特集 PR

高橋幸宏×Bose対談 音楽家のあり方と連動するフェス文化の成熟

高橋幸宏×Bose対談 音楽家のあり方と連動するフェス文化の成熟

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:西田香織

「野外フェス」というものは、もはや、若者だけの場所ではない。もともとの言葉の意味である「祭り」がそうであるのと同じように、そこには大人から子どもまで、様々な世代の人たちが集うようになってきている。15年ほど前、『FUJI ROCK FESTIVAL』や『SUMMER SONIC』がスタートして数年の頃には、そんな光景は見られなかったが、今や親子連れの姿も増え、野外でのんびりと音楽を楽しむ人たちが増えてきている。

今年で8年目を迎えた『WORLD HAPPINESS』は、30代や40代以上の家族連れも足を運ぶ「大人のフェス」として定着してきている。都心でありながら、緑深い森林に囲まれた会場。参加者にはレジャーシートが配られ、のんびりとピクニック気分で一日を過ごすこともできる。キュレーターをつとめる高橋幸宏は、果たしてどんな場を作ることをイメージしてきたのか? 2009年、2011年に続いての出演となるスチャダラパーのBoseとの対談にて、『WORLD HAPPINESS』の魅力や、フェス文化の成熟について、語り合ってもらった。

最近はフェスがとても増えてきて、お客さんたちがフェスに慣れてきてますね。その中で、年をとっていても、親子連れでも来やすいフェスがあってもいいと思った。(高橋)

―まず、『WORLD HAPPINESS』(以下、『ワーハピ』)というフェスがどういうところから立ち上がったかを教えてください。

高橋:最近はフェスがとても増えてきていて、お客さんたちが野外フェスに慣れてきてますね。僕自身もここ7~8年でいくつものフェスに参加してきましたけど、ここにきてそのことをあらためて実感しています。

Bose:特に『フジロック』は毎年行く人が多いですからね。知り合いにも「今年も10人で行くけど誰か来れる?」と毎年聞いている人がいます。

高橋:出演者が誰であろうと関係なく、チケットを買う人もたくさんいますね。ただね、あそこは慣れている人にとってはいいんですけど、初心者にはちょっと厳しいかもしれない。

―それはなぜでしょうか?

高橋:全日程参加しようと思ったら泊まりがけで行かないといけないし。会期中必ずと言っていいほど雨は降るし。ステージとステージの間の移動はいっぱい歩くことになるし(笑)。それも含めて楽しめるっていう人たちにはそれでもいいんですけど、もう少し気軽な、都心で日帰りで来られるようなフェスがあってもいいんじゃないかと思ったんですね。それだったら、年をとられていても、親子連れでも来やすいから。託児所とか、子どもたちが遊べる場所を作ったのは、そういう気持ちがあったからなんですよね。

右:高橋幸宏
右:高橋幸宏

―都市型の過ごしやすいフェスをイメージした。Boseさんもいろいろなフェスに出ていらっしゃいますが、出演者側から見た『ワーハピ』の独自性ってどういうところに感じますか?

Bose:まず、会場(新木場の夢の島公園陸上競技場)までの距離が近くて、気持ちとしては恵比寿のリキッドルームに行くのと変わらないくらい。車ですぐに戻ってこられるので、普通に都内で打ち上げができるのも珍しい(笑)。あと、バックヤードがものすごく快適で過ごしやすいんですよ。実はクーラーも効いていて居心地がいい。

Bose
Bose

高橋:これまでは8月の第2週の日曜日を開催日にしていたんですが、この時期というのは非常に暑いんですよ……。最近は日本列島だけじゃなくて、世界中の気候が変になってきてるせいもあるのかもしれないけど、暑さがハンパじゃない。そんなこともあって今回は8月23日にちょっとだけ時期をずらしてみました。バックヤードについて言えばね、フェスによっては出演者に過酷な環境のところというのもあって(笑)、やっぱり良いコンディションでステージに立っていただきたいので、少しでも快適に過ごしてもらえるよう配慮しているつもりです。

Page 1
次へ

イベント情報

『WORLD HAPPINESS 2015』

2015年8月23日(日)OPEN 11:00 / START 12:30
会場:東京都 新木場 夢の島公園陸上競技場
出演:
METAFIVE(高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井)
TRICERATOPS
Controversial Spark
野宮真貴 with カジヒデキ
筋肉少女帯
スチャダラパー
坂本真綾
SCANDAL
土屋昌巳[KA.F.KA]
クラムボン
LOVE PSYCHEDELICO
POLYSICS
Charisma.com
and more
料金:ブロック指定8,800円 小学生1,200円 親子チケット9,500円(全てレジャーシート付)
※親子チケットは大人1名、小学生1名が対象
※未就学児無料

CINRA.STOREで取扱中の商品

WORLD HAPPINESS 2015【特典付】『WORLD HAPPINESS 2015』Aブロック指定チケット※レジャーシート付
WORLD HAPPINESS 2015
【特典付】『WORLD HAPPINESS 2015』Aブロック指定チケット※レジャーシート付

価格:8,800円(税込)
CINRA.STORE限定特典が付いた、『WORLD HAPPINESS 2015』チケット

CINRA.STOREで取扱中の商品

WORLD HAPPINESS 2015【特典付】『WORLD HAPPINESS 2015』チケット(親子2名)※レジャーシート付
WORLD HAPPINESS 2015
【特典付】『WORLD HAPPINESS 2015』チケット(親子2名)※レジャーシート付

価格:9,500円(税込)
CINRA.STORE限定特典が付いた、『WORLD HAPPINESS 2015』チケット

CINRA.STOREで取扱中の商品

WORLD HAPPINESS 2015【特典付】『WORLD HAPPINESS 2015』チケット(小学生)※レジャーシート付
WORLD HAPPINESS 2015
【特典付】『WORLD HAPPINESS 2015』チケット(小学生)※レジャーシート付

価格:1,200円(税込)
CINRA.STORE限定特典が付いた、『WORLD HAPPINESS 2015』チケット

プロフィール

高橋幸宏(たかはし ゆきひろ)

1972年、Sadistic Mika Bandに参加。1978年、細野晴臣、坂本龍一とともにYellow Magic Ochestra(Y.M.O.)を結成、国内外に大きな影響を残したが、1983年12月をもって「散開」。ソロ活動と併行して鈴木慶一(ムーンライダーズ)とのTHE BEATNIKSとしても活動。2001年には細野晴臣とSKETCH SHOWを結成。2008年、原田知世、高野寛らとともにpupa(ピューパ)を結成。2013年にはIn Phase、2014年にはMETAFIVEと、近年は年下の音楽家たちとのバンド活動が顕著である。小山田圭吾、TOWA TEI、砂原良徳、ゴンドウトモヒコ、LEO今井というメンバーによるMETAFIVEは、当初一夜限りのライブのために結成されたが、その反響は大きく、その後も突発的継続的にライブが行われている。2008年『WORLD HAPPINESS』を東京・夢の島で開催。以降、毎年10数組のアーティストが参加し、好評を博している。ソロとしては1978年の『Saravah!』以降、コンスタントに作品を発表しており、2013年、In Phaseとともに創り上げた23枚目のオリジナル・アルバム『LIFE ANEW』をリリース。

Bose(ぼーず)

ラップグループ、スチャダラパーのMC担当。1990年にデビューし、1994年『今夜はブギー・バック』が話題となる。以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。2015年にアルバム『1212』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加