特集 PR

曽我部恵一が語る、自分が父親としてダメだと思う瞬間

曽我部恵一が語る、自分が父親としてダメだと思う瞬間

サントリー「伊右衛門 特茶」
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:豊島望

もうすぐ「父の日」ということで、複数のクリエイターにふだんは聞けない「父親」としての話を聞いてみようという、サントリー「伊右衛門 特茶」との連動インタビュー企画。第2回はミュージシャンであり、レーベルオーナーでもあり、そして3人の子を持つ父親でもある曽我部恵一にインタビューしました。本人は自身の父親ぶりを「適当」と言うものの、正直に子どもたちと向き合う姿には、きっと心打たれる人も多いはず。もの作りと子育ての両立について、ミュージシャンという激務をこなすうえでの健康法についてまで、幅広く語ってもらいました。父親って、かっこいい!

仕事の話を聞かれたりもしますよ。「いつからやってるの?」とか、「どういうふうにやってるの?」とか。「パパの歌、大好き!」みたいなのは、今はほとんどないですけどね(笑)。

―今日は曽我部さんに音楽や歌の話ではなく、「父親」をテーマにインタビューをさせていただきたく、プライベートなお話もうかがっていければと思っています。

曽我部:もちろん大丈夫ですよ、よろしくお願いします。

―曽我部さんの歌にも時々登場されていますが、3人のお子さんの父親でいらっしゃるんですよね?

曽我部:中2、小4、小1で、上2人が女の子、1番下が男の子です。

曽我部恵一
曽我部恵一

―お子さんたちは、お父さんがミュージシャンであることも知っているんですか?

曽我部:それはもちろん。ライブにもたまに連れていきますし、時々仕事の話を聞かれたりもします。たとえば「いま収入はいくらくらいあるの?」とか。

―そっちですか(笑)。

曽我部:特に次女は気になるみたいですね。長女はもう中学生なので、差し出がましいと感じているのか、あまり聞いてこなくなりましたけど。いろんなことを聞かれますよ。「いつからやってるの?」とか、「どういうふうにやってるの?」とか。「パパの歌、大好き!」みたいなのは、今はほとんどないですけどね(笑)。

―それはそれで寂しいですね(笑)。お子さんとの付き合い方は、どんな感じなんですか?

曽我部:うーん、「適当」っていう言葉が一番近いかもしれません。もちろん「これはさすがにマズいだろう」という状況では怒ったりもしますけど、ちゃんと勉強やりなさいとか、こういう教育を受けさせたいとかは一切ない。なんでもいいんじゃないかな。好きなことを見つけられたら。

―子どもに対して、それほど干渉するタイプではないんですね。

曽我部:やっぱり、自分の子どもとはいえども、他人でもありますからね。ただ、20年とか30年とか、たまたま一緒に暮らす中で、いい関係でありたいなと思うんですよ。その中で最低限、自分が思っていることをちゃんと伝えられたらと。「親の言うことを絶対に聞きなさい」「これが正しい」っていうのは、なかなか難しいじゃないですか。それに対して、自分もはっきりした根拠を持っているわけではないというか。だから、「自分はこう思うけど、なんでそうなのかよくわからない」というのは、正直に言っていますね。

―たしかに父親になったからといって、正解を知っている人になるわけではないですからね。

曽我部:「なんで勉強しなきゃいけないの?」と、問われても、「なんでだっけ?」みたいな感じじゃないですか。自分もそういうことを大人に押し付けられるのは嫌だったし、気をつけている部分ではありますね。

曽我部恵一

―だんだん子どもが親離れして、寂しくなったりすることもありますか?

曽我部:もともとあんまりベタベタしないですね。僕自身、自分の時間も大切なタイプなので。ただ、少し前まで1番下の子が幼稚園で、お弁当を作って送り迎えしていたんですよ。4月から小学生になって、それが必要なくなって楽にはなったんだけど、どこか寂しさを感じているところはありますね。

―“うみちゃん、でかけようよ”という歌があるので、子どもを連れて出かけるのが好きなのかなと思っていたんです。

曽我部:子どもと一緒に出かけるのは好きですよ。“うみちゃん、でかけようよ”は次女の歌なんですけど、彼女は超インドア派なんですよ。学校から帰ってきたら、すぐパジャマに着替えて、マンガを読んだり、パソコンやったり、ペンタブレットでイラストを描いていたり、絶対に外に出たがらない(笑)。なので作りました。

―そうだったんですか!? 本人が大人になったら、また聴いてもらいたいですね。

Page 1
次へ

商品情報

伊右衛門 特茶
伊右衛門 特茶

「伊右衛門 特茶」は、トクホで初めて脂肪の「分解」というメカニズムに着目した、体脂肪を減らすのを助けるトクホです。

「伊右衛門 特茶」オフィシャルサイトでは、曽我部恵一が健康について語るインタビューも公開中

リリース情報

サニーデイ・サービス 『Birth of a Kiss』(CD)
サニーデイ・サービス
『Birth of a Kiss』(CD)

2015年7月2日(木)発売
価格:2,376円(税込)
ROSE-191

1. baby blue
2. 恋におちたら
3. あじさい
4. 恋人の部屋
5. 夜のメロディ
6. シルバー・スター
7. 24時のブルース
8. ふたつのハート
9. 成長するってこと
10. 胸いっぱい
11. 若者たち
12. 東京

サニーデイ・サービス 『Birth of a Kiss』(アナログ2枚組)
サニーデイ・サービス
『Birth of a Kiss』(アナログ2枚組)

2015年7月2日(木)発売
価格:3,996円(税込)
ROSE-191X

[SIDE-A]
1. baby blue
2. 恋におちたら
3. あじさい
4. 恋人の部屋
[SIDE-B]
1. 夜のメロディ
2. シルバー・スター
3. 24時のブルース
4. ふたつのハート
[SIDE-C]
1. 成長するってこと
2. 胸いっぱい
3. 若者たち
4. 東京
[SIDE-D]
1. ここで逢いましょう

サニーデイ・サービス 『Birth of a Kiss』(CD+DVD)
サニーデイ・サービス
『Birth of a Kiss』(CD+DVD)

2015年7月2日(木)ROSE RECORDS オンラインショップ限定販売
価格:7,020円(税込)
ROSE-190

[CD]
1. baby blue
2. 恋におちたら
3. あじさい
4. 恋人の部屋
5. 夜のメロディ
6. シルバー・スター
7. 24時のブルース
8. ふたつのハート
9. 成長するってこと
10. 胸いっぱい
11. 若者たち
12. 東京
[DVD]
1. baby blue
2. 恋におちたら
3. 花咲くころ
4. あじさい
5. 雨の土曜日
6. スロウライダー
7. 虹の午後に
8. おせんべい
9. アビーロードごっこ
10. 恋人の部屋
11. 夜のメロディ
12. シルバー・スター
13. NOW
14. 星を見たかい?
15. 24時のブルース
16. ふたつのハート
17. 成長するってこと
18. 胸いっぱい
19. 夢見るようなくちびるに
20. 青春狂走曲
21. いつもだれかに
22. 白い恋人
23. 旅の手帖
24. 若者たち
25. ここで逢いましょう
26. 東京
27. コーヒーと恋愛
ボックス仕様、フォトブック、ポスター、缶バッジ、バックステージパス(レプリカ)入り

プロフィール

曽我部恵一(そかべ けいいち)

1971年生まれ、香川県出身。ミュージシャン。1994年サニーデイ・サービスのボーカリスト / ギタリストとしてデビュー。2001年よりソロ活動をスタート。2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に<ローズ・レコーズ>を設立。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、その表現範囲は実に多彩。下北沢で生活する三児の父でもあり、カフェ兼レコード店<CITY COUNTRY CITY>のオーナーでもある。最新作は7月2日発売、サニーデイ・サービス初のライブフルアルバム『Birth of a Kiss』。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図