特集 PR

水道橋博士インタビュー 家庭を持つと芸人は駄目になる?

水道橋博士インタビュー 家庭を持つと芸人は駄目になる?

サントリー「伊右衛門 特茶」
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:菱沼勇夫
2015/06/01

6月の第3日曜日は「父の日」ということで、さまざまなジャンルで活躍する複数の表現者 / クリエイターに、ふだんは聞けない「父親」としての話を聞いてみようという、サントリー「伊右衛門 特茶」との連動インタビュー企画。その第1弾として、たけし軍団きっての知性派であり、芸人のみならず、コメンテーターやルポライターとしても活躍する浅草キッドの水道橋博士に登場していただきました。現在、3人の子育てを行なっている博士にとって、父親であることは自身の芸人人生にどんな影響をもたらしているのか? 思春期に引きこもりを経験し、啓示を受けたように師匠・ビートたけしに弟子入りした博士にとって、師弟関係と父親の違いとは? 「仕事」「子育て」「健康」の3つのキーワードから、父親として、芸人としての博士に迫りました。

僕のような行動を子どもにもしてほしいかと言ったら、相当疑問ですよね。ほぼ、家出みたいなものだったから。

―博士さんは40歳でご結婚されたそうですが、お子さんはいつ生まれたんですか?

博士:最初の子は結婚して1年後でしたね。上から男女男で、いま11歳、8歳、6歳かな。今年1年間だけ、3人とも同じ小学校に通っているんです。

―それは素敵ですね。お忙しいと思いますが、3人のお子さんと遊ぶ時間は取れていますか?

博士:長男に対しては、過度に干渉しているというか、よく一緒に遊んでいましたね。40歳過ぎてからの子どもだったから、質実剛健に育てようと思って、一緒にジムに通ったり、富士山に登ったり、マラソンをやったり。でも最近、慢性の腰痛が出てからは、その意識もだんだん薄れてきてね、もはや孫の感覚に近いのかな(笑)。それぞれに違った形の愛情がありますけど、最初の子は人生で初めての出来事だったから、イベント感覚で過度に一緒に盛り上がりましたね。

水道橋博士
水道橋博士

―だんだん子離れ、親離れしてきている?

博士:僕のほうが「もう遊んでくれないんだ」って拗ねている感じですよね。いま家庭教師が来てくれているんですけど、僕が勉強を教えようとしても「えぇ~」みたいな感じなのに、家庭教師の言うことは素直に「はい」って聞く。家庭教師なんてしょせん普通の学生じゃないですか。僕は学生より影響力が少ないのか、面白くないのか!? とか思っちゃって、そんな自分が恥ずかしくなります(苦笑)。あと、2番目は女の子で、僕が「娘キャバクラ」と名付けたぐらい、頻繁にプレゼントを買って気を惹こうとしたり、猫かわいがりしてました。それが小学校3年になり、だんだん離れていく感じがあって、それも寂しいですね。

―お子さんたちは、博士さんのお仕事に対して、どんな反応を?

博士:いやぁ、やっぱり「パパもラッスンゴレライやって!」みたいな感じですよ。子どもにはリズムネタや一発芸のほうが人気ありますよね。

―ちょっと悲しいですね(笑)。でも子どもは気が移りやすいから、この前まではあの一発芸やってと言ってたのに、何日かしたら違うのやって、みたいなことも多いんじゃないですか?

博士:多いですよ。昔から、波田陽区がどうしたとか、レイザーラモンや楽しんごがどうしたとか、移ろいやすい世の中みたいなことを、子どもなりの言葉でしゃべってますから。そういうのに子どもながらにワビサビを感じているんでしょうね。いまは一番下の子が「パパには一発ギャグないの?」と言うんですけど、それに対して長男が「パパは一発屋芸人じゃないんだからね!」って教えてくれているんです(笑)。

―おぉ~! きっと父親の仕事に誇らしさを感じているんでしょうね。

博士:どうなんですかね。長男は小学校のお楽しみ会で、浅草キッドの「サザエさん」という漫才を完コピしたそうなんですよ。同級生は元ネタを知らないから、ものすごくウケるって言ってました。他にも「ガンバルマン」(日本テレビ系『スーパーJOCKEY』のワンコーナー)とか、昔の体を張っていたテレビ番組をインターネットで見て真似しているみたいです。

水道橋博士

―父親としてはやはり、子どもにも芸人を目指してほしいですか?

博士:う~ん。そうなってほしいと思ったこともあったけど、だんだん受験勉強とかするようになるとね……。昔は子どもが勉強していると、僕は怒っていたんですよ。「勉強するんじゃない、パパがいるときは遊べ!」って。それでカミさんに怒られて(苦笑)。いまは1年間だけ勉強して、中高一貫校に入ったら、そこから遊びなさいと言うようになりました。じつは僕も中学受験をしているしね。なんか、芸人らしい破天荒さを求めていたのに、現実では「努力の積み重ねなんだよ」みたいな正論を言っちゃうんですよ。

―博士さんは大学から破天荒な人生になったんですよね。ビートたけしさんのラジオを出待ちして、弟子入りして。

博士:明治大学に入ったけど、取得単位ゼロだし、4日しか登校してないし。ちょうど最近ロケで、明大のキャンパスを取材しに行ったんですけど、親が学費を払って、こんな気持ちで行かせたんだなぁと思ったら、後ろめたい気持ちになりましたね(苦笑)。いまはちゃんと職業につけたからいいけど、あのときに凧の糸が切れていたら、どこまで落ちていたんだろう? とか思いますよ。だから、僕のような行動を子どもにもしてほしいかと言ったら、相当疑問ですよね。ほぼ家出みたいなものだったから。

Page 1
次へ

商品情報

伊右衛門 特茶
伊右衛門 特茶

「伊右衛門 特茶」は、トクホで初めて脂肪の「分解」というメカニズムに着目した、体脂肪を減らすのを助けるトクホです。

{詳細(複数ある場合もあります)}

「伊右衛門 特茶」オフィシャルサイトでは、水道橋博士が健康について語るインタビューも公開中

書籍情報

『藝人春秋』(文庫)
『藝人春秋』(文庫)

2015年4月10日(金)発売
著者:水道橋博士
価格:680円(税込)
発行:文藝春秋

プロフィール

水道橋博士(すいどうばしはかせ)

1962年8月18日生まれ、岡山県出身。86年にビートたけしに弟子入り、翌年、玉袋筋太郎とともにお笑いコンビ「浅草キッド」を結成。テレビ・ラジオや舞台を中心に活躍の場を広げる一方、ライターとして雑誌等にコラムやエッセイを執筆する。最新刊は『藝人春秋』(文春文庫)。自身が編集長を務める日本最大級の有料メールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』好評配信中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談