特集 PR

絵画をピクニックシートに? 注目の若手作家リー・キットに聞く

絵画をピクニックシートに? 注目の若手作家リー・キットに聞く

インタビュー・テキスト
坂口千秋
撮影:相良博昭

2013年の『ヴェネチアビエンナーレ』において、『ウォールストリートジャーナル』紙による「必見の展示ベスト5」に挙げられるなど、国際的なアートシーンで注目を集め続ける香港出身の現代アーティスト、リー・キットの展覧会が、東京の資生堂ギャラリーで行なわれている。

淡いパステルカラーの光を基調に、絵筆を置くように絵画やクッション、椅子などを配置して、空間全体を1枚の絵画につくりあげるリー。その眼差しは、都会の孤独や不安に寄り添い、音楽や小説にも似た親密な共感を、観る人に静かに呼び起こす。深い余韻を残す注目のペインター、そのひそやかなるパーソナルヒストリーをインタビューでたどる。

ある日、ガールフレンドが「ピクニックに行こう」と誘ってくれて、僕は折りたたんだ絵をピクニックシートの代わりに持って行った。

―リー・キットさんが注目を集めるきっかけとなった作品の1つに、布に絵具で柄を描いて、テーブルクロスやカーテン、シーツとして使うというものがあります。なぜ絵画をテーブルクロスにしようと思ったのですか。

キット:あのシリーズを作り始めたころ、僕はまだ美大生で、写実的な絵を上手に描くことができる成績優秀な生徒でした。でもそんな評価は絵画の本質とまったく関係ないような気がして、もっと自分の絵画を追求したいというフラストレーションがあった。若くて生意気だったから、先生の出すお題にちゃんと答えるのも段々イヤになってきて(笑)、自分なりにしっくりくる、毎日描き続けられるシンプルな方法を探して辿り着いたのが、テーブルクロスの柄を絵具で布に描くという手法だったんです。

LEE Kit『Hand-painted cloth used in a gallery in Tokyo and somewhere in HK』2010-2015 acrylic on fabric 121x126cm copyright the artist courtesy ShugoArts photo by Gabriel Leung
LEE Kit『Hand-painted cloth used in a gallery in Tokyo and somewhere in HK』2010-2015 acrylic on fabric 121x126cm copyright the artist courtesy ShugoArts photo by Gabriel Leung

―テーブルクロスといえば、ストライプやチェック柄ですよね。

キット:そう。テーブルクロスのパターンは、色と構図と質感のみ、とてもシンプルです。美大でも先生に「写実画?」と聞かれれば「そうです」と答え、「抽象画?」と聞かれれば「まあね」と答えれば良かった。僕のやっていることを誰も理解できなかったけど、おかげで自分の制作に集中して、日記のように日々繰り返し描き続けることができました。

―なぜ毎日描き続ける必要があったんですか?

キット:僕にとって「絵を描く」という行為は「プラクティス」、つまり日常で実践し、反復し、追究していく、とてもパーソナルな行為だからです。毎日、布に絵を描くだけでなく、描いた布を洗ったりもしていました。絵を描くよりも洗っている時間のほうが長かったくらいです(笑)。

―描いた絵を洗っちゃうんですか?

キット:そう。1つ絵を描き終わると水で洗って、壁にかけて干して、褪せて色が変わる様子を眺めていました。そしてもう充分と思えたら、絵を畳んでテーブルの脇に置き、次の絵にとりかかる。それを繰り返しました。

リー・キット
リー・キット

―額に入れたり、木枠に張って展示することはしなかった?

キット:木枠が絵の世界を限定して、閉じ込めてしまう気がしたんです。だから絵が完成したと思ったら、布を畳んで横に置く。するとそれは絵画ではなく布だからレディメイド(既製品をそのままアート作品として提示する手法)にもなる。そういうわけで、このシリーズは最初、絵画として見せるつもりはまったくありませんでした。ただ、新型肺炎のSARSが香港で猛威を奮った2003年に、偶然にも新しい発見があって。

―SARS、感染力が強くてアジア中が一時パニックになりました。

キット:香港でも300人近い死者が出ました。当時、ちょうど僕の家の前が病院で、大勢の人がそこへ運ばれて亡くなり、僕も友人を亡くしました。感染を恐れてみんな家の中に閉じこもっていた。そんなある日、ガールフレンドが気晴らしに「ピクニックに行こう」と誘ってくれたんです。僕はたまたまテーブルの隅に折りたたんでいた絵をピクニックシート代わりに持って行きました。そして数日後、シートとして敷かれている絵の写真を見て「これは面白いかも?」と気付いたんです。このシリーズは、当初アート作品じゃなくて、愛、あるいはレジャーのためだったんです(笑)。


Page 1
次へ

イベント情報

李傑(リー・キット)展
『The Voice Behind Me』

2015年6月2日(火)~7月26日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:11:00~19:00(日曜、祝日は18:00まで)
休館日:月曜、7月20日
料金:無料

プロフィール

リー・キット

1978年香港生まれ。台湾・台北在住。2006~2008年、香港中文大学美術学部修士課程在籍。2013年の『ヴェネチアビエンナーレ』では、香港館の代表として参加し、『ウォールストリートジャーナル』で「ビエンナーレ必見ベスト5のアーティスト」に挙げられるなど、世界中から注目を集める。2015年には『第12回シャルジャビエンナーレ』(アラブ首長国連邦)に参加。2016年にはゲント現代美術館(ベルギー)やウォーカー・アート・センター(アメリカ)での個展が予定されるなど、国内外で精力的に作品を発表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開