特集 PR

未来の日本映画の担い手を育てる30代若手対談 深田晃司×三宅唱

未来の日本映画の担い手を育てる30代若手対談 深田晃司×三宅唱

インタビュー・テキスト
森直人
撮影:豊島望

1997年の設立以来、国際的なビッグネームを多数講師陣に迎え、たくさんの逸材を輩出している日本きっての先鋭的な映画人養成スクール。それが東京・渋谷にある「映画美学校」だ。この9月からフィクション・コース第19期が開講となる。そこで同校同コース出身の代表的な監督二人から話を聞かせてもらった。

まずは『歓待』(2010年)や『ほとりの朔子』(2013年)が国内外で高く評価され、80年代生まれの若手監督では実力・実績ともトップを走っていると言っていい深田晃司(第3期)。そして同コースで昨年から講師を務め、新作『THE COCKPIT』(2015年)も好評の三宅唱(第10期)。この30代の気鋭監督による、今の映画製作のリアルな現状と、サバイブの仕方や楽しみ方とは。

もの作りには興味があったんですけど、「映画には、書くことも映像も音楽も全部あるんだな」って。それまでの自分は体育会系と文化系に分裂していたけど、映画だとそれが合体するんだ! とも思いました。(三宅)

―お二人とも一般の大学に行きながら、映画美学校で学んでいたんですよね。

深田:そうですね、ダブルスクールで。

三宅:まあ途中から大学には全然行かなくなったので、実質シングルスクールになっていました。一応卒業できましたけど。

深田:僕も完全に映画美学校がメインになっていました。

左から:三宅唱、深田晃司
左から:三宅唱、深田晃司

―映画学科のある大学に入るという道を選択しなかったのはなぜですか?

深田:高校までは、自分が映画を作る側に回るという意識がまったくなかったんです。

三宅:俺も「映画を一生の仕事にする」というイメージがまだ湧いてなかったからですね。

深田:映画を観るのは中学生の頃から大好きで、物心ついたときには、父親が3倍速で録画した、つまりテープ一本に3本映画が入っているVHSが600本くらい積んであったんですよ。いわゆる映画オタクな子どもだったんですけど、古典映画を中心に観ていて、基本モノクロみたいな(笑)。だから学生映画とか同時代の日本のインディペンデント映画の流れについてはまったく知らなかった。それがたまたまユーロスペースに映画を観に行ったときに、映画美学校の夏期講座のチラシを見つけて、初めて自主映画の存在を知ったような感じでした。

三宅:俺は札幌の出身なんですけど、まず中学3年のときに自分で映画もどきを作ったんですよ。サッカー部で一緒だった友達と学校の放送室から持ってきたビデオカメラで、エアガンの撃ち合いとかを撮ってみて(笑)。当時話題になっていた『プライベート・ライアン』(1998年 / 監督:スティーヴン・スピルバーグ)の影響もあったのかな。その「映画ごっこ」がやたら楽しかったという体験が原点としては大きいですね。もともともの作りには興味があったんですけど、「映画には、書くことも映像も音楽も全部あるんだな」と実感して。あとはサッカー部の友達と遊んでいる延長に映画作りがあったのもデカかった。それまでの自分は体育会系と文化系に分裂してたんですけど、映画だとそれが合体するんだ! って(笑)。

深田:逆に僕はずっと美術部だったんですよ。だからもの作りの衝動は非常に強かったんですけど、「独りでできる」こと以外を選ぶイメージがまったく湧かなかったんです。映画は集団芸術だから、どう考えても他人を巻き込まなきゃいけない。それは人付き合いが苦手だった思春期の自分にはありえないっていう。だから映画美学校に入ってからコミュニーション能力の点でえらい苦労することに……。

左から:三宅唱、深田晃司

―実に対照的な二人ですね(笑)。三宅さんの撮る映画って常に部活感というか、男子チーム感がありますよね。

三宅:たしかに、今までの映画全部そうですね。ツレ同士の理想郷みたいなものにいまだに憧れがあるんだと思います。高校もサッカー部に入ったんですけど、「いつか映画を撮りたいな」という想いを抱えていて、意識的に映画をよく観るようになりました。札幌には東京のミニシアターで上映された映画が半年くらい遅れていろいろ入ってきていたんですが、4時間半くらいの映画があると聞いて観に行ったら、全8章の『ゴダールの映画史』(1988年~1998年 / 監督:ジャン=リュック・ゴダール)だった。そこからまんまとハマりまして。

深田:それはでき過ぎた話ですね(笑)。

三宅:ハハハ。いや~、やたら面白くて。で、そこから映画以外にも興味が広がりつつ、大学では、鵜飼哲先生というジャック・デリダ(ポスト構造主義の代表的なフランスの哲学者)に師事されていた先生のところで学びたいなと。

―大学は一橋の社会学部ですよね。現代思想の勉強から入って、映画にリンクすればいいなと考えたんですか?

三宅:いえ、ひとまず中学以来にもう一度映画を作ってみてから考えよう、というくらいです。それで、大学の映研に入って、そこでチンタラやっていたんですけど、だんだん満足できなくなって。「このまま映画作りを辞めるわけにはいかないな」って想いが高まってきて、それでガチな場所に行こうと思って、映画美学校に入りました。

Page 1
次へ

詳細情報

映画美学校
フィクション・コース 募集ガイダンス

2015年7月18日(土) OPEN 17:30
会場:東京都 映画美学校
登壇(予定):
高橋洋(脚本家、映画監督、講師)
大工原正樹(映画監督、講師)
三宅唱(映画監督、講師)
内藤瑛亮(映画監督、修了生代表)

イベント情報

『フィクション・コースを体験出来る1日!映画美学校ショーケース』

2015年7月5日(日)
作品上映:
『いなべ』(監督:深田晃司)
『やくたたず』(監督:三宅唱)

シンポジウム
『撮り続けること』

出演:
深田晃司
三宅唱

『映画美学校フィクション・コース 制作&実習作品一挙上映!!』 上映作品:
『泥人』(監督:上野皓司)
『おもちゃを解放する』(監督:酒井善三)
『ブロッケンの妖怪』(監督:山口佳奈)
『NEVER TO PART』(監督:松本大志)
『天使の欲望』(監督:磯谷渚)

講義
『エンターテイメントと(超低予算)インディペンデントの関係は』

出演:
万田邦敏
西山洋市
高橋洋

料金:1日通し券 1,000円

プロフィール

深田晃司(ふかだ こうじ)

1980年生まれ。大学在学中に映画美学校フィクション・コース第3期に入学。2001年初めての自主制作映画『椅子』を監督、2004年アップリンクファクトリーにて公開される。その後2本の自主制作を経て、2006年『ざくろ屋敷』、2008年長編『東京人間喜劇』を発表。同作はローマ国際映画祭、パリシネマ国際映画祭に選出、シネドライヴ2010大賞受賞。2010年『歓待』で東京国際映画祭「ある視点」部門作品賞受賞。2013年『ほとりの朔子』でナント三大陸映画祭グランプリを受賞。同年三重県いなべ市にて地域発信映画『いなべ』を監督した。2005年より現代口語演劇を掲げる劇団青年団の演出部に所属しながら、映画制作を継続している。

三宅唱(みやけ しょう)

1984年札幌生まれ。初長編『やくたたず』(10)ののち、2012 年劇場公開第1作『Playback』を監督(ロカルノ国際映画祭イン ターナショナルコンペティション部門正式出品)。同作で高崎映画祭新進監督グランプリ、日本映画プロフェッ ショナル大賞新人監督賞を受賞。最新作『THE COCKPIT』(14)が全国順次公開中。ほかに『無言日記/201466』(14)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場