサーに迎えたアルバム『BUSH』をドロップした。「Snoop Lion」名義でリリースしたアルバム『Reincarnated』以来、実に約2年ぶり。アメリカの「コロムビアレコード」とファレルのレーベル「i am OTHER」、そしてSnoop Doggのレーベル「Doggy Style Records」のクリエイティブパートナーシップによって生み出された本作で、ファレルは全楽曲のソングライティングに携わり、さらにはバックボ―カルとして5曲参加するなど、まさしく八面六臂の活躍をみせている。それによって、Snoop Doggの音楽性やイメージに大胆な変革をもたらしたのだった。

1990年代からヒップホップのジャンルを押し広げてきたSnoop Dogg

1993年、Dr.Dreのプロデュースのもと生み出されたデビュー作『Doggystyle』で華々しく世に登場して以来、1990年代型ギャングスタラップ(ギャングたちの暴力的な日常をテーマに歌うラップミュージック)を代表するアーティストとして、西海岸のヒップホップシーンをリードし続けてきたSnoop Dogg(以下、スヌープ)。彼は、そのキャリアを通じて、持ち前の好奇心と軽快なフットワークにより、西海岸はもちろん東海岸や南部のラッパーなど、多種多様なラッパーたちと共演を果たしてきた。さらには、METALLICAやRed Hot Chili Peppers、Gorillazなど、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションも。そう、彼は常にヒップホップというジャンルを押し広げる、突破者としての役割を担って来たのだ。とりわけ、2010年に発表したポップの歌姫ケイティ・ペリーとの楽曲“California Gurls ft. Snoop Dogg”が、全米シングルチャートで7週連続首位を獲得するなど大ヒットしたことは、まだまだ記憶に新しい。


“Happy”の世界的大ヒット以前のファレルの功績

その彼が今回タッグを組んだファレル・ウィリアムスの経歴についても、改めて整理しておこう。もともとは、盟友チャド・ヒューゴと組んだプロデュースチーム「The Neptunes」として、ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、マドンナなど数多くのビッグアーティストのヒットソングに携わり、スターダムにのし上がっていった。その後、自身のヒップホップロックグループ「N*E*R*D」をチャドとともに立ち上げ、次々とヒットを飛ばしながら、近年は“Blurred Lines”で一世を風靡したロビン・シックのプロデュースの他、ソロアーティストとしても活躍。Daft Punkのアルバム『Random Access Memories』(2013年)に参加し、同アルバムからのシングルヒットとなった“Get Lucky”では、フィーチャリングボーカルとしてその美声を披露した。



2013年に、ソロとして発表した曲“Happy”は、世界各国でカバー動画が作られ、社会現象とまでなった。同曲を収録したファレルにとって2枚目のソロ作『G I R L』(2014年)は世界的な大ヒットを記録し、『第56回グラミー賞』では4冠を獲得するなど(過去を振り返ると計11冠受賞している)、現在の音楽シーンにおいて最も重要な人物のひとりである。

Page 1
次へ

リリース情報

Snoop Dogg 『Bush』日本盤(CD)
Snoop Dogg
『Bush』日本盤(CD)

2015年5月20日(水)発売
価格:2,376円(税込)
SICP-4434

1. CALIFORNIA ROLL featuring Stevie Wonder
2. THIS CITY
3. R U A FREAK
4. AWAKE
5. SO MANY PROS
6. PEACHES N CREAM featuring Charlie Wilson
7. EDIBLES featuring T.I.
8. I KNEW THAT
9. RUN AWAY featuring Gwen Stefani
10. I'M YA DOGG featuring Kendrick Lamar & Rick Ross
11. PEACHES N CREAM (Instrumental) (ボーナストラック)

プロフィール

Snoop Dogg(すぬーぷ どっぐ)

全世界セールス3500万枚を誇る、世界で最も有名なラッパーの一人。Dr.Dreに見出されデビューから3作連続で全米チャート1位を記録、2004年には“Drop It Like It's Hot ft. Pharrell”が3週連続で全米シングルチャート1位に輝いた。音楽活動と並行して2009年にはPriority Recordsのクリエイティブチェアマンに就任したり、ハリウッド界への進出、自身のバスケットボールチームを通じた地域社会への貢献など、その活動は多岐に渡る。ファレル・ウィリアムスとはデビュー以来親交を深めてきたが、ニューアルバム『Bush』でこの最強タッグが再び実現! ポップでカラフルな新しいSnoop Doggの魅力が存分に詰まった、今春一番の注目作だ。

ファレル・ウィリアムス

シンガー、ソングライター、プロデューサーとしてはもちろん、ファッション / カルチャーアイコンとしても世界にその名を知らしめる、スーパーマルチアーティスト。プロデューサーユニット「The Neptunes」のメンバーとして10代の頃からプロデュース業に関わり、2001年に自身がプロデュースしたブリトニー・スピアーズのシングル“I'm a Slave 4 U”が、初のチャート1位を獲得。2013年には、同年最大のヒット曲となったDaft Punk“Get Lucky”とロビン・シック“Blurred Lines”の両楽曲ほか、全米アルバムチャート1位を獲得したビヨンセ、Jay-Z、マイリー・サイラス等の楽曲も手掛け、『第56回グラミー賞』では「最優秀プロデューサー賞」他、Daft Punkと共に主要2部門(「最優秀レコード賞」「最優秀アルバム賞」)を含む計4冠を獲得(計11冠)。2014年、8年ぶりのソロアルバム『G I R L / ガール』をリリース、ミュージックビデオの試聴回数が6億6千万回を突破したシングル“Happy”は、全米シングルチャート10週連続1位を記録し同年の年間チャート1位に。アメリカだけでなく日本、イギリスでも年間チャート1位を記録し、世界中でハッピー旋風を巻き起こした。『サマーソニック2015』にヘッドライナー出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー