インタビュー

独創的なMVを発信するHaKU。最新作は音楽再生アプリとコラボ

独創的なMVを発信するHaKU。最新作は音楽再生アプリとコラボ

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:相良博昭
2015/06/30

幸福感あふれる楽曲に合わせて踊るアルパカに、誰もがキュンキュンして釘付けになるHaKUの“happiness ~シアワセノオト~”のミュージックビデオ(以下、MV)。これまでも、『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 2013』でBEST VIDEOSにノミネートされた“everything but the love”、アスキーアートを用いた面白法人カヤック制作の“the day”、コナミのアーケードゲーム「jubeat」とコラボした“think about you”など、クリエイティブなMVを送り出してきたHaKUだが、今作では「ポケットモンスター」のライセンサーの1社であり「ポケモンカードゲーム」やポケモン関連のビデオゲーム開発・制作を行う株式会社クリーチャーズによる音楽再生アプリ「aDanza」とコラボ。バンドとしても、これまでメインボーカルを務めてきた辻村有記ではなく、紅一点のベース担当・三好春奈がリードボーカルを務め、シンセや同期音源も取り入れるなど、大きな変化を選んだ作品となっている。HaKUの辻村と三好、“happiness ~シアワセノオト~”のMVを手掛けたクリーチャーズの西田大作と五十嵐寛の四人に、MV制作の裏話や、最新アルバム『I HEAR YOU』について語ってもらった。

キュンキュンする感じをHaKUなりの表現で映像とリンクさせるにはどうしたらいいだろうかと打ち合わせしていたら、スタッフのひとりがaDanzaのアプリを起動したんですよ。(辻村)

―まずは今回のコラボに至った経緯を教えて下さい。

辻村(Vo,Gt):僕らからオファーさせていただいたんですけど、“happiness ~シアワセノオト~”という曲はいままでとちょっとテイストが違うというか……バンド活動を8年間やってきて、もう一歩先に踏み出すために変わらなきゃいけないと思って、その気持ちを詰め込んだ曲なんです。

左から:三好春奈、辻村有記
左から:三好春奈、辻村有記

―タイトル通り、すごく幸福感のある曲ですよね。

辻村:より聴いてくれる人に近づきたいと思って、ナチュラルに聴いてもらえる言葉を使いながら、人と人との間に起こる気持ちの揺れ動く様を書きました。今回、リード曲としては初めてベースの(三好)春奈がボーカルを担当して、バンドとして次のステップに進むきっかけの曲になって。だから、MVも斬新なアイデアが必要だと思ったんですね。<kyula yula>というサビの歌詞のキュンキュンする感じを、HaKUなりの表現で映像とリンクさせるにはどうしたらいいだろうかと打ち合わせしていたら、スタッフのひとりがaDanzaのアプリを起動したんですよ。

―スタッフさんがaDanzaを使っていたんですか?

辻村:そうなんです。普段から使っていたみたいで。

西田:それは嬉しいですね!

辻村:それで、曲に合わせてアルパカがダンスをする映像を見せられて、「こういうのかわいいよね」みたいなことをスタッフが言ったんですけど、僕らは「これだ!」みたいな(笑)。

三好(Ba,Vo):もう満場一致だったよね。

辻村:自分たちはダンスミュージックバンドというコンセプトでやってきたので、すごくいいものになる予感があったんですよね。それで「アルパカをお借りしたいんです!」ってラブコールさせていただいたんです。

―aDanzaは曲を再生したら、自動でキャラクターが踊ってくれるアプリですけど、MVを作るとなると、キャラクターの動きを作り込まなきゃいけないわけですよね。

西田:そうですね。アプリは用意してあるダンスのパターンを曲に応じてループさせる仕組みなので、曲のテンポとダンスがピッタリ合っているわけではないんです。でも今回のMVは、曲とダンスがしっかりはまるように作り込みました。

五十嵐:でも、音を拾うというアプリの仕組みはそのまま使ったんですよ。そのうえで、MV専用に、ダンスのスピードやタイミングを新たに組み直しました。

「aDanza」
「aDanza」

―僕はてっきり、MVのためにモーションキャプチャ(実際に人間の動作を撮影してデジタル化する)を撮り直したのかと思ってました。

西田:そう思っていただけるのは嬉しいですね。

―でも、それって大変だったんじゃないですか?

五十嵐:そうですねえ……正直大変でしたね。

辻村:すいません!

五十嵐:いやいや(笑)。aDanzaは、リアルタイムで曲を読み込んでキャラクターが踊る仕組みなので、1か所を調整すると、全体のタイミングが変わってきます。だから、本当にダンサーさんに何回も踊ってもらうように、アルパカに何回も踊らせて。タイミングがずれたら、調整して、やり直して。

五十嵐寛
五十嵐寛

―撮影した映像をつなぎ合わせたほうが、作業的には楽だったんじゃないですか?

五十嵐:そうですね(苦笑)。

西田:自分たちでも「なんでこんなことやってるんだ?」って思いましたね(笑)。

―それをあえてやらなかったのは?

五十嵐:アプリを見て「面白い」と思っていただけた感覚をそのまま生かすために、極力変えたくなかったんです。映像をつなぎ合わせると、実際のアプリとは似て非なるものになってしまうので。無駄に力を入れるというのが我々のモットーなんですよ(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

HaKU 『I HEAR YOU』初回盤(CD+DVD)
HaKU
『I HEAR YOU』初回盤(CD+DVD)

2015年7月1日(水)発売
価格:2,484円(税込)
UPCH-7030

[CD]
1. happiness ~シアワセノオト~
2. 嘘つきハーモニー
3. Romance in the summer feat. 渡邊幸一(グッドモーニングアメリカ)
4. Life is beautiful
5. dye it white(banvox remix)
6. 歓びの歌(ボーナストラック)
[DVD]
「2014.8.30 HaKU Reincarnation Lev.1 ~out break~ at 渋谷Glad」
1. dye it white
2. think about you
3. アステリズム

HaKU 『I HEAR YOU』通常盤(CD)
HaKU
『I HEAR YOU』通常盤(CD)

2015年7月1日(水)発売
価格:1,728円(税込)
UPCH-2043

[CD]
1. happiness ~シアワセノオト~
2. 嘘つきハーモニー
3. Romance in the summer feat. 渡邊幸一(グッドモーニングアメリカ)
4. Life is beautiful
5. dye it white(banvox remix)

『aDanza』

料金:無料(※一部有料コンテンツあり)
動作環境:iOS6.0以上、iPhone4s~、iPod Touch(第5世代~)、iPad(第3世代~)(Android OS未対応)

プロフィール

HaKU(はく)

2007年大阪にて、辻村有記(Vo,Gt)、三好春奈(Ba,Vo)、藤木寛茂(Gt)、長谷川 真也(Dr)の4人で結成。2012年10月、EMI RECORDSよりメジャーデビュー。高度な演奏力とクリエイティビティーを兼ね備え、圧倒的バンドサウンドを軸としたライブに高い評価が集まる中、2014年後半からはHaKUの新機軸となるシンセサウンドを積極的に取り入れ、フロアを徹底的に躍らせていくダンスミュージックを追及。2015年4月、UNIVERSAL Jへ移籍後、初となる楽曲“happiness ~シアワセノオト~”をリリース。常に新しく唯一無二の存在と世界を築く楽曲は国内だけでなく、国外の音楽ファンからも支持されている。

西田大作(にしだ だいさく)

株式会社クリーチャ―ズ 開発1部ゲームデザインセクション兼開発3部ネットワークサービスチーム所属。「ポケモンカードゲーム」のビジュアルコンセプトやイラストディレクション、カードデータ開発などを手がけてきた。「aDanza」ではUIデザインとキャラクターディレクションを担当。

五十嵐寛(いがらし ひろし)

株式会社クリーチャ―ズ 開発2部ゲームデザインチーム所属。ゲームボーイアドバンスソフト「のののパズルちゃいリアン」やDSソフト「ポケモンレンジャー」などのゲームディレクションを手がけてきた。「aDanza」では初期プロトタイプの研究や開発を行った。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に