特集 PR

Snoop Doggとファレル、世界的スター2人の意外な共存関係

Snoop Doggとファレル、世界的スター2人の意外な共存関係

テキスト
麦倉正樹

西海岸のヒップホップシーンの重鎮・Snoop Doggが、現在飛ぶ鳥を落とす勢いのファレル・ウィリアムスをエグゼクティブプロデューサーに迎えたアルバム『BUSH』をドロップした。「Snoop Lion」名義でリリースしたアルバム『Reincarnated』以来、実に約2年ぶり。アメリカの「コロムビアレコード」とファレルのレーベル「i am OTHER」、そしてSnoop Doggのレーベル「Doggy Style Records」のクリエイティブパートナーシップによって生み出された本作で、ファレルは全楽曲のソングライティングに携わり、さらにはバックボ―カルとして5曲参加するなど、まさしく八面六臂の活躍をみせている。それによって、Snoop Doggの音楽性やイメージに大胆な変革をもたらしたのだった。

1990年代からヒップホップのジャンルを押し広げてきたSnoop Dogg

1993年、Dr.Dreのプロデュースのもと生み出されたデビュー作『Doggystyle』で華々しく世に登場して以来、1990年代型ギャングスタラップ(ギャングたちの暴力的な日常をテーマに歌うラップミュージック)を代表するアーティストとして、西海岸のヒップホップシーンをリードし続けてきたSnoop Dogg(以下、スヌープ)。彼は、そのキャリアを通じて、持ち前の好奇心と軽快なフットワークにより、西海岸はもちろん東海岸や南部のラッパーなど、多種多様なラッパーたちと共演を果たしてきた。さらには、METALLICAやRed Hot Chili Peppers、Gorillazなど、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションも。そう、彼は常にヒップホップというジャンルを押し広げる、突破者としての役割を担って来たのだ。とりわけ、2010年に発表したポップの歌姫ケイティ・ペリーとの楽曲“California Gurls ft. Snoop Dogg”が、全米シングルチャートで7週連続首位を獲得するなど大ヒットしたことは、まだまだ記憶に新しい。


“Happy”の世界的大ヒット以前のファレルの功績

その彼が今回タッグを組んだファレル・ウィリアムスの経歴についても、改めて整理しておこう。もともとは、盟友チャド・ヒューゴと組んだプロデュースチーム「The Neptunes」として、ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ティンバーレイク、マドンナなど数多くのビッグアーティストのヒットソングに携わり、スターダムにのし上がっていった。その後、自身のヒップホップロックグループ「N*E*R*D」をチャドとともに立ち上げ、次々とヒットを飛ばしながら、近年は“Blurred Lines”で一世を風靡したロビン・シックのプロデュースの他、ソロアーティストとしても活躍。Daft Punkのアルバム『Random Access Memories』(2013年)に参加し、同アルバムからのシングルヒットとなった“Get Lucky”では、フィーチャリングボーカルとしてその美声を披露した。



2013年に、ソロとして発表した曲“Happy”は、世界各国でカバー動画が作られ、社会現象とまでなった。同曲を収録したファレルにとって2枚目のソロ作『G I R L』(2014年)は世界的な大ヒットを記録し、『第56回グラミー賞』では4冠を獲得するなど(過去を振り返ると計11冠受賞している)、現在の音楽シーンにおいて最も重要な人物のひとりである。

Page 1
次へ

リリース情報

Snoop Dogg 『Bush』日本盤(CD)
Snoop Dogg
『Bush』日本盤(CD)

2015年5月20日(水)発売
価格:2,376円(税込)
SICP-4434

1. CALIFORNIA ROLL featuring Stevie Wonder
2. THIS CITY
3. R U A FREAK
4. AWAKE
5. SO MANY PROS
6. PEACHES N CREAM featuring Charlie Wilson
7. EDIBLES featuring T.I.
8. I KNEW THAT
9. RUN AWAY featuring Gwen Stefani
10. I'M YA DOGG featuring Kendrick Lamar & Rick Ross
11. PEACHES N CREAM (Instrumental) (ボーナストラック)

プロフィール

Snoop Dogg(すぬーぷ どっぐ)

全世界セールス3500万枚を誇る、世界で最も有名なラッパーの一人。Dr.Dreに見出されデビューから3作連続で全米チャート1位を記録、2004年には“Drop It Like It's Hot ft. Pharrell”が3週連続で全米シングルチャート1位に輝いた。音楽活動と並行して2009年にはPriority Recordsのクリエイティブチェアマンに就任したり、ハリウッド界への進出、自身のバスケットボールチームを通じた地域社会への貢献など、その活動は多岐に渡る。ファレル・ウィリアムスとはデビュー以来親交を深めてきたが、ニューアルバム『Bush』でこの最強タッグが再び実現! ポップでカラフルな新しいSnoop Doggの魅力が存分に詰まった、今春一番の注目作だ。

ファレル・ウィリアムス

シンガー、ソングライター、プロデューサーとしてはもちろん、ファッション / カルチャーアイコンとしても世界にその名を知らしめる、スーパーマルチアーティスト。プロデューサーユニット「The Neptunes」のメンバーとして10代の頃からプロデュース業に関わり、2001年に自身がプロデュースしたブリトニー・スピアーズのシングル“I'm a Slave 4 U”が、初のチャート1位を獲得。2013年には、同年最大のヒット曲となったDaft Punk“Get Lucky”とロビン・シック“Blurred Lines”の両楽曲ほか、全米アルバムチャート1位を獲得したビヨンセ、Jay-Z、マイリー・サイラス等の楽曲も手掛け、『第56回グラミー賞』では「最優秀プロデューサー賞」他、Daft Punkと共に主要2部門(「最優秀レコード賞」「最優秀アルバム賞」)を含む計4冠を獲得(計11冠)。2014年、8年ぶりのソロアルバム『G I R L / ガール』をリリース、ミュージックビデオの試聴回数が6億6千万回を突破したシングル“Happy”は、全米シングルチャート10週連続1位を記録し同年の年間チャート1位に。アメリカだけでなく日本、イギリスでも年間チャート1位を記録し、世界中でハッピー旋風を巻き起こした。『サマーソニック2015』にヘッドライナー出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察